still crazy after all these years



ゴリ押し中


e0078326_10511801.jpg


忙しいビジネスパーソンのために、読むべき書籍の抄訳を紹介する月刊誌、『TOP POINT』に、『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている』を載せてもらったよ。

少しでも本に興味をもってくださる方がいたら嬉しいんだけど。






1日に案件を2つ回すのが難しい状態になってきた。
時間というより気力が途切れてしまう。

ここはあきらめて1日1個にするべきか(→1案件の1日の作業量を増やす)、むしろ1日に3、4案件に増やすか(→1案件を軽くする)、思案しながら1日2案件でなんとなく押し通し中。 答えが出るより先に、なんとなくで押しきれてしまう可能性が高いかも・・・。

--------------
1/23の作業記録
 案件E:20枚読み直し。

1/24の作業記録
 案件E:49枚チェック。

1/25の作業記録
 案件A:7枚訳す。
 案件E:56枚チェック。
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-26 10:51 | 仕事のこと | Comments(0)

降ったねえ

e0078326_09335799.jpg

降りましたなぁ。この写真は今日の朝日。
仕事は、あと少しあと少しって詐欺みたいに言ってるけど、
本当にあと少しでいったんめどがつく。はず。



--------------
1/19の作業記録
 案件E:26枚訳す。

1/20の作業記録
 案件E:8枚訳す。

1/21の作業記録
 案件E:76枚チェック。

1/22の作業記録
 案件E:5枚訳す+28枚チェック。 
 案件G:1枚訳す+チェック。
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-23 08:33 | Comments(0)

あとすこしー

e0078326_22583254.jpg





ゆりの木。


今やってる本が、もう少しで全部タテになる。
もろもろの用事もあと一息!







--------------
1/12の作業記録

 案件E:10枚訳す。

1/13の作業記録
 案件A:7枚訳す。

1/14の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件F:11枚訳す。

1/15の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件E:14枚訳す。

1/16の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件E:14枚訳す。

1/17の作業記録
 案件E:13枚訳す。
 案件F:11枚チェック。
 案件G:8枚訳す+チェック。
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-18 23:10 | 仕事のこと | Comments(0)

まさか

タイミング的に、ゆみさんが今多忙なのはもしかしてこれ?と言われたんですが、
違います、そんなわけありません(笑)。
あ、もしそうだったとしたら、なおさらそんな話オープンな場で言えませんけど、ほんとに違います(笑)
(私の過密状態は、通いプチ介護・大絶賛・大出血・集中強化月間になったため)


内容・レベル的にも(これが最大の理由だけど)、スピード的にも、そしてコネクション的にも、私にいただけるような本じゃありませんです。

あの方(方々、かな)がやってるのかな、という可能性は何人か思い浮かぶけれど、体力的にも大変な思いをなさってるはず(中身が面白ければ多少はしのぎやすいでしょうけれど)。私も、実際にそんな本に縁があるかどうかは別として、こういう場面で頼られる翻訳者になりたい、とは思う。



--------------
1/11の作業記録
 案件A:8枚訳す+5枚チェック
 案件E:12枚訳す。
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-13 22:44 | 仕事のこと | Comments(0)

記録のみ

てんてこまい続行中です。

私にとって仕事のしやすい大きさのノートパソコンは、持ち歩くのはやっぱ無理。
本当の意味での「効率のよさ」が試されてるんだと思う。経験値アップのチャンス。

--------------
1/9の作業記録
 案件E:10枚訳す。
1/10の作業記録
 案件A:3枚訳す。
 案件C:9枚訳す。
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-11 19:16 | 日々の記録 | Comments(0)

しばらく

予想というか危惧してたとおり、ちょっと厄介な感じになってきたので、しばらくてんてこまいです。
もろもろメールの返信をほったらかしてますが、読んでます、すみません。
(緊急性の高いメール以外は返信がとどこおる可能性あり。返事がいる場合は、その旨書いていただけると助かります)

--------------
1/7の作業記録
 案件A:4枚訳す
 案件C:添削2件
1/8の作業記録
 案件A:21枚訳す
 案件C:資料読み
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-09 23:06 | 日々の記録 | Comments(0)

短評

日経新聞に『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている』の書評が載ったよ。



アマゾンのランキングはあまり追わないようにと思っているのだけれど、日経に記事や広告が出たときの反応は本当に如実で面白いので、つい頻繁にリロードして見てしまう・・・。 新聞媒体の書評に感度の高い人は今も相当数いるのだ、ということが嬉しかったり驚きだったり。

ちなみに、この本は原書出版が2012年なので、ケーススタディに取り上げられている時事ネタは少しだけ古くなってしまっている。 でも、「核の相互確証破壊 (MAD) による安全」 の危うさと、大統領が核戦争を起こす可能性をゲーム理論的に考察した部分なんかは、むしろ今読むと非常に興味深く (楽しいという意味ではなく)、じわじわ怖い。

ゲーム理論、もとは数学の一派だけれど、数式は一切出てこない本なので(じゃないと私には訳せない)、気軽な気持ちでぜひ手に取ってみていただければ嬉しいです。

--------------
1/5の作業記録
 案件E:資料読み
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-06 23:19 | 仕事のこと | Comments(0)

えせリトリート

e0078326_11001714.jpg

1月の予定が色んな意味できついことがわかったので、昨日と今日を完オフにしてみた。
昨日はまずヘッドスパ行って、それから自宅から離れて海沿いでリトリート中…と言いたいところだけど、この写真でわかる方にはわかるように、横浜市内にいます。写真は三角形の建物の27階から昨日の夕焼け。

とりあえず今日は仕事しない。
といいつつ、今は資料読み中。気分的な焦りが抜けない…。

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-05 10:55 | 日々の記録 | Comments(2)

スーパーなムーン

昨日の夜6時すぎに、近所の店まで買い物に行こうとひとり自転車で走りだしたら、目の前にスーパームーンが低く、赤く、大きく架かってた。
十六夜だけど、満月と変わらないくらいの存在感で。

まるで芝居の書き割りみたいで、ずっと昔に見たポール・オースターの小説『ムーンパレス』の日本語版舞台を思い出した。白井晃さん演出で、主人公2人を演じる役者さんがとても繊細で、ラブシーンが美しかった。ムーンパレスは店の名前なんだけど、この舞台では本物の月のほうに重点を寄せていて、それが違和感なくしっくり収まっていた。そういえばあの舞台は、大学の文学ゼミが一緒だった後輩と行ったんだっけ。「お前は部屋に閉じこもって動かず、することと言ったら冷蔵庫まで出張するだけじゃないか」みたいな台詞(今手元に本がないので、これは正確じゃないけど)があって、柴田元幸さんが出張と訳した部分がtravelだと知り、その訳にえらく感動したことを、後輩に暑苦しく語った気がする。

そんなことを考えたりしながら赤い月を見てたら、なんだかすごく切なくなっちゃって。
あの頃なれるとは思ってなかった職業になったけど、いつまでも力が足りなくて辛いよーとか、
去年後半から気にかかることが多くて、気持ちが完全に晴れるときがないような気がする、とか、
結婚して毎日楽しいのに人生がときどき不安になるよ、とか、
そういえばあれもこれも、これもあれも、と考えてぐーっと何かが込み上げてきて、いつのまにか月に向かってまっすぐ自転車を走らせてた。買い物に行くなら早い段階で左折しなきゃならないのに、ハンドルをぎゅっと握って、必死でペダルを漕いで。

直線でだいぶ走ってから、ハタと我に返って、急ブレーキ。お店まで行くルートからだいぶはみ出したことに気づいて、呆然としながらリカバリー。

月には人を感傷的にする力があるらしい。スーパームーンだから、それも余計に。

……。


とか思ってたんだけど、冷静に考えると、私が正面に見える月に向けて必死で自転車漕いだのは、別に月の魔力とかそんなんじゃないと思う。たぶん、男性用トイレに飛散防止でハエのシールを貼るといい、っていうのと同じ。ノーベル経済学賞をとったセイラー教授が「ナッジ」(比喩的な意味で人の背中をこづいて促し、無意識にある行動をとらせること)の例として紹介してるように、人は何か目標物を与えられると狙いたくなるから、ってやつ。

ハエとか的のシール貼るだけで行動が変わるなんて単純ねー、と思ってたことを、ここに告白し謝罪いたします。目の前の月が明るいからってまっすぐ走ってくほうがよっぽどどうかしてる…。



--------------
1/3の作業記録
 案件A:11枚チェック
 案件C:原稿見直し
 案件E
:56枚チェック
--------------------------

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-04 09:36 | 日々の記録 | Comments(4)

継続はナントカなり、ってやつ

12年間の推移のことを、まだつらつら考えてたんだけど。

2006年・2007年は本が1冊ずつで、仕事はほぼ産業翻訳なんだけど、それにしたって枚数の少なさのわりに収入が多いような・・・と考えてたら、思い出した。 この頃はチェック作業が多かった (つまり枚数にはカウントされていない仕事が多かった) のと、この頃の産業翻訳は、どうってことのない普通の案件でも、今とくらべれば単価が高かったんだ。 単価計算はターゲットベースが主流で (少なくとも私が引き受けていた範囲では)、1500円/400字が普通。数少ないソースベースの仕事も、11円/wordを下ることはなかった。 繰り返して言うけど、学歴も専門分野も、翻訳者としてのキャリアもない私が受けられる、どうってことのない案件でも。

その単価ががくっと落ちるのが2009年あたりですよ。
あの頃、私の知っている翻訳者さんが何人かジョブチェンジしていったのをおぼえてる。

落ちた単価は、私の知る限り、戻らなかった。 少なくとも、2006-2007年頃に私がやってたような類の案件で、戻ったと認識したことはない。
それは事実として戻らなかったということもあるだろうけど、幸いにも、私がそういう 「誰でもできる案件」 を受けることが少なくなったからでもある。 単価が低い仕事を全くしないわけではないけれど、内容を選んだり、納期や条件を融通してもらえることも増えてきた。 そういう意味では単価は上がってきたかなぁ、と。

単価交渉は苦手なので、過去に数回しかしたことがない。
たいした専門分野がないのは今も同じ。
ジョブチェンジする当てがないのも、当時も今も同じ。

つまり私には、単価がどうあれ、続けるしか能がなかった。量を積むしか続ける策がなかった。
それしかないんだから、続けて来てよかった。

たぶん、そう実感できたことが、12年の記録を見返してみて得られた最大の収穫かも。

--------------
12/30の作業記録
 案件A:18枚訳す。
12/31の作業記録
 案件A:20枚訳す。

1/1の作業記録
 案件A:15枚訳す。
 案件E
:原稿書読み直し。
1/2の作業記録
 案件E
:36枚チェック
--------------------------




[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2018-01-03 21:52 | 仕事のこと | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
ありがとうございます。「..
by yumi_in_the_rye at 12:04
刊行記念イベントのレポー..
by hamuneko7 at 22:49
ますます、絶対に聴かなく..
by yumi_in_the_rye at 17:55
大江千里のジャズ。とって..
by Natsume at 17:32
> hamuneko7..
by yumi_in_the_rye at 13:00
ブログパーツ