still crazy after all these years



タグ:月曜日の朝9分 ( 3 ) タグの人気記事


赤から白へ

e0078326_1847548.jpg 
表紙比べの写真と、本文ちらっと紹介のエントリを下書き投稿して、そのまま忘れていたので、もう少しお付き合いくださいまし。

今回はめずらしく原書と表紙が対照的な色づかい。



「できない」 と感じている人に、その物事に取り組ませるには、どうしたらいいだろうか。 「もう限界まできた」 と信じ込んでいる相手に、「もっとできる、もっと上を目指せる」 と意欲をもたせる方法があるだろうか。

仕事とは、それがどんな内容であれ、結果を出すことが重要だ。 管理職になっても、結果を出すことで給料をもらうという点では変わらないが、じつはそこには大きな違いが生じている。
かつては、決まった時間で決まった作業をして結果を出すことに主眼を置いていた。 だが、マネジャーとなり、部下を抱える身となってからは、実際に成果物を作り出すのは自分ではなく、自分が率いる部下たちだ。 自分の登山から、他人の登山の手伝いへ、主眼の根本的な変更を迫られるのである。

本書のテーマはこうした局面を考えることにある。
上司としてリーダーシップを発揮し、部下の力を最大限に引き出して、登っている山の頂に到達させるにはどうしたらいいのか。 さらに付け加えるならば、同じ登山ガイドのもとでもう一度こんな楽しい冒険をしたいと思わせられるような、そんな形で目標を達成するにはどうしたらいいのか。


今回に限らず、いつもそうなんだけど、表紙と中身の装丁を担当してくださるデザイナーさんの力は本当に大きいと思う。 きれいな表紙ときれいなページは、単純に所有欲をかきたてる効果がある。 少なくとも私にとってはそうだし、電子書籍の利便性を否定せずとも、本を物理的に並べるのがやっぱり嬉しい、と感じる人はきっと少なくないと思う。

きれいにデザインしてもらった本を、色んな人の本棚に並べてもらえるように、もっと頑張りたい。



--------------
6/2と6/3の作業記録
 案件C:作業中。

--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-06-04 19:40 | 訳した本 | Comments(0)

元デキない部下

どんなに教えても全くできない、仕事に対するモチベーションが低い、まだまだ学生気分が抜けない…など、リーダーの手を焼かせるダメな部下。そんな部下とは、よくコミュニケーションをとって、粘り強く指導す...


勤続さえしていれば、絶対に昇進して役職がついて、部下を持つようになる・・・・・・と思っているわけではないけれど (特に私の場合は何年勤めたってダメ社員だった可能性が高いけど)、もし仮に、最初に勤めた会社で自分が今も働いていて、あの会社で役職についていたら、どんな働き方をしてるんだろう、なんて空想することがある。

当時、直属のチームリーダーだった男性の上司と、サブリーダーだった女性の先輩のことを、私は自分より絶対に上の人と見て、頼ったり甘えたり生意気言ったりしてた (それがだめじゃん)。 「デキない部下」 どころか、「ダメな部下」 。 今の私は、もう当時の2人の年齢を追い越しているけど、私みたいな生意気な部下を持てるか、って言われたら、正直ごめんこうむりたいもの。 ほんと、よく面倒みていただいた。

・・・そんなことを、この本を訳してたときに考えて、ちょっと切なくなったり反省したり、恥ずかしくなってアルゼンチンまで穴掘って潜った (気分になった) りしてた。
もし私がフリーランスじゃなくて会社員になったなら、そして部下を持つ身になったなら、そのときはしっかり上司の役目を務めたいです。 来世か来来世の話になると思うけど。



--------------
5/31の作業記録
 案件A:24枚チェック。

6/1の作業記録
 案件C:原稿作成とか。

--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-06-02 20:24 | 訳した本 | Comments(8)

今日は月曜じゃないけど

昨日のエントリで出せばよかった、トマトの摘芯がさびしいとか言ってる場合じゃなかった。
今日は火曜日だけど、『月曜日の朝9分ですべてがうまく回りだす』、本日発売であります。
e0078326_12441644.jpg
奇しくも 『なぜ、ぼくの』 の主人公と同じく、会社で部下をもつようになった課長レベルの人をメインのターゲットとして、リーダーシップの考え方と戦略・計画の立て方を指南する本です。

さわやかな青い表紙がきれい。 私自身はすっかり曜日感覚のない生活をしてるけど、これが今年4冊目、通算で23冊目になりました。 見かけたらどうぞ手にとってみてくださいまし。


--------------
5/27の作業記録
 案件A:45枚チェック。
 案件B:読んでる。

--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-05-28 12:58 | 訳した本 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
「すごい」の強要に応じて..
by yumi_in_the_rye at 16:09
ほんとうに、すごいです。..
by まちゃこ at 14:55
> SKomoriさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:57
遅ればせながら…大変貴重..
by SKomori at 18:13
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 07:38
ブログパーツ