still crazy after all these years



カテゴリ:仕事のこと( 314 )


へっとへとなマインドフルネス

e0078326_22132323.jpg
ところで先週、私が夏休みをとっている間に、新しい訳書が出たんです。『心がヘトヘトなあなたのためのオックスフォード式マインドフルネス』。

イギリスの喜劇女優ルビー・ワックスが、自身のうつ病の体験をきっかけにオックスフォード大学でマインドフルネス認知療法を学び、それを日常生活で気軽に実践可能なストレッチ中心のプログラムにアレンジして、本書で紹介しています。著者自身の手に負えない思考の暴走もオープンにしながら、なぜストレスがたまるのか、脳のキャパシティが現代生活に追いつけない理由を説明する一冊です。


私たちの多くが、ヘトヘトになった心を抱えて生きています。ここで言う「私たち」とは、比較的安泰な世界で、侵略や飢餓や疫病にも遭わず自由に生きている人々のことです。いい時代にいい場所で生まれるという当たりくじを引いたのに、ストレスがつらいと文句ばかり。自分の歯を失わずに109歳まで生きることだって可能だというのに、なぜそれを喜べないのでしょう。息をしている、ただそれだけで、シャンペンを開けてお祝いしたっていいくらいなのに。 

私も、ストレスなんか感じなくてよい場面でストレスを作り出しているひとりです。この本を書きながらも、ひどくストレスを感じています。自分が正しく文章を書いてるか木になって仕方なくて! 頭上に爆弾でも落ちてくるなら心配して当然でしょうが、句読点の1個1個が正しいかどうかわからなくなってパニックになりかけるのですから、手に負えません。実際に起きているものごとではなく、ストレスについて考える思考そのものが、私たちを締め上げているのです。

知っていますか?──現代は非常事態にあります。どこかの国のイカれたリーダーが第三次世界大戦を起こそうと画策しているとか、そういう話じゃありません。人間は今、のぼってきた進化の坂を逆に転げ落ちる寸前まで来ています。坂のてっぺんで夢遊病みたいにフラフラするのを今すぐやめないと、四つ足歩行に真っ逆さま。ロケットを飛ばして宇宙を探索する一方で、人間は自分自身の探索を怠ってきました。なぜ競うのか考えようとせず、他人を出し抜いて成果を出すことにただただ必死なのです。

そんな生き方にぼんやり流されていてはダメ。堂々巡りの思考回路を抜け出して、文字どおり、自分の感覚を取り戻さなければ。生きるとはそういうことです。言葉だけではなく、目で見て、匂いを嗅いで、音を聞いて、触って、味わって生きていかなければ。

あなたは今日、口に入れた食べ物を、どれくらい本当に 味わったでしょうか? 生まれたときにこの世界で目を開いたはずなのに、いつのまに居眠り運転の生き方を始めていたのでしょう? もっと原始的な生き物だった頃は、小枝が折れる音にも、茂みがそよぐ音にも、すぐに目を覚ましていたはずです。それなのに今の私たちは、雑踏をかきわけ、用事を片づけ、モノを引き出しにしまい込む作業に大忙しで、自分の感覚をちっとも使っていません。

To Doリストの雑用をこなすのが「生きる」ということではないはずです。平静な心を保つ生き物へと進化して、そこから本当に「生きる」ことを始めなければ。グズグズしてはいられません。残された時間はもうあまりありません。しっかりと目を開いて生きていく方法を学ぶのか、それとも、ぼんやり夢遊病で坂を転がり落ちていくのか、どちらかしかないのです。

本当に「生きる」ために助けになるのがマインドフルネス。それを体験する方法が、マインドフルネス瞑想。こむずかしいことを考えず、気軽な気持ちで、ちょっとやってみてもいいんじゃない? っていう、そういう本です。

推敲にあたって、尊敬する聡明かつバイタリティあふれる翻訳家、上林香織さんの力を借りました。ありがとうございます。


というわけで、今年の2冊目。お見かけになったらどうぞ手に取ってみてください。

ちなみに、40歳で合計40冊は間に合わなかったけど、41歳で41冊は間に合って、今回が42歳で42冊目。ここからは年齢を追い越していくよー。




[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-09-25 22:43 | 仕事のこと | Comments(0)

夏休みの課題図書

本日なんとか訳了。 いったん手を離れた。
このあとのプロセスも結構厳しい気がするけど、ひとまず、すべて横から縦にすることができてほっとしている。 今回の本の翻訳では本当に学ぶことが多いので(毎回そう思っているけれど)、これを何とか地頭に根づかせたい。 ほっとしすぎて気を抜かないようにしないと。

暑くなり始めた頃からスタートして、涼しくなり始めた頃に訳し終わって、今年の夏はまるごとこの本と一緒だったことに今気づいた。

----------
9/13の作業記録
 案件E:原稿読み直し。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-09-14 22:05 | 仕事のこと | Comments(0)

初体験

自分の名前を含む文章を訳した!(参考文献以外で)

----------
9/11の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件E:資料読み。

9/12の作業記録
 案件E:原稿読み直し。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-09-13 23:05 | 仕事のこと | Comments(0)

最多記録

秋から始まるフェローの通信講座を担当するのだけれど。
選抜課題への応募が先日締め切られて、私のところに訳文が回ってきた。7期目となる今回は、私がフェローでマスターコースをスタートしてから一番応募者数が多かったみたい。

関心をもってもらえるのは本当にありがたい。
選抜課題は添削はしないけど、丁寧に拝見します。

----------
9/7の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件E:51枚チェック。

9/8の作業記録
 案件A:42枚チェック。
 案件E:5枚訳す。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-09-09 17:22 | 仕事のこと

ちょっと待て

e0078326_15584734.jpg
いやいや。
いやいや、だめだって! そういうのそういう立ち位置からあおっちゃダメだって!



----------
8/20の作業記録
 案件A:39枚チェック
 案件E:4枚訳す。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-21 15:56 | 仕事のこと | Comments(2)

工夫のない訳

今やってる仕事の資料で、アダム・スミス『国富論』 を読んでいる。山岡洋一さんの。
さすがにじっくり通読はできず、必要な個所をピンポイントで探しながら、部分的に原文と突合せをしてる。

今さら山岡洋一さんの訳の評価をあえて言う必要はないのだけれど、それにしても驚くというか、舌を巻くというか、ひたすら尊敬の念を抱くのは、訳が本当に 「原文そのまま」 であること。 そうだよね、この英語はこの日本語になるのが当然だよね、当たり前の訳だよねー―という印象が、ずっと続く。 誤解を恐れずに言うならば、なんていうか、あんまりあか抜けない訳が淡々と続く。 同業者ならそれがどういう意味かわかってもらえると思うけど、「何のひねりもない、何の工夫もない、そのままの当たり前」 と思わせる訳がどんなに難しいか。 しかも18世紀に書かれた本だし。

柴田元幸さんが訳したオースターの『ムーンパレス』 も同じ印象をもったことを思い出す(オースターの本はこれが一番好きで、そして私が原文突合せをした柴田さん訳はこれ1冊だけだけど)

当たり前の訳なのに、この人の訳でなければと思わせる。山岡さんと柴田さんと並べてこんなことを書くのはアレですけど、私だってそうなりたい。いやぁ、先は長いなぁ。


----------
8/13の作業記録
 案件E:9枚訳す
 案件H:5枚チェック。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-14 20:46 | 仕事のこと | Comments(4)

どちらにしても

愚痴。しかも毒。

某所の翻訳案件をしてるんだけど、テンプレートになってる翻訳がひどい。 辞書的な意味での誤訳はないけれど、文章センスがなさすぎる。 翻訳であろうがなかろうが読んでいて意味が分からない文章なのに、「翻訳だから」 ってことで本人が許容しちゃってるタイプの。

ただ、愚痴というか毒なのは、その翻訳のことじゃなくて。

こういう翻訳とたいして差のないことをやってたであろう昔の私は、こういうのに対してすごく憤る傾向があったし、たいていはコーディネーターさんに対して報告もした。オブラートにくるみまくった長ったらしいメールで。

そして、さすがに13年近くキャリアを積んできて、さすがに最低限まともな訳を書く (間違いがないとか、わかりづらい文章は絶対書かないとか、そういうことは言わないけど) ようになった今、こういうのに、ただ 「めんどくせぇなぁ」 って思ってる。 そして、出来の悪いテンプレートのまま出しちゃうか、それとも自分の気に入るように適当に手を入れて黙って出しちゃうか、二者択一で選択を考えてる。だって私の名前は出ないし。ぶっちゃけお金も出ないし。

どっちにせよ、ヨゴレてるのは誰でしょうね、というわけで。
さてどうしましょうかね。



----------
8/9の作業記録
 案件E:資料読み

8/10の作業記録
 案件A:7枚訳す
 案件E:8枚訳す
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-11 23:43 | 仕事のこと | Comments(0)

リーディング、この本はどう?

突然ですが、「リーディング、この本はどう?企画」と題しまして(もうちょっとまともな企画名を思いつくまでの、たぶん永遠の暫定タイトル)、私が「シノプシス持ち込みする価値ある本かも」と思った原書を載せます。

リーディング勉強会に来てくださった方はご存知の、「原書の掘り出しテクニック」で引っ掛かってきた中で、

(1)面白そうだけど、私にはリーディングする時間がない
(2)面白そうだけど、たぶん私には訳せない

という理由で手を出さずにいる、だけどそのままスルーするにはちょっと惜しい気がする原書。

要するに、私はリーディングしない/できないけど、私以外の誰かの訳で世に出たら、ぜひ読んでみたいかもと思った本です。
どなたか読んでみて、ビビビと来たらシノプシス書いて、持ち込みしてみませんか――っていう希望を託して載せてみます。

注意点。
  •  一応さくっと検索して、邦訳は出てないっぽいことは確認したけど、
     詳細は不明。
  •  読んでません。内容の質は不明。
  •  「この本、今私が訳してるよー」という方がいたら、
     よかったらこっそりお知らせください。他言いたしません。
  •  「読んでみる!」という方、強制ではありませんが、
    よかったらお知らせください。こちらも他言いたしません。





というわけで、8冊
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-04 23:12 | 仕事のこと | Comments(0)

7期目かな

そういえば、フェローアカデミーの通信講座をまた担当するよ。



申し込みは9月3日まで。開講は10月です。


----------
8/1の作業記録
 案件A:5枚チェック12枚訳す。
 案件E:9枚訳す。

8/2の作業記録
 案件E:6枚訳す。
-----------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-03 22:53 | 仕事のこと | Comments(0)

6ページ

e0078326_16565930.jpg
NewsWeekの終活特集で、6ページにわたって、『人生は手放した数だけ豊かになる 100歳まで楽しく実践!1日1つの“終いじたく”』の抜粋が載っていたよ。
おそらく紙面の都合で、細かいところで漢字や文末などが変更されてるみたい。興味をもってくださった方は、ぜひ本のほうも読んでいただければ。

----------
7/20の作業記録
 案件A:7枚訳す。
 案件E:9枚訳す。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-07-21 23:56 | 仕事のこと | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
最近の病院は、術後とか、..
by yumi_in_the_rye at 19:52
術後の回復がずいぶん違う..
by カンサン at 12:43
おー、なるほど。これだか..
by yumi_in_the_rye at 08:58
経済学の用語に「離床」が..
by カンサン at 08:06
> hamuneko7さ..
by yumi_in_the_rye at 22:50
ブログパーツ