still crazy after all these years



<   2017年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


やばいよ

ちょっと通訳やってよ、って言われてさ。
テレビの仕事だから、ほんのちょっとだから来てよ、タレントの通訳だから、って。
私通訳やらないですよ、テレビ見ないしタレントさん知らないからできないですよ、ってさんざん断ったのに、強引に収録現場に連れていかれて。

そしたら、通訳するべきタレントっていうのが、海外進出して外タレになった出川哲朗。
一応英語を喋ってるんだけど、単語を勢いで並べるばっかりで文章にならない。
えー、これ通訳するの?私が?ってパニックになった。

・・・・・・。

もちろん夢の話なんですけど。

私の夢の中の出川さん、一生懸命に too bad too bad!! って叫んでた。
ここだけなんか妙にリアル・・・。

--------------
11/29の作業記録
 案件A:16枚訳す。
 案件E:21枚チェック。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-30 22:30 | 日々の記録 | Comments(0)

ちゃぶ台返しするためのゲーム理論

e0078326_12274939.jpgゲーム理論という言葉を初めて聞くと、いわゆるコンソールゲーム(PSとかXboxとか)の話かと思うかもしれません。

でもそうではなくて、これは本来「盤ゲーム」(チェスとか)に由来しており、「片方が何らかの手を打ったら、相手がそれを見て考えて、有利になるように自分の手を打つ」という状況の学問(もともとは数学の)です。


中でも一番有名なのがゲームの形が「囚人のジレンマ」。囚人が2人、別々に自白を求められている状況で、どうするべきか。自分が自白するか、相手が自白するか、その組み合わせによって懲役が変わってくる。だから自分の選択だけじゃなく、相手がとりうる選択も考えて、相手がこうしたら自分がこうなって・・・と考えなければならない。

囚人の場合はそれぞれ疑心暗鬼になるわけだけど、本書では、こうしたジレンマに陥った状況をゲームとして正しく認識し、そして何かひとつの条件でちゃぶ台返しを仕掛けて一気にゲームチェンジを図り、膠着状態を解決する方法をさまざまなケーススタディと共に解説しています。

イーベイで出品詐欺や返金詐欺に遭わないためには、どうすればいいか。
乱獲で減り過ぎたタラを回復するにはどうしたらいいか。
注射の利かない病気がはやったらどう対抗すればいいか。

ゲーム理論はもともとは数学だけれど、それを実に多様な分野に応用している本書は、頭の体操としても、自分や社会の現実問題を理解するヒントとしても、きっと役に立つと思います。

そういうわけで、『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている ビジネスパーソンのための戦略思考の教科書』、どうぞよろしくお願いします。


--------------
11/22の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件E:18枚訳す。

11/23-27の作業記録
 案件C:8件添削+原稿作成。
 案件G:原稿チェック。

11/28の作業記録
 案件A:14枚訳す。
 案件E:22枚訳す。

---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-29 11:25 | 仕事のこと | Comments(0)

ナッシュに捧ぐ、ゲーム理論の本

e0078326_12274939.jpg

なんかもろもろ取り散らかしておりまして、慌ただしくしてるんですが(いつもそうだけど)、とりあえずこれは書いておかなくちゃ。
新しい訳書、出ました。『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている ビジネスパーソンのための戦略思考の教科書』です。

今年の5冊目、通算で記念すべき40冊目。それなりに厚いのだけれど、すっきりした装丁のおかげでそれを感じずに読み進められる本になってます。お見かけになったらどうぞ手に取ってくださいまし。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-27 12:45 | 仕事のこと | Comments(0)

エクストリームな書評が出てた(笑


仕事ができない人は即座に解雇。ネットフリックスでこのアプローチが成功している理由は、他に2つの条件がそろっているからです。

  1. 在籍している人には、働き方に最大限の自由を与えて、彼らの働きやすさを全力でバックアップすること(休暇の取得日数も自分で決めてOK、育休は1年とって元のポジションに戻れるなど)。つまり、「解雇するぞ」の脅しで人材をつなぎとめるわけではない。

  2. 解雇する人材は、無能とは限らない。あくまでネットフリックスのそのときの要件にマッチしないだけ(そもそもネットフリックスに一度でも入社できた時点で優秀な人材)。なので、送り出すときには最大限に手厚く、金銭的にフォローをして、その人材が次のステップではばたけるように配慮する。

エクストリームな企業は、ただ単に非常識に振り切れてるわけじゃなくて、自分たちにとって適切と思う職場構築のために様々な工夫をしている――という話。この本がそういうエピソードがたくさんあって面白いので、ぜひー。



・・・へー、ネットフリックスってすごい会社なんだね、おじいちゃん

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-24 23:51 | 仕事のこと | Comments(0)

スカイプランタ― 水やり before/after

e0078326_16121573.jpg
e0078326_14152821.jpg
この写真は1日後だけど、水をやって半日くらいで元気になる感じ。



右奥にひょろっと見ているのは、5年近く前から育ててるアボカド。 葉がぜんぶ落ちて、もう半年くらいうんともすんとも言わないけど、枯れたり腐ったりはしてない感じで、処分することもできず。 いつアボカド丼食べられるのかな・・・。

--------------
11/21の作業記録
 案件A:18枚訳す。
 案件E:5枚訳す。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-22 23:11 | スカイプランター | Comments(0)

年末進行の始まり

インフルエンザの予防接種を受けてきた。

毎年われながらきっちり11月末頃に注射して、そして毎年インフルエンザにはかからずに過ごしてる(風邪を引くことはあるけれど)。これが注射のおかげなのかどうか、今年は受けずに試してみたい――という気に毎年なるのだけれど、スケジュールも厳しいのにリスキーな挑戦をする必要はない、と思い直す、の繰り返し。
まぁインフルエンザにかかる余裕がある時期なんてあるわけないんだけど。

年内の仕事の進行予定は現時点でほぼほぼ見えてきた。あとは年末年始のお呼ばれ系イベントできるだけ取りこぼさず、プライベートの用事をうまく采配していくだけ・・・なんだけど、それがどうも怪しい気がする。そして、今年も経費の弥生入力を1回もせずに1年が終わることはほぼ確定らしい。


--------------
11/19の作業記録
 案件A:13枚チェック。
 案件D:10枚チェック。

11/20の作業記録
 案件A:13枚訳す。
 案件D:10枚訳す。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-21 22:50 | 日々の記録 | Comments(0)

確証のない愛の映画

少し前だけど『ブレードランナー 2049』を観てきた。

まぁこういうのは賛否両論は免れないだろうけど、少なくとも私が知っている中で一番「ブレードランナー愛」のある人が喜んでいたので、それは作品にとって本当に幸せなことだと思う。それほど思い入れが強くない私にとってもすごく面白かったし、何より主演のライアン・ゴズリングが、私の好きなライアン・ゴズリングの100%パーフェクトな姿だったので、大変に満足する作品でした。
(現実生活では絶対に思わない好みだけど、ライアン・ゴズリングには退廃と暴力が本当に似合うと思ってる。ラ・ラ・ランドとか言わないで、ゴ・ゴ・ゴズリングのリズムで常にやさぐれながら殴ったり殴られたりしていてほしい。

ちなみにダニエル・クレイグには常に薄情であってほしい。
ヒュー・ジャックマンには常に強情っぱりであってほしい。
ジェイク・ギレンホールには常にまっすぐな目をして斜め上を突っ走っていてほしい。

あ、その意味では、『2049』に出てきたジャレッド・レトも常にまともな道を歩けない人間であってほしいのだけれど、さすがに極端なキャラ造形が続いて
一時期のゲイリー・オールドマンみたいになってるので、そろそろ「怪演」以外の評価でほめられるような役柄も演じさせてあげてほしい。)


ネタバレ・・・というほどではないけれど
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-21 22:10 | 観た映画のこと | Comments(0)

エクストリームなチームが回る

e0078326_21581860.jpg
新しい訳書でました。

ピクサー、パタゴニア、ネットフリックス、エアビーアンドビー、ザッポス、アリババ、ホールフーズという、それぞれの業界で独特なポジショニングを確保し、いろんな意味で並ぶもののない個性的なブランドを成立させている7社をとりあげて、その成功を支える 「エクストリームな(極端な、振り切れた)」 チームを考察しています。

この本に登場する会社は、ある意味で全部ブラックと言えるかも。
パタゴニアでは、アウトドアと環境保護への意識の高い系じゃなきゃ勤めていられない。
ホールフーズでは、働きぶりがチームの連帯責任でボーナスに響くので、お互いに厳しくチェックしあわなきゃならない。
アリババでは、プライベートも上司と部下で密接に交流をとりあい、お互いをニックネームで呼ばなきゃならない・・・。

どれもこれも、極端すぎて、合わない人には絶対に合わない。 でも、「この働き方がいい」 と思う人材が強力なチームとなって、商品や作品のクオリティという面でも、数字になる業績という面でも、会社に卓越した成果をもたらしていることも事実。自分にとっての相性さえぴったりなら、どんなに極端であろうと、そこが最高に居心地がよく存分に働ける職場となることも。

要するに、そのブランドにふさわしい企業文化と、その企業文化を本心から望む人材との組み合わせが、単なる普通の成功ではなく、エクストリームな成功につながりうる――というテーマで、7社をさまざまな切り口から紹介しています。どれも日本でも名の知れたブランドなので(アリババはなじみがない人が多いかもしれないけど)、それぞれのエピソードは面白く読んでもらえるのではないかと思います。

今年の4冊目、通算で39冊目。 パープルの題名が斜めになった表紙がカッコいいので、お見かけになったら手に取ってみてくださいまし。 あとがきも書いたし!




--------------
11/18の作業記録
 案件D:2枚訳す。
 案件E:資料読み。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-19 22:28 | 仕事のこと | Comments(0)

台湾の思い出 1日目後半と2日目。

e0078326_23592218.jpg
 『千と千尋の神隠し』のモデル、ということになっている、
九份(きゅうふん)の写真(友人撮影)。
雨がひどかったんだけど、
明かりがともり始めてからはそれなりに幻想的できれいだった。


…その他、1日目後半と2日目の記録など。

e0078326_23591537.jpeg
(1列目2枚)1日目の午後、台北から車で1時間の九份へ。雨をよけてなんとかもぐりこんだお茶屋さん。なんだか前日にAKBの人が来てたらしい。

(2列目2枚)1日目の夜ごはん。鼎泰豊のしょうろんぽーちゃんと小籠包。鼎泰豊はどこも長蛇の列だけど、中山の三越地下2Fにあるお店は比較的スムーズです。東京の鼎泰豊には行ったことがないので比べられないけど、やっぱりとてもおいしかった。

(3列目左)2日目、永康街で雑貨を買ったり服を買ったり。マンゴーの季節ではないのでかき氷やスムージーには挑戦せず、ZQG Tea & Iceというお茶屋さんで、烏龍茶のアイスクリーム食べた。烏龍茶っていうか、アールグレイみたい。


(3列目右)2日目、永康街の近くの東門市場で人込みをかき分けて、雅方福州魚丸というお店で魚丸団子入りのスープ。これ、中に挽肉も入っていて、じゅわーっと。シンプルな見た目から想像もつかない贅沢な味。スープが味が薄かったので「期待外れ?」と思ったんだけど、肉汁が出てからのことを計算してたみたい。4列目左は、市場で売られていたトリ・・・。


(4列目まんなか)中正紀念堂のなかの足つぼロード。試してみたけど、5メートルも歩けず。


(4列目右)永康街の天津葱抓餅で買った葱餅。葱を織り込んだパンケーキ(バジル入り)ってだけなんだけど、これが食べていてちっとも飽きない。



そんなわけで1空港泊1泊2日の旅は、ほぼ食べ物の記録のみ。そして鼎泰豊以外はB級オンリーだったけど、外れなくおいしかった。しばらくエア反芻して仕事するつもり。


【追記】 新しく開通した 「台北駅-桃園空港」 の直行電車が笑っちゃうほど楽だった。 桃園空港が成田、松山空港が羽田みたいな位置関係で、LCCはだいたい桃園に到着するのが多いんだけど、あの直通MRTを使うなら松山空港にこだわらなくていい。 特に台北地下街のYゾーンに近いエリアでホテルをとるなら、もう行きも帰りもMRTでいいと思う(深夜・早朝はバスしかないけれど)。

--------------
11/16の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件E:7枚訳す。

11/17の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件D:6枚訳す。

 案件E:11枚訳す。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-19 00:27 | 日々の記録 | Comments(0)

台湾の思い出 1日目前半

e0078326_19035604.jpeg

今回は、深夜に成田発、早朝というか深夜のうちに台湾の桃園空港に着いて、空港でちょっと仮眠して日の出ごろに市内に向かうという、アラフォーがやるにしちゃ少々無理のある弾丸スケジュールでした。

例によって、旅行記録をきちんと書いていくまめさがないので、自己満足的な写真コラージュですが。

(1列目左2枚) 赤峰街の 「世紀豆漿大王」 で、豆漿 (豆乳) の朝ごはん。

(2列目左) 朝ごはん2食め。「三元號」 の魯肉飯 (るーろーはん)。 営業時間だったけど貸し切り状態。2人で1つしか頼まない (たくさん種類を食べるために) 客にも親切にしてくれた。 これまで食べた中で魯肉飯はここが1番か2番目においしい。

(2列目左2番目) 昼ごはん1食め。 泊ったホテルに近い 「珍巧水餃」 で、水餃子とサンラータン。 普通なんだけど、それがおいしかったなぁ。

(2列目左3番目、3列目左)
迪化街。乾物をしこたま買った。

(3列目2・3番目) 初体験、台湾シャンプー@小林髪廊。 椅子に座ったままのシャンプーで、途中で髪を逆立てて遊んでくれる、という情報しか知らなくて、面白そうだから気軽に行ってみただけだったんだけど、これがもー至福というか天国というか、毎週通いたいほどすてきだった。 シャンプーというか、あれはヘッドスパ。 強めの指圧っぽいマッサージで、魂が口から出ちゃうかと思った。
そのあとすごくファンシーな巻き髪にセットしてくれて (しかも私の担当は韓流アイドルみたいな男の子で)、アラフォー女子はもう幸せの極みでした。

(4列目左・2番目) 昼ごはん2食め。福州世祖胡椒餅」 の胡椒餅。勝手に梅ヶ枝餅みたいなものを想像していたんだけど、肉まんに近い。揚げたてを買ったら、すごく熱い。 舌をやけどしてスカートにたっぷり肉汁こぼしながら、それでも食べ続けずにいられない。通りがかりの知らないおじさんに「好吃?(おいしい?)」と聞かれたので、好吃好吃」と連呼しながら食べた。次回はもうちょっと上手に食べる!

--------------
11/9の作業記録
 案件A:32枚訳す。
 案件E:2枚訳す。

11/10の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件E:資料読み。

11/11-12の作業記録
 案件G:原稿チェック。

11/13の作業記録
 案件E:13枚訳す。
 案件G:原稿チェック。

11/14の作業記録
 案件A:6枚訳す+6枚チェック。
 案件E:11枚訳す。
 案件G:原稿チェック。

11/15の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件E:原稿読み直し+資料読み。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-16 20:10 | 日々の記録 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
タグ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。

※タグとカテゴリ整理中。今はごっちゃになってます。
ライフログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by yumi_in_the_rye at 23:14
初めまして。ブログ拝見し..
by 岩田直子 at 19:19
> norikoukwさ..
by yumi_in_the_rye at 20:13
先日私も夕焼けがきれいだ..
by norikoukw at 17:36
> hamuneko7さ..
by yumi_in_the_rye at 21:00
ブログパーツ