still crazy after all these years



最近接発達領域

「ちょっと難易度高めの課題と、頑張ればなんとかそれができるスキル」 が組み合わさった領域にいるときが、一番学べるし、一番やる気が出る。 これを心理学の用語で「最近接発達領域」と呼ぶ、というのを最近知ったのだけれど――チクセントミハイのフローと同じような感じ――私がこの仕事を続けている理由はこれなんだと思う。 絶対に歯が立たないというわけではないけれど、かといって楽々訳せるなんてとても言えない、つねに何かしらチャレンジングな仕事をしていられる状況が心地いい。 意識的には 「心地いい」 とは思っていないけれど、むしろ苦しいときのほうが多いんだけど、たぶんそういうことなんだと思う。

特に、『すべては「先送り」でうまくいく』 『アメリカ経済政策入門』 『世界の一流企業はゲーム理論で決めている』 を訳してたときは、もちろんテーマに対する知識ゼロで臨んだわけではないけれど、それでも訳してる過程で学んだことが本当に多かった。 訳し終わったとき、あくまで当社比ではあるけれど、自分の頭が確実にちょっとよくなった実感があった。 終わると細部は忘れちゃうんだけど、それを差し引いても根付いたものがあったな、みたいな。

だから今苦しいのもきっと実になるし、このあとの苦しいのもきっと大丈夫なんだろう。 と、自分に言い聞かせて何とか頑張る。
「最近接発達領域」は児童の学習に関する理論なんだけど、まぁそこは目をつぶるとして。

-------------
5/21の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件D:1枚訳す+41枚チェック。
 案件E:8枚チェック。

5/22の作業記録
 案件A:14枚訳す+18枚チェック。
 案件D:1枚訳す。
--------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-05-23 18:01 | 日々の記録 | Comments(0)
<< 名作 おりんぴっく >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
ブログパーツ