still crazy after all these years



何人もの彼を

彼のことは、今もよくわからない。

『ヒース・レジャー追悼写真集』 を訳すにあたって、彼が出演している作品をほぼ全て観た。 手に入らなくて見られなかったのもあったけど、YouTube で断片的に確認できる映像も含め、以前に仕事とは関係なく観ていた映画も含め、可能なかぎり全作品を、少なくとも2回ずつは観た。 そして観るたびに、観直すたびに思った。 この役者は誰だろう?

彼は作品ごとに、あまりにも 「ちがう」。 それは演技力とか、俳優としての上手さ、みたいな表現ではちょっとピンと来ないほどの違いだ。 別の作品での彼を観ていたときには、こんな表情を見せるとは到底信じられなかったような表情を、この作品で見せる。 そして、この作品を観ていたときの印象からは到底想像もつかないような役を、別の作品で演じている。 その 「ちがいかた」 は、一般的な俳優で言われるような 「意外な役に挑戦!」 「イメージを裏切る悪役を!」 みたいなレベルではない。 むしろイメージを固めさせる暇すら与えない、というくらいの。
ヒース・レジャーという役者は、一体誰で、何人いるんだろう――おかしな感想かもしれないけれど、本気でそう思わずにはいられなかった。
(ちなみに髪型とひげでかなり印象が変わるので、『サハラに舞う羽根』 では、砂漠に出かける前後の顔と砂漠での姿が同一人物に思えなくて、ちょっと混乱しちゃうくらい。 これは演技力というより、ミスリードにしかなってないど思うんだけど)


『ダークナイト』 のジョーカー。 『ブロークバック・マウンテン』 のイニス。 それらの素晴らしさと、目を見張るほどの 「役になりきった姿」 (ああ、「なりきった」 なんていう表現は言葉足らずだ) はもちろんなんだけど、ここでひとつ例を挙げるなら、私は 『キャンディ』 を推したい。

ヤク中で、まともに働けない・働く気もない、無力で刹那的で自堕落な若者。 やさしいんだけど、かわいいんだけど、『キャンディ』 の主人公である若者ダンは、あまりにも弱く、あまりにも愚かだ。 そして、ダンを演じるヒースの目。 恋人がクスリを買うお金のために身体を売ってるのを知りながら何もしない、あのよどんで思考を停止させた目が、狂気だけれど確かな知性と鋭さを宿していたジョーカーの目と同じだとは、もはや信じられないを通り越して否定してしまいそうなほど。

そしてもう一度、そして何度も、私は思うのだ。 彼は誰で、何人いたんだろう。
それから、「いた」 と過去形で思わなければならないことを改めて痛感させられる。

2年前の今日、2008年1月22日に、ヒースはこの世を去った。 考えるたび、私はこう思わずにはいられない。

私たちは、一体何人の役者を一度に失ってしまったのだろう、と。
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2010-01-22 10:17 | 訳した本 | Comments(0)

秘められた欲望

せっかくだからブログパーツを貼ろうと思ったんだけど、エキサイトはスクリプトが通らなかったので、画像で。名前を入れると、秘めたる欲望がわかります。
(ほんものは『Dr.パルナサスの鏡』の公式ウェブサイトのココで)

e0078326_12244876.jpg


教祖って・・・。 誰か入信したい人いる?




この映画『Dr. パルナサスの鏡』に出演した今は亡き俳優、ヒース・レジャーの 『ヒース・レジャー追悼写真集』 を訳しました。明日から発売です。 1カ月前にアマゾンで予約受付が始まってから、ランキングが3000位台に落ちたのを見たことがない。そしてここ2週間ほどは、600位台に落ちるのを一度も(少なくとも私は)見ていない・・・。3000部で足りるのかなぁ・・・。

私は案の定というか例によってというか、本の発売日の直前になってナーバスになっているところだけど、興味のある方はどうぞ手にとってみてくださいまし。



--------------
1/20の作業記録
 案件A:30枚くらいチェック。
 案件B:読む。
 案件C:5ページ訳す。

*5キロ走る。

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2010-01-21 12:28 | 訳した本 | Comments(2)

2009年その他の記録

2009年に訳した量
 1535621字=3839枚
(一昨年より絶対忙しかったのに、絶対仕事量は多かったのに、訳出文字量としては減っていてショック。本が多いとこういうことになるのね・・・)


2009年のリーディング本数:
 5本


2009年に読んだ本(初見のみ。上下巻は1冊と数える):
 和書35冊
 洋書6冊


2009年に走った距離: 
 900キロ


2009年にDVDで観たドラマ(シーズン1本として): 
 6本
 『Re:ジェネシス』 シーズン3
 『ターミネーター サラ・コナー・クロニクル』 シーズン1
 『FREEDOM』
 『LOST』 シーズン4
 『ジョーイ』 シーズン2
 『プリズン・ブレイク』 シーズン4



--------------
1/3の作業記録
 案件A:5枚くらい訳す。

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2010-01-04 12:25 | 記録 | Comments(2)

パチーノ祭りと、2009年に観た映画

冬休み企画 (個人的に) と題して、きちんと観たことがなかった 『ゴッドファーザー』 シリーズを1から観始めている。 ちょっとちょっと、アル・パチーノがものすごぉぉぉぉくかっこいいんですけどー! 私が物心ついた時点で彼は既に 「たれ目のしぶいおじさん」 だったんだけど、若い頃の彼は今でいうジョニー・デップみたいな色気があるじゃないですか。

むかぁし映画雑誌か何かで、アル・パチーノの起用をためらっていたコッポラに対して、コッポラの奥さんが 「彼 (パチーノ) は目で女を誘惑する男よ」 (だったか、「目で女を妊娠させる男」 だったか) と太鼓判を押した、というのを読んだ記憶がある (・・・確かに読んだ記憶があるんだけど、どう検索しても裏付けがとれないので、私の妄想かもしれませんが)。 で、私には 「しぶいおじさん」 になってからのパチーノしか思い浮かばなくて、どうもピンと来なかったんだけど、今ならそのコメントの意味がよーくわかる気がする。

・・・そんな感じでパチーノ祭りの途中ですが、思ったほどは伸びないながらも今年は 「年間100本」 の目標クリア。 前半の映画タイトルを見て行くと、私が昨年末から今年春にかけてやっていた仕事、後半を見て行くと秋にやっていた仕事が何だったのかはっきりわかって、我ながらちょっと面白い。 今年はこの2人のおかげで映画を観る本数が伸びたと言えるかも。

劇場で観たなかでベストは、『マンマミーア!』。 DVDで観たなかでは 『フォーンブース』 と 『彼女を見ればわかること』に感嘆し、『チョコレート』 と 『ブロークバックマウンテン』 にうちのめされた年だった。

そういうわけで例年どおり、B級作品ばっかりだけど、以下の記録は備忘録。
毎年、「この映画はどうでしたかー」とメールやコメントなどを送ってくださる奇特な方がいらっしゃるのですが、コメントで気軽に聞いていただければ喜んでお返事いたします。ご期待にかなう感想を言えるとは限りませんが。



・・・あっ、忘れてた、皆さまよいお年を。

2009年に観た映画
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-12-31 22:36 | 観た映画 | Comments(4)

fearless

彼を初めて見た場所は、私がオーストラリアにいた頃、映画館の前に貼ってあったポスターだった。 QUEENの曲をモチーフに使った映画のタイトルには、別にそれほど惹かれるところはなく、「この俳優、オーストラリア人なんだって」 と聞いて、「へー」 と思っただけ。 当時ガイ・ピアースに熱を上げていたので (今でも好きだけど)、ガイ・ピアースやカイリー・ミノーグと同じくオーストラリアの昼メロでメジャーデビューしたという彼のことは、なんとなく将来が楽しみな俳優として記憶に残った。 でも、その後は特に彼をピックアップして注目することはなく、ひとりの俳優として名前を知っている (プラスの印象は持っていたけど) 程度だったように思う。

そして 『ダークナイト』 のジョーカー。 強烈すぎるキャラクターに圧倒され、「この役者は誰だろう?」 と驚いた。 いや、もちろん誰なのかはわかっていたけど、それでも 「誰だろう?」 と思わずにはいられない――バットマンにはクリスチャン・ベイルを感じ、トゥーフェイスにはアーロン・エッカートを感じるのに (それは悪いことではなかったけど)、ジョーカーは、ただジョーカーだった。 ジャック・ニコルソンのリメイクではなく。 また、ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーには 「ジャック・ネイピア」 という人間だった頃の過去がちらりと見せられていたけれど、そうした背景を微塵も感じさせず。 ましてや、『ROCK YOU!』 の騎士や、『ブロークバックマウンテン』 のカウボーイに扮した、ヒース・レジャーでもなく。
――そこにいるのは、ただ、ジョーカーだった。

この役者は誰だろう。 訳しながら、出演作を確認しながら、私はずっとそんなふうに考え続けていたように思う。
そんな彼のことを、私たちはいったいどれだけ知ることができるだろうか。本人は以前、「自分が怖いと感じることに取り組んでいきたい」と話したことがある。

「ハードルを作って、それを乗り越えていきたいんだ。新しい企画に対して不安を感じていたいし、実際いつだって不安になる。何かの仕事で役をもらうと、僕なんかが引き受けるべきじゃなかったと確信してしまう。それなのにできるとごまかしてしまった、本当はできないのに、どうしたらいいかもわからないのに――そんなふうにしか思えなくなる。ものすごい不安があって、それが、仕事に感じる興奮もすっかり押し流してしまうんだ」


1月23日に公開される映画 『Dr.パルナサスの鏡』 も、「彼は (主人公は/演じた役者は) 一体誰だったんだろう」と思わずにはいられない映画だ。・・・・・・そして、彼の命日である1月22日に発売される 『ヒース・レジャー追悼写真集』 は、その答えを垣間見せる本かもしれない。

e0078326_9503940.jpg

そういうわけで、来年の1冊目、通算9冊目となる訳書は、1月22日発売の 『ヒース・レジャー追悼写真集』 です。 限定3000部ということで、買いたい場合は予約が必要かもしれず、早めに告知いたします。 3000部なんて少なかった!と思わせることができればいいんだけど。

版元のページはこちら

そしてなんと、『Dr.パルナサスの鏡』 公式ウェブサイト(←音出ます)のNEWSのページにも。(これがトップページに出ているうちに、ブログで書きたいと思ったの)

というわけで、1ヶ月も前倒しのお知らせですが、こちらもどうぞよろしくお願いしますっ!

(推敲にあたっては、ほぼ同時期に訳書を出版される翻訳家、保科京子さんの力を借りました。この場を借りて厚く、いや熱くお礼を申し上げます)
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-12-25 10:36 | 訳した本 | Comments(4)

プロの仕事

e0078326_1515756.jpg










『直感のブランディング』は、アマゾンの画像だとよくわからないけど、装丁や表紙の紙質もすごくきれい。
デザイナーさんはいい仕事なさってます。

--------------
11/24の作業記録
 案件B:読む。まとめる。

*20キロ走る。

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-11-25 15:19 | 訳した本 | Comments(0)

直感のブランディング

偶然の出会いや、何気ないひらめきや、あるいは 「ほかにどうしようもなかった」 というきっかけから、パワフルなオリジナリティが生まれることがある。 単なる一個人の事情に過ぎないものが、商品となり、会社となり、そしてブランドとなって、力強く根付いていく例がある。

一流企業のマーケターが知恵と経験、技術と資金を総動員しても、必ずしも実現するとは限らないブランディングという作業に、彼らはなぜ 「偶然のなりゆき」 などという一見したところでは弱い根拠で成功することができたのか。 あるいは、ちょっとしたアイディアやひらめきを感じる人など星の数ほどいるなかで、なぜ彼らはそれに命を与え、具体的な商品として流通させることができたのか。
私はそうしたブランドを、<アクシデンタル・ブランド>と名づけた。本書に紹介したいと感じたブランドそれぞれには、いずれも立ち上げ当初に何らかの幸運な偶然がかかわっていると気づいたからだ。

偶然を手にした本書の起業家たちは、いずれもはっきりとした価値理念を持ち、それをブランドに投影した。時を経て、商品の一部が変化しても、理念だけはつねに一貫していた。 さらに注目すべきは、彼らが自分で自分の問題を解決しようと試みたことだ。 フォーカスグループ調査を行い、作るべき商品をヒアリングしたわけではない。自分自身が消費者として欲しいと思う商品を形にしたのだ。

直感や本能を重視する考え方には賛否両論がある。 本能に基づいてひどい判断を下した例はいくつも見てきたし、自分にもそうした経験がある。 だが、本書で紹介する企業家たちを研究した結果、直感による決断が失敗する原因は、結びつくべき消費者と乖離してしまったせいである場合が多いとわかった。 逆に言えば、特別なブランドを築き上げた普通の企業家たちは、真に消費者の気持ちになって考える力があったからこそ、直感を信頼できた。

・・・そういうわけで、今年4冊目、通算8冊目となる訳書は、『直感のブランディング  「普通」 の人が 「特別」 を生み出した7つの物語』、アマゾンでは明日から発売です。
偶然のひらめきから生まれた7つのブランドを、まるでドキュメンタリー映画を見るような丁寧な筆致で追いかけ、描写し、そこから浮かび上がる 「6つのルール」 を考察しています。 端的に言ってしまえば、人として誠実な商売をしていこう――そんな単純な一言に集約されそうな、まっとうなものづくりの本かもしれません。
ブランディングとか、マーケティングとか、そういうものに興味がなくても、読み物として十二分に読める構成になっています。

本書の企画および推敲にあたっては、『主体的に動く』 などの優れた作品を手掛けている翻訳家、花塚恵さんの力を借りました。 私にとっては現時点で最高の好敵手と思っている翻訳家であります。 この場を借りて、伏して、伏して御礼申し上げます。
・・・1つ前の本 『経営の才覚』 に比べると、ボリュームは半分以下だけど、私にとっては思い入れの深さは同じくらいの、大事な1冊。 自分の力不足を痛感しつつ、優秀な編集者さんに支えられて、ようやく形になりました。

今年出版される本は、これにて打ち止め。 皆さま、どうぞよろしく!
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-11-24 10:25 | 訳した本 | Comments(0)

物理的な場所としては

『経営の才覚』 が、紀伊国屋でマイケル・ガーバーの 『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 や 『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』 と並んで置いてあった。 自分が資料として利用していた名著と呼ばれる本と、少なくとも書店の棚で肩を並べるのは、なんというかうれしい。

--------------
11/10の作業記録
 案件A:25枚訳す。

*5キロ走る。


[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-11-11 13:38 | 訳した本 | Comments(0)

今日から

経営の才覚』 (リンク先は版元)、アマゾンでは一時在庫切れになってるけど、今日からお店にも並んでいます (はず。まだ見てないけど)。 本編もいいけど訳者あとがきもよく書けててねぇ。 ぜひぜひ。
去年11月に出た 『ゆみジャイアン』 こと 『Small Giants』 と同じ著者 (共著者) の本なので、私としてはこっちももう1回もりあがってくれることを期待したい。

・・・今年の私が七転八倒し続けた (いや、現在進行形だけど) 案件ラッシュを受けた出版ラッシュはもう少し続く予定。 仕事机のそばの本棚の 「自分の本コーナー」 がそろそろいっぱいになってきたのを、うれしく眺めたりしています。 増設しなきゃ。 部屋ごと増設しなきゃならないくらいに増えると (収入が) いいな。


--------------
11/2の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件B:200読み直す。

*5キロくらい走る。

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-11-03 15:55 | 訳した本 | Comments(2)

才覚をつかむ

何かを始めようとするとき――スポーツにせよ、趣味にせよ、そしてビジネスにせよ――は、当然ながら、基本的な手順やルール、仕組み、成り立ち、あらましなどを理解して臨まなければならない。 それと同時に、具体的な案件、個別の事態、それぞれの経緯・展開ごとに対処する方法を知識と経験で学んでいかなければならない。 だが、それだけでは決定的に欠けているものがある。 どんな活動であれ、「これとこれを学び、あれとそれのルールを守っていれば、どんな事態でも対処していける」 などということはありえない。 むしろ、新しい展開が生じたとき、不測の出来事が起きたとき――スポーツであろうと、趣味であろうと、そしてビジネスであろうと、新しい展開と不測の出来事で成り立っていくと言ったほうが正確だ――それをどうとらえ、どういう角度から考えれば答えが見つかりやすいのか、何を見逃してはいけないのか、それがしっかりとした揺るがぬ楔として頭の中に打ち込まれていなければ、毎度毎度の展開におろおろして、目の前のトラブルだけ片付けてなんとか先へ進むことしかできない。

必要なのは、広すぎる精神論や、逆に狭すぎる具体論ではない。 どんな状況が来ても、ものごとを整理して見つめ、体系だてて検討することのできる、頭と目ではないか。

ビジネスを始めようとする人の多くは、段階ごとの手順や、目標達成に利用できる具体的な法則などを求める。だが残念ながら、そうした手順や法則は存在しない。身につけることができるのは、さまざまな状況に対処し、さまざまな機会を活用していくことのできる「考え方」だ。それを習得したからといってすべての行動で成功するという保証はないが、チャンスを大きく膨らませることは間違いない。失うよりも得るほうが多いだろうし、試合に参加しつづけていれば、トップに立てる機会も増えてくる。

 もちろん、誰もが同じレベルで、あるいは同じ方法で成功するわけではない。何の世界でも同じだが、ビジネスの世界にも、他人より上手にゲームをプレーしていく能力に恵まれた人々がいる。私たち全員がタイガー・ウッズになれるわけではないし、ピカソやシェイクスピアになれるわけでもない。だが、ゴルフを学んだり、絵の描き方を学んだり、戯曲の執筆を学んだりすることなら誰にでもできる。そして、経済的に自足する方法を学ぶことも、誰でも可能なのだ。


『経営の』 というタイトルであり、そのタイトルどおり、起業と経営に関する本ではあるものの、もう少し広く 「ビジネスの考え方」 を身につけるための本として、ぜひ多くの方に読んでいただきたい、と思う。 もちろん、フリーランスの翻訳者の方々にも。 失敗と苦労を重ねて、けれどしっかりとビジネスをしている人であれば、本書に書かれている内容は既に無意識に理解・実践していることが多いと思う。 それでも、どんな職業、どんな業務形態の人にでも、きっと何かは役に立てる一冊じゃないか、と、自分が訳した本ながら強く確信している。
e0078326_108448.jpg


・・・そういうわけで、今年3冊目、通算7冊目となる訳書は
経営の才覚』 であります。
夏頃の私が悲惨な泣き言をもらしながら取り組んでいた労作であります。
amazonでは3日から発売です。 どうぞよろしく!
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2009-10-30 10:12 | 訳した本 | Comments(2)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 17:17
今朝うちのポストに届いて..
by しゅう at 16:30
>小桜さん わー、..
by yumi_in_the_rye at 10:19
こんにちは。 中国語の..
by 小桜 at 22:47
クラウドがあれば、ひとま..
by yumi_in_the_rye at 13:23
ブログパーツ