still crazy after all these years



タグ:年間仕事量ログ ( 7 ) タグの人気記事


継続はナントカなり、ってやつ

12年間の推移のことを、まだつらつら考えてたんだけど。

2006年・2007年は本が1冊ずつで、仕事はほぼ産業翻訳なんだけど、それにしたって枚数の少なさのわりに収入が多いような・・・と考えてたら、思い出した。 この頃はチェック作業が多かった (つまり枚数にはカウントされていない仕事が多かった) のと、この頃の産業翻訳は、どうってことのない普通の案件でも、今とくらべれば単価が高かったんだ。 単価計算はターゲットベースが主流で (少なくとも私が引き受けていた範囲では)、1500円/400字が普通。数少ないソースベースの仕事も、11円/wordを下ることはなかった。 繰り返して言うけど、学歴も専門分野も、翻訳者としてのキャリアもない私が受けられる、どうってことのない案件でも。

その単価ががくっと落ちるのが2009年あたりですよ。
あの頃、私の知っている翻訳者さんが何人かジョブチェンジしていったのをおぼえてる。

落ちた単価は、私の知る限り、戻らなかった。 少なくとも、2006-2007年頃に私がやってたような類の案件で、戻ったと認識したことはない。
それは事実として戻らなかったということもあるだろうけど、幸いにも、私がそういう 「誰でもできる案件」 を受けることが少なくなったからでもある。 単価が低い仕事を全くしないわけではないけれど、内容を選んだり、納期や条件を融通してもらえることも増えてきた。 そういう意味では単価は上がってきたかなぁ、と。

単価交渉は苦手なので、過去に数回しかしたことがない。
たいした専門分野がないのは今も同じ。
ジョブチェンジする当てがないのも、当時も今も同じ。

つまり私には、単価がどうあれ、続けるしか能がなかった。量を積むしか続ける策がなかった。
それしかないんだから、続けて来てよかった。

たぶん、そう実感できたことが、12年の記録を見返してみて得られた最大の収穫かも。

--------------
12/30の作業記録
 案件A:18枚訳す。
12/31の作業記録
 案件A:20枚訳す。

1/1の作業記録
 案件A:15枚訳す。
 案件E
:原稿書読み直し。
1/2の作業記録
 案件E
:36枚チェック
--------------------------




[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-01-03 21:52 | 仕事のこと | Comments(0)

2017年の作業記録

忘れないうちに昨年の仕事ログ総括。

2017年に訳した量:仕上がり400字で4295.8枚
リーディングした原書:5冊


気づいたら12年分の記録がたまってたので、グラフにしてみました。
(もっと色々データを重ねてカッコよくしたかったんだけど、記録がない&グラフ作りの腕とセンスがない)
e0078326_14085935.png

何かが一目瞭然でわかるかと思ったんだけど・・・うーん。何も導き出されない。

産業翻訳はほぼほぼ同じ量で続いてるけど、出版翻訳は作業時期と出版および収入の時期がだいぶズレるし、枚数と収入が必ずしも比例しないから、グラフにするのは意味がないのかも。

2014年と2016年に枚数が大きく減った理由は、おそらくリーディングの本数が多く、なおかつ、ゲラを見る期間が長かったから。通信添削を始めたが2013年で、結婚したのは2014年だけど、関係してるのかどうかは不明。

とりあえずはっきりしてるのは、2008年は枚数が多くて年収が低い、つまりすごく平均単価の低い仕事をしてたこと。この時期に量をがーっと増やしたから、そのあとがぼちぼち軌道に乗ったんだよね。

このとき頑張ったから今があるんだよね、という、自己満足的なインサイトしか引き出せない、ビッグデータならぬマイ・リトル・データ。それしか結論が出ないならグラフにしなくてもいいじゃんっていう話ですが。




[PR]
by yumi_in_the_rye | 2018-01-02 02:18 | 仕事のこと | Comments(0)

2016年の作業記録

忘れないうちに、昨年の仕事ログ総括。


2016年に訳した量:仕上がり400字で3324枚
 2015年が4560枚なので、かなり少なかった。
 ずっと仕事に追われてた感覚があるのに、納得いかない・・・。
  (たぶん長い本のゲラ作業に時間がかかってたからなんだけど)
 ちなみに2014年が3661枚で、2013年が4718枚。波があるなぁ。
 時間ができたら、過去にさかのぼってグラフにしてみたい。

リーディングした原書:15冊
 2015年は4冊。あ、去年の訳出量が減った理由はこれか・・・。


ちなみに実務翻訳の取引先は4社なのだけれど(翻訳会社3社、直接取引1社)、去年はそのうち翻訳会社2社との取引実績がゼロだった。意図してそうなったわけではないけれど、少しずつ名実ともに出版メインにシフトしているつもりなので、結果的にオーライなのかも。

残った2社は、ありがたいことに私の仕事を高く評価してくださっているので、そのパイプを大事にして続けていくつもり。

--------------
1/15の作業記録
 案件J:ゲラ見てる。

1/16の作業記録
 案件A:7枚訳す。
 案件D:21枚訳す。
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-01-17 23:51 | 仕事のこと | Comments(0)

2015年の作業記録

自分の中での決め事として、なるべく年が変わってすぐに昨年1年間の作業量をカウントするつもりでいたのだけれど、今年はだいぶ遅くなってしまった。


2015年に訳した量:仕上がり400字で4560枚

リーディングした原書:4冊

読んだ本:21冊


量としては、一昨年にがくっと減ったぶんを取り返した感じ。
今年はどれだけいけるかな。
--------------
1/21の作業記録
 案件A:8枚訳す
 案件C:3件添削。

1/22の作業記録
 案件A:14枚訳す
 案件J:資料読み。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-01-23 20:01 | 仕事のこと | Comments(0)

2014年の作業記録

2014年に訳した量:仕上がり1464400文字
             400字で3661枚

リーディングした原書:16冊
            うち、決まった本3冊

読んだ本:17冊

昨年は仕事に波があったので、やっぱり量は減ったけど、訳す以外の仕事 (講義とチェック) も増えたことを思えば、ぼちぼちだったかもしれない。




そういえば先日、大学の後輩がメールをくれた。
「先日、XX先生と話しましたよ。 彼女 (=私) の仕事量は異常だよって言ってた。褒め言葉ですね」
うん、それは間違いなく褒め言葉。 先生の声と顔も思い浮かぶ。 そしてとても嬉しい。

--------------
1/9の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件J:11
枚訳す
 案件N:6枚訳す

-------------------------------------------------------


[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-01-10 00:40 | 仕事のこと | Comments(0)

2008年のその他の記録

忘れないうちに&新年と混ざらないうちに、昨年の記録シリーズ。
公開すること自体に別に意味はありませんが(何かの目安になるとも思えないので)、自分のためだけの記録なのでご容赦いただきたく。




2008年に訳した量
(チェック、勉強会、通らなかったトライアル含まず。仕上がり日本語文字数):
 1868885字=4672.2枚
(昨年はチェックを引き受ける量が歴然と減ったことが、数字が増えた大きな要因かも。
そのぶん、「優れたチェッカーに(も)なりたい」という目標は遠ざかっているような)



2008年のリーディング本数:
 8本


2008年に読んだ本(初見のみ。上下巻は1冊と数える):
 和書32冊
 洋書4冊
(・・・すくなーい・・・。今年はもう少し増やしたい)


2008年に走った距離: 
 558.9キロ


2008年に観終わった海外ドラマ(シーズン1本として): 
 7本
 『ミレニアム』 シーズン1
 『Re:ジェネシス』 シーズン2
 『LOST』 シーズン3
 『4400』 シーズン3、シーズン4
 『24』 シーズン6
 『プリズン・ブレイク』 シーズン3
(完結したのは『4400』のみ。先は長い)


--------------
1/1の作業記録
 案件A:19枚訳す。
 案件B:58枚素読み。

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2009-01-02 12:39 | 仕事のこと | Comments(2)

今年訳した言葉

大晦日らしく1年の総決算を。 映画の本数よりも大事なのは仕事の量、というわけで、今年訳した文字数を (大半は請求書に基づいて) 計算してみた。

  2774.5枚 × 400字 = 1109800字

これは単純に訳出後の文字数なので、チェックやプルーフリーディングや校正は含まず (それを入れたら3倍ではきかないだろう)。 ボツになった原稿と、リーディングに添えて自主的に出したサンプル訳も含まず。 カウント漏れはあるだろうけど、まぁ多分誤差は30枚程度かな。
(注:このページ数に単価1500円などを乗算して収入を割り出すことはできません)

春に出した私の本と同じ組み方で計算すると、年に本を8冊出した計算になる・・・なんていうどうでもいい計算はともかくとして、これが多いか少ないかは今後の動向によるんだろう。とりあえず、お疲れ様、私。

来年はもっともっと良い年になりますように。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2006-12-31 14:56 | 仕事のこと | Comments(2)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
ありがとうございます。「..
by yumi_in_the_rye at 12:04
刊行記念イベントのレポー..
by hamuneko7 at 22:49
ますます、絶対に聴かなく..
by yumi_in_the_rye at 17:55
大江千里のジャズ。とって..
by Natsume at 17:32
> hamuneko7..
by yumi_in_the_rye at 13:00
ブログパーツ