still crazy after all these years



ほんとは、ずっと海を見てた

昨日のエントリはもうちょっと面白く書きたかったので、いったん削除。見てくださった方、お目汚し失礼。
(要するに私はずっと青臭い愚痴を垂れながら仕事をしていくだろうし、結局は自分が好きでそうしてるんだろう、って話と、「夢に向かって頑張るアタシ」系の心をくすぐるマーケティングに釣られやすい、って話)

夢つながりだけど、この記事にぐっと来て、さっきから大江千里ばっかり聞いてる。


小6くらいに 「ribbon」 で渡辺美里に出会って、彼女からたくさん歌と歌手を教わった (もちろん直接じゃなくて、主にラジオを通じて)。 クラプトンもスティングも、ローリングストーンズもセックスピストルズも、アレサ・フランクリンもジャニス・ジョプリンも、みさっちゃんが教えてくれた。
大貫妙子も白井貴子も、遊佐未森も、佐野元春も、あの頃カッコよかったTMネットワークも、そして大江千里も。
(音楽や小説、その他のアートの世界は、こんなふうに一人好きな人ができると一気に世界が広がるよね)

大江千里の歌う曲は、小6から中1あたりの私には、「なんか大人の男って感じでカッコいい」 というだけだった。 彼が巧みに表現する男のずるさみたいなものがすごくスマートに思えて、「同級生がきゃーきゃー言ってるようなアイドルとは違うのよ」 と思ってた(笑)。 その後、歌詞の意味が少しわかり始め、その 「ずるさ」 に憤慨するケッペキ期が来て、好きではなくなった。 さらに数年あいたら、その 「ずるさ」 の切実さや寂しさみたいなものが、すごくいとおしく感じられるようになっていて、また 「好き」 に戻ってる。
要するに 「大江千里が」 じゃなくて、「私がどう受け止めるか」 の変遷によって、私の中の彼の評価はずっと変わり続けてきたってわけだけど (逆恨みみたいなもんだと思う 笑)。

そしてまた、私にとって絶妙なタイミングで、この記事が来てくれたなぁ、と。
彼がジャズに転向してからは、私自身がジャズにあんまり興味がないという理由で追いかけることはなく、昔のアルバムをときどき聴くくらいだったけど、とりあえずジャズのアルバムも聴いてみるつもり。

--------------
1/31の作業記録
 案件A:20枚訳す。
 案件D:新規原稿整理

2/1の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件D:10枚訳す。
 案件G:1枚訳す+チェック。

2/2の作業記録
 案件D:5枚訳す。
--------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-02-03 20:54 | 日々の記録 | Comments(2)
Commented by Natsume at 2018-02-04 17:32 x
大江千里のジャズ。とってもいいです(^^)
Commented by yumi_in_the_rye at 2018-02-04 17:55
ますます、絶対に聴かなくちゃ!
<< すごくがっかり 今もまだ >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
ほんとマジであれはいかん..
by yumi_in_the_rye at 08:19
あのラブリーは確かに犯罪..
by Natsume at 00:55
わー、お名前はあちこちで..
by yumi_in_the_rye at 21:27
そうなのよ、拡散力ゼロの..
by yumi_in_the_rye at 22:28
すごーい。満席になっちゃ..
by しゅうすけ3 at 14:57
ブログパーツ