still crazy after all these years



<   2017年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


昔話

しかかり中の本にネットフリックスの話が出て来る。

今みたいなオンラインストリーミングとオリジナルコンテンツビジネスが広がるずっと前、ネットフリックスはそもそもDVDを店舗レンタルじゃなくて郵送するというアイディアで市場を驚愕させたんじゃ・・・ところが在庫のDVD買ったり切手買ったりでキャッシュフローが回らなくって大量のリストラをせねばならなくなってな・・・

「へー、そうなんだ、おじいちゃん!昔は不便だったんだね!」

・・・という話を訳してるんだけど (祖父と孫の設定は私の妄想ですが)、そのくだりを訳すのに 『Web2.0ストラテジー』 という、とっても面白い本が重要な参考資料になってる。

2008年、私の3冊目。10年近く前の自分の本に助けられるってすごくない?

「へー、すごいね、おじいちゃん!鉛筆と原稿用紙で翻訳してたの?」
(この脳内孫がムカつくー。っていうかなんで性別が変わってるんだ)

--------------
8/26の作業記録
 案件A:15枚訳す

8/27の作業記録
 案件A:47枚チェック。
 案件H:12枚訳す。

8/28の作業記録
 案件A:7枚訳す。

 案件E:ゲラ見てる。
 案件H:13枚訳す+12枚チェック。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-29 23:03 | 記録 | Comments(4)

あいまいな話

1つ前の本を訳してたとき(9月に出るよ!)、Ghandi をずっと 「ガンジー」 と書いていたのだけれど、途中で 「ガンディー」 に変えることにして、WORDで一括置換をかけた。
で、見直ししてたら、いきなり 「ガンディーがらめ」 という言葉が出て来て度肝を抜かれた。
がんじがらめ。 WORDのあいまい置換のわからんちんめ。

先日まで訳してた本で(たぶん10月に出るよ!)、「ほか」 を全て平仮名に開いて書いていたのだけれど、途中で 「他」 でほぼ統一することに決めて、WORDで一括置換をかけた。
で、見直ししてたら、途中から 「他ス」 「他ス」 という言葉がいっぱい出て来て、このときは真剣にわからなくて頭をかかえた。

・・・まさかフォーカスまであいまい置換するとは思わなかったよ。 WORDのばかめ。
サイゼリアで食べるのは他チャか。


--------------
8/23の作業記録
 案件D:78枚チェック。

8/24の作業記録
 案件D:82枚チェック。

8/25の作業記録
 案件A:21枚訳す。

 案件D:380枚見直し。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-26 23:34 | 記録 | Comments(0)

初めての出版翻訳【調べもののタイミング】

続いてたの? 出版翻訳のスケジュールの話・第4回。 第1回第2回第3回
調べものはいつするのか、という話です。
例によって、こうすべきってわけじゃなく、私がこうしてますってだけの話ですが。

調べものには何種類かあり、それによって、「いつ時間をとるか」が変わってきます。
(1)本全体のテーマの基本的な理屈や背景情報
(2)本文中に出てきた情報に関すること【調べなければ進めないもの】
(3)本文中に出てきた情報に関すること【確認できればよいもの、裏付けをとっておくもの】
(4)その他、関連する資料
(5)ぼんやりした疑問

(1)本全体のテーマの基本的な理屈や背景情報

さすがに全く完全に知識ゼロ、なじみもゼロの分野の本を訳すことはない・・・はずだけど、それでも新しい本をやるときには多少手探りにならざるを得ないわけで。なので、まずは訳し始める前に、関連分野のごくごく初歩を説明している本に1、2冊目を通すことが多いです。

私の場合、ここは本当にかなり初歩のおさらいにとどめます。経済や政治なんかだったら、それこそ「高校生のための・・・」的なのとか。この時点で詳細な資料をがっつり読んでも、それほど頭に残らず、疲れちゃうだけなので(私だけかもしれないけど)、勧めません。
自分が何を知っておくべきなのか、この時点ではまだわかっていないことも多いので。

この段階では、翻訳書じゃなくて和書を読んでることも多いかも。


(2)本文中に出てきた情報に関すること【調べなければ進めないもの】


で、(1)で最低限の頭を作ったら、がしがし訳し始めるわけですが。
文法でつまづいたときは、わからない箇所にぶつかった時点で、すぐに。これは後回しにしてはダメです。
ファクトの根幹がわからないときは、焦っていても遠回りして、その場その場できっちりと調べます。
 そのファクトを自分の文章でまぁまぁ説明できるくらいまで。知らないで訳すと文章の焦点が合わなくなるので、ここは面倒がらずに。

つまりこの調べものにかかる時間は、1日の作業量ノルマの中に含まれています。調べものにかかる時間も含めて1日に10枚訳す、とか。
この時点では基本的にネットと、自分の手持ちの資料の範囲で、調べものをしています。


(3)本文中に出てきた情報に関すること【確認できればよいもの、裏付けをとっておくもの】

ただ、訳す作業はリズムやテンポもあるし、調べものに苦戦して訳出が止まるのは苦しいので、些末な調べもの(名前の読み方とか、数字の裏取りとか)は、検索1、2回で出てこなければ後回しにすることが多いです。

そういう「あとで確認できればよいもの(訳すときにはわからなくても大丈夫なもの)」とか、
先行文献からの引用とか、
(2)でネットと手持ち資料だけでは心もとない情報とか、
同じエピソードが他の本ではどう書かれているかとか、

そういうのは、章または本全体を訳し終わったところでまとめて調べにかかります。
それから、裏づけはクロスにしておきたい(ネット×書籍)ので、(2)でネットで調べたファクトについて、この時点で書籍でおさらい。
この頃には自分が何を知る必要があるのかだいぶわかってきているので、資料をがっつり読み込まなくても、目を通して大事なところを拾えるようになってることが多いです。

私の場合は全体がヨコからタテになったタイミングで、だいたい一度国会図書館か都立中央図書館に足を運んで、一日居座って資料をあさってきます。



(4)その他、関連する資料


あとは、直接的に参考文献にはならなそうでも、同じ分野、同じケーススタディ、同じ著者の本、文体や言葉選びの参考になりそうな本などは、特に「いつ」とは決めずに空き時間で読んでいます。
これは1日の仕事時間とノルマには含めず、移動中とか、寝る前とか。

前述のとおり、しばらく訳し始めてからであれば、そういう資料から何をピックアップできるか判断がつくようになっています。
逆に言えば、そうなってから読んだほうが情報の吸収率がいいので、(1)の調べものの段階であまり手を広げて資料を読み込みすぎないほうがいいかと(私の場合は)。

共通して注意するのは、読んだ資料はちゃんとコピー(紙コピーでもキャプチャでもデータでも)を残しておくこと。
紙コピーをとるなら、何の本からコピーしたかちゃんと書誌情報をメモっておくこと。
論文を書いてるわけではないので、翻訳者の参考文献リストを作るわけではないけれど、のちのち見つからなくなって困ることがないように、ちょっとの手間をかけておくといいと思います。


(5)ぼんやりした疑問

何を読めば答えがわかるのかわからなかったり、
何の情報が見つかればすっきりするかわからなかったり、
検索しようにも、検索ワードがうまく言葉にできなかったり、

そういう漠然とした疑問とか心配事は、とりあえず付箋にして、私の場合はパソコンと手帳とに貼っておいて、毎日なんとなくそれを眺めています。
この調べものができるのは、ぼんやりした雲が晴れてから。
いつ晴れるかわからないのが不安なところだけど、訳し終わる頃には糸口はつかめると信じて、とりあえずの処置です。
自分がそれを疑問に思っていることを忘れないでおくのが大事だと思うので。



・・・せっかく「調べものはいつしますか」とお題をいただいたので、何か有益なことを書けたらと思ったのだけれど・・・特に何もありませんでした、すみません。こんな感じ。
あ、あと結構大事なアドバイスとしては、ネットでの調べものは画像検索と動画検索を活用しようよ、ということかも。そして、動画検索したらYouTubeの沼にはまらないように注意せよ、ですかね。


--------------
8/21の作業記録
 案件D:60枚チェック。
 案件F:ゲラ見てる。

8/22の作業記録
 案件A:6枚訳す+6枚チェック。
 案件F:79枚チェック。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-23 22:40 | 記録 | Comments(2)

いただきもの

e0078326_08410662.jpg



ぶつくさと忙し自慢をしていた私に、心やさしき同業姐がおいしいものをくださった。 どれくらいおいしいかって、写真撮る前にクッキーがかなり減ってしまうほど。 ありがとうございます。

--------------
8/20の作業記録
案件Fゲラ見てる。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-21 08:34 | 記録 | Comments(2)

自画自賛

えーと、たぶん、もろもろ一山越えました。
work in progressの1冊が全てヨコからタテになったので、これの達成感が (まだ終わりじゃないけど) 大きい。
病院付き添い案件のほうも、肩の荷を少し降ろせた感じ。 腹ふくるる部分もあるけど、これは呑みこむつもり。

なんだかんだで7月・8月はイベントも多かったけど、打ち合わせの類はきちんと出向いた。 勉強会も欠かさず出た。 合間で何人か会いたい人に会う機会も作れたし、飲みの誘いも全て断ってたわけじゃない。 梅干しだってちゃんと作った。
新規の仕事はさすがに軒並み断ったし、いくつかの仕事が遅れ気味なのは否めないけど、一応何も取りこぼしていない。 ひどくなってた肩こりと貧血も立て直せてると思う。

えらい、私。
と自分で言っておく。

といっても暇になったわけじゃないので、まだ頑張ります。
心配してくださったみなさま、ありがとう。


・・・ていうかマジな話、私の皿回しの腕前 (=仕事とプライベートの用事を何件も同時進行でさばく腕)、数年前より確実にアップしてると思う。 すごくない? ねぇねぇすごくない?(←自分で言わなきゃね、という話)
--------------
8/15の作業記録
 案件D:17枚訳す+41枚チェック。

8/16の作業記録
 案件A:24枚訳す。
 案件D:10枚訳す。


8/17の作業記録
 案件A:24枚訳す。 案件A:29枚訳す。
 案件D:2枚訳す。


8/18の作業記録
 案件A:23枚チェック。


8/19の作業記録
 案件A:29枚チェック。

 案件D:2枚訳す。 案件D:36枚チェック。
 案件D:2枚訳す。 案件G:17枚チェック。
 案件D:2枚訳す。8/13の作業記録 案件A:38枚チェック。-------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-20 11:15 | 記録 | Comments(2)

あと少し、が

できたー
えらいー
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-17 00:26 | Comments(2)

あと少しのはず

あとちょっとのところまで来た原稿が、急にスランプになってきた・・・。
苦しいよー。


--------------
8/10の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件C:2件添削。

 案件D:10枚訳す。

8/11の作業記録
 案件D:12枚訳す。

8/12の作業記録
 案件F:ゲラ見てる。

8/13の作業記録
 案件A:38枚チェック。

8/14の作業記録
 案件D:9枚訳す+20枚チェック。

8/13の作業記録 案件A:38枚チェック。-------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-15 20:09 | 記録 | Comments(0)

初めての出版翻訳【時間割の立て方・2】

連載になったの? 出版翻訳のスケジュールの話・第3回。 第1回第2回
いや、もうたいして書くことはないんですけど、なんとなく。

「時間割」 と言うからには、1コマ(1時限) は何分なのか、という問題がでてきます。
(ちなみに私の行っていた大学は75分×6限だった。 6限目の授業の出席率の低さったら。 一度、10数人いるはずの授業で先生と一対一になったことがある・・・)

その際に考えたいのは、自分は仕事の時間をクロックタイムでとらえるのか、イベントタイムでとらえるのか、という点です。
 クロックタイムは、一般的な時計で計る時間のこと。
   たとえば10時から15時まで仕事をします、とか。
   今日は5時間仕事をします、とか。
 イベントタイムは、何らかの物事が起きている間や、物事が完成するまでなど、できごとの区切りで計る時間のこと。
   2000ワード進むまでやります、4000字訳すまでやります、とか。
(この概念は、『すべては「先送り」でうまくいく』という、とっても面白い本で勉強したんだけど)

私は明らかにイベントタイムでとらえるタイプです。 今日4000字やると決めたら、何時間かかっても、そこまでやる。
(外出の予定があれば、当然クロックタイムも視野に入れるけれど)。
なので、時間割の1コマが何分になるかは決めていません。 欠点として、だらだら時間をかけてしまう危険性があるけれど、私の場合はこれで進めたほうが安心感があるので。

時間の把握の仕方って、案外と人によって違うものらしいです。 特に就業時間の決まっていないフリーランスは、自分がどっちのタイプで作業するのが性に合っているのか、一度考えてみると何かの目安になるかもしれません。 まー参考までにね。


--------------
8/9の作業記録
 案件A:22枚訳す。
 案件D:6枚訳す。

-------------------------------------------------------





[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-10 07:29 | 記録 | Comments(5)

いただきもの

e0078326_19312503.jpg

近所で畑をお持ちの同業大先輩に厚かましくもおねだりをして、夏野菜をたくさんいただいてきた。
食べ物は地産地消が一番おいしくて経済的、という文脈の話を訳してたばかりなので、感慨もひとしお。
空心菜とモロヘイヤはもうその日のうちにぺろり。 ゴーヤはたぶん週末にチャンプルーに。 ありがとうございます。



・・・もろもろの用事が山場になってきた。病院通い案件を含め、ここを乗り越えればたぶん少し楽になる。多少は無理をするつもりでいるけど、睡眠と食事はちゃんととれているので、まだ走れると思う。がんばります。って自分にハッパをかけておく。

--------------
8/7の作業記録
 案件E:ゲラ見る。

8/8の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件D:12枚訳す。

-------------------------------------------------------



[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-09 19:30 | 記録 | Comments(0)

ひっそり募集中

フェローアカデミーで秋から通信講座をもたせてもらうことになってるのですが(前からやっているマスターコースの6期目)
8月1日から募集を開始したのですが、発表した課題のテキストに文字欠けがありました。
訂正して再掲してもらっています。
気づいてくださった方、ごめんなさい、ありがとうございます!

私の力不足で、あんまり大勢を担当させていただくことができないため、選抜制になりますが、始まったら心をこめて原稿を拝見します。ので、興味があったらぜひ、半年おつきあいくださいまし。


※コースに関する質問はここではお受けできないので、事務局経由でお願いします。
--------------
8/5の作業記録
 案件A:4枚訳す+37枚チェック。

8/6の作業記録
 案件C:添削1件。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-07 23:02 | 記録 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:19
T社Oさま: ご連絡を..
by yumi_in_the_rye at 19:18
なーるほど。普段自分が言..
by しゅうすけ at 18:55
> 小桜さん ありがと..
by yumi_in_the_rye at 13:07
おめでとうございます! ..
by 小桜 at 10:05
ブログパーツ