still crazy after all these years



読めない本の話


煮詰まったときは (そうじゃなくてもだけど) できるだけ人の話を聞きに行くことにしようと思っている。 そしたら、渡りに船というか、本当にとてもちょうどいい感じのバランス――私の仕事とはジャンルが異なっていて、キャリアも歴然と違っていて、だけど興味はすごくあって、勉強になるのはもちろんだけど、単純にわくわくして聞ける――のイベントがあったので、行ってきた。 下北沢、すごく久しぶり。

で、聞きながら思ったんだけど――というか、これはトークショーの中身とは関係なく、下北沢B&Bという尖った本屋に数時間いたことで刺激されたよしなしごとなんだけど――私はもっと本が読みたいなぁ、と。
本当に全然本を読まなくなってしまった。 大学を卒業して社会人になったばかりの頃、本を読む時間のなさに心底驚いたものだったけど、今は時間のなさとは別の理由で本が読めない。 いや、読んでるか読んでないか、という区別では、「読んでいる」。 でも、文字通りの意味で一字一句追ってしまうことと(これが本当に苦しい)、読みながら常にどこかで自分の仕事のことを考えてるせいで、昔と同じように本を読む行為はできなくなっている。

他人にこの症状を説明するときは 「職業病で」 って言ってるけど、同業者の皆さんはちゃんと本を読めているので、これは 「私の」 ビョーキなんだということはわかってる。 理想的な読み方ができなくても大丈夫な場合も多いけど、ミステリ、ロマンス、そして純文学系では、このビョーキのせいで読書体験が損なわれる部分が非常に大きくて、それがもどかしくて仕方なかった。

だけど、昨日のトークショーを聞きながら、私はもっと読書に対して無責任なお客さんであってもいいなぁ、と思った。 あって 「も」 いい、という言い方はおこがましい感じで違和感があるけれど、うまい言い方が見つからない。 ただ、特にミステリや古典を昔は自分がどう読んでいたか振り返ると、常に自分の想像力を行間に詰め込みまくって読んでいた気がする。 誰が翻訳していても、その翻訳が気に入っても気に入らなくても、それは同じ。 だから、変な話だけど、翻訳が下手でもあんまり気にならなかった。 文字面とはまた別のところでチャネリングしていた感じだった。

それはたぶん私だけじゃない。 結局、人は自分の読みたいようにしか読まないし、自分がわかりたいようにしかわからない。 極論を言えば、作者の意図も訳者の技術もどうでもいい。

自分が訳す側に立つと考えれば、それでもある程度の 「正解」 を出していくために努力をする。 そして自分が思う 「正解」 が、読者の 「読みたいように読む」 とうまく一致するようにと必死になる。 だから、読む側に立つときは、そういう努力と必死が既に済んでいることを信頼して、あとはもう勝手に読ませてもらっていいはずじゃないか、と。 作者/訳者の意図とは異なる 「間違った」 解釈によって私がその本を嫌うこともあるかもしれないけど、その感情は私のものだから、相手とはもう関係ないわけで。

だから、お客さんでいい。 無責任でいい。
そうじゃないと、ちっとも読めやしない。 本屋にこんなに面白そうな本がいっぱいあって、トークショーではこんなに面白そうな本がいっぱい紹介されるのに。


----------
8/22の作業記録
 案件E:6枚訳す。
-----------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-08-23 23:01 | 日々の記録 | Comments(2)
Commented by hamuneko7 at 2018-08-24 21:34
yumiさん。こんばんは。
イベントでどんな本が紹介されたのか、yumiさんがどんな本を読みたくなったのか興味をもってしまいました。本は無責任に読んでいるととっても楽しいです!
Commented by yumi_in_the_rye at 2018-08-24 22:50
> hamuneko7さん

ありがとうございます。昔、hamunekoさんが紹介されてた山田ズーニーの本を買いに走ったことを今でもよく覚えています!
<< えらい私が粛々と あと少しのはず >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
あっ…(自分がトライポフ..
by yumi_in_the_rye at 17:32
このキヌアの、写真で見る..
by はせ at 20:32
あっ、そうなんですね! ..
by yumi_in_the_rye at 11:18
犯人は私でございます…(..
by カンサン at 10:42
丁寧にありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 21:15
ブログパーツ