still crazy after all these years



<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


月に住む(2)

月の土地持ちになったよ、の話の続き。


取引先のパーティの景品で月の土地をもらう権利が当たったとき、景品なんてめったに当たらない私が興奮して、思わず隣にいた女性に言った台詞が、これ。

「わー、私、星を継ぐ者になっちゃった。 優しい巨人がいるかな。 いや、月だから無慈悲な女王ですねー。 とりあえず星へ行く船に乗らなくちゃ。 あゆみじゃなくてゆみだけど石とおしゃべりできますかねー」

・・・もちろん、だいぶ年下の女性にはきょとんとされまして。

わりとお酒が入っていたんだけど、まさか、図書館に入り浸ってSF小説を読んでた中学生の自分がこんなところで飛び出してくるとは、我ながらびっくりした。

そうそう、当時もSFに興味ない同級生にこういうこと一方的に言って、オタク扱いされてたんだよねー(遠い目)。 そして今もこんなブログの書き方してるあたり、あんまり進歩ないよねー。



******
ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』『ガニメデの優しい巨人
ロバート・A・ハインライン『月は無慈悲な夜の女王

新井素子『星へ行く船』シリーズ 主人公の名前があゆみ。石とお喋りしに行くのが最後の展開。
******

--------------
3/29の作業記録
 案件A:18枚訳す。
 案件E:17枚訳す。

3/30の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件E:48枚チェック。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-31 21:58 | Comments(2)

月に住む

土地を手に入れました。月の。
e0078326_20145695.jpg
月の土地って売り物なんだって。
去年、卓球の福原愛ちゃんが旦那さんに月の土地をプレゼントしたのが話題になったので、私もそれで初めて知ったんだけど。

私の場合は買ったんじゃなくて、少し前に取引先のパーティに入れていただいたときに、景品で当たってしまった。部外者なのに申し訳ないと思いつつありがたく権利をいただいて、申請してもらって、それで届いたのがこの写真の「権利証明書」。ダルマがいるあたりに、私の土地がある。

自分ちだから別荘建ててもお城を建ててもいい。で、どうやってそのお城に行こうか(笑)
岩城滉一に頼めばいいのかな。

仕事部屋をそっちにしておけば、外界とシャットアウトされて、はかどるかな・・・と思ったけど、外界と接触してないのは今も充分同じかも・・・。


--------------
3/28の作業記録
 案件A:19枚訳す。
 案件E:18枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-29 20:18 | 記録 | Comments(0)

翻訳は誰の何稼ぎ

なかなか読み応えのある記事が、ハフィントンポストに。
こういうの、生産性のない愚痴になりやすいので、整理した文章で書いてくださる方がいるのはありがたい。


だけどさ、この手の話題に、男性か女性か、主婦か独身か、子どもいるかいないか、というキーワードが入ってくると、とたんにすごく話が厄介になると思う・・・。 広く同じ立場だと思って話をしていても、その区分けの1個が違ってることで、とつぜん共闘や共感の絆がぶちっと切れたり切られたりすることもあるしなぁ(いや、別に敵とか味方とか戦うとかそういう話じゃないので、これは言葉のあやだけど)

それにしても、9年間で44冊ってすごい。この方がここで言いたいことはそれじゃないとわかったうえでだけど、私もがんばらなくちゃと思った。



--------------
3/27の作業記録
 案件C:1件添削。
 案件E:18枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-28 14:43 | 記録 | Comments(0)

しまった

あー、ひさびさに未払い1件発生してしまった・・・。
そのクライアントの仕事自体が久しぶりだったので、うっかりしてた私が悪い。

別にもめなくても、催促したり確認したりのプロセスはちょっとだけエネルギーを消耗する。気をつけなくちゃ。そして今回もスムーズに回収できますように。

---------- 
3/25の作業記録
 案件A:22枚訳す。

3/26の作業記録
 案件F:147枚チェック
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-27 21:51 | 記録 | Comments(0)

迷ったら

キーボードの安物買いを反省して、商売道具はちゃんとしたのにしなきゃダメだと考え、マイクロソフトの人間工学設計のキーボード購入を検討していたんですが。

そのまま買って帰る勢いヨドバシまで実機を触りにいったら・・・これが、思ったほどよくなかった。 いや、キーボードが悪いのではなくて、どうも私の手には大きすぎるみたいで。 扇形になった特徴的な形状で、少し叩いてみたけれど、うまく指が届かない箇所が多く、使いこなせる自信がない(マイクロソフトのキーボードは正しいブラインドタッチを習得している人向け、というレビューをあちこちで見かけたので、そのせいかも。 『北斗の拳』 でだいぶ練習したけど、元来のいい加減な性格のせいか、正しいタイピングは身に着かなかった)。 パームレストはとても心地がよいので捨てがたいけれど、これは選択肢から外そうと思い始めた。

そこへ友達からメールで、「物書きのキーボードは東プレ! 東プレだよ! 東プレだよ!東プレ!」 と、回し者としか思えない熱いプッシュが。
ちょうど同じタイミングで、同業者のKnさんも使ってると聞いて。

いやー、だって2万オーバーだよ。 下手したら3万いくよ。2000円のキーボードにお菓子を食べこぼしてた私には冗談みたいな商品なんですけど。

そう思いつつ、半分冷やかしで、こっちも実機を触ってみた。

・・・。

・・・・・・。


e0078326_16450334.jpg

買っちゃった。東プレReal Force

ちょうど同じくらいの金額になる単発案件が飛び込んできたので、「なるほど、買えということね」 と思って (←この言い訳を使いすぎる)

そして、すごい快適。 いくつかキーの位置がこれまでのと違うので、今はまだミスタッチが多いのだけれど (Deleteとか十字キーの場所が違う) これはそのうち慣れると思う。 そして指触りが本当に心地いい。軽く、負担なく、でも程よい手ごたえがあって、何のストレスも感じない。

高い買い物をしたと思わないですむように、これでたくさん仕事をしていこうと思う。 そしてキーボードの上でお菓子は食べないことを誓います。


---------- 
3/22の作業記録
 案件A:17枚訳す。
 案件E:12枚訳す。

3/23の作業記録
 案件A:3枚訳す。
 案件C:添削1件。
 案件E:12枚訳す

3/24の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件E:14枚訳す
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-25 17:28 | Comments(0)

たぶんお勧め

これ、たぶん、きっと、すごくお勧め。
特に、これから (いずれ) 本の翻訳に携わる方に。

他人のゲラを見せてもらう機会は基本的にないので、ゲラは何をどうしたらいいか最初は本当にわからなかった。 で、テキスト買ったり、編集者さんが入れてくれた赤を見たりしながら、少しずつ手探りするしかないわけで。
まぁゲラも色々なので、常に考えながらやるしかないのだけれど、こういう校正のプロによる展示の機会は貴重だと思う。 時間と距離に都合のつく翻訳者の方は、行ってみるといいんじゃないかしら。 私も行けたら行こうかと思って(でも、時間的に無理かも・・・いろいろせっぱつまり気味のため・・・)

昨年、この鴎来堂さんが開催された校正の1日講座に参加して、それが私にとってすごくすごくためになった。 原稿をどう見るか、自分のやり方を確認できたり、プロの姿勢に感銘を受けたり。 そのわりに私のゲラ赤入れは、いまだに編集者さんに手間をかけさせてばかりなのだけれど。
翻訳は訳すだけじゃないので (むしろゲラは大事) 知っておいて損はないです。

ちなみに私が手元に置いて重宝してるのはこれ↓


---------- 
3/20の作業記録
 案件C:添削1件。
 案件F:全体読み直し。
 案件G:10枚訳す。

3/21の作業記録
 案件E:見直し50枚くらい+13枚訳す。
 案件F:後半読み直し。
 案件G:10枚チェック
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-22 20:48 | 記録 | Comments(0)

スカイプランターのスタメン入りか

エキサイトブログで、コメントが入らない障害が発生しているみたい。
ここ数日にコメントを入れようとした方が、もしいたとしたら、すみません。
たぶん今は大丈夫。-
---------------------------------------------------------------

スカイプランター。これ、ちょっと見事じゃない?
葉牡丹の茎は結構しっかりしてるのに。

e0078326_15385156.jpg
そして「花かんざし」は、今もこんなに元気で、枯れる様子がない。
花がらも全然落ちない。
e0078326_15385176.jpg

真下から見上げるとこんな感じ。
e0078326_15385224.jpg
---------- 
3/17の作業記録
 案件A:13枚訳す
 案件F:28枚訳す。

3/18の作業記録:勉強会。

3/19の作業記録
 案件F:30枚訳す。

-------------------------------------------------------


[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-20 15:38 | スカイプランター | Comments(0)

安物買ったら

パソコンのキーボードがだいぶ汚れて、文字も消えて打ちにくくなってきたので、買い替えたのが1週間ほど前。 今度はワイヤレスにしたいということ以外、特にこだわりがなかったので、ネットでさくっときれいめなのを注文した。

とーこーろーがー、これが大失敗で。
これまでキーボードの違いをあんまり重視してなかったんだけど――それより行儀の悪い私はお菓子の食べこぼしをするので、むしろ安いのを買って短期間で買い替えていくのが得策だと思ってた――それにしても、合わないキーボードがこんなに疲れるものだとは知らなかった。

そもそも微妙に初期不良なのか、エンターキーの戻りが悪いのが致命的。
あとは、どこがどう悪いとうまく言えないのだけれど、微妙な指ざわりの悪さがすごく心もとない感じで、結果的に肩が凝る。

慣れの問題かと思って、数日だましだまし使ってたんだけど、さっき指をつった。 もーダメ。
買い替えなくちゃ。

この際、安物買いへの反省をこめて、きっちりちゃんとしたのを買おうと思うんだけど、気になってるのはマイクロソフトの新製品のこれか↓

もしくは、同じくマイクロソフトの型落ちのこっちか↓




新しいほうは、見た目が美しくて、無線であるところがいいのだけれど、
アイソレーション式でキーが薄いのがちょっと気になる。
今回の失敗キーボードも、多分薄さが打ちにくい一因なので。

型落ちのほうは、だいぶ安いし、キーがしっかりしているのがありがたい。
だけどかなりかさばる印象だし、有線だし、何より黒はできれば避けたい(デスク周りの統一感として)。

どうしようー・・・。
東プレのキーボードもいいと聞いているけれど、前述のとおり安いキーボードでずっと買い替えてきた身としては、それを反省するとはいえ、さすがに2万円超えには腰が引けてしまう。

とりあえず、食べこぼしの汚れがついた旧キーボードに戻して仕事をしつつ、早急に決断をしようと思っているところ。出来れば本物を触ってからのほうがいいよね。

---------- 
3/14の作業記録
 案件A:8枚訳す
 案件F:28枚訳す。

3/15の作業記録
 案件A:8枚訳す+16枚チェック。

 案件F:33枚訳す。

3/16の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件F:31枚訳す。

-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-17 20:23 | 記録 | Comments(0)

だから使っていい、わけではない

還付金の振込通知がきたー。
昨年は年収が低くて、ここ6年で最低だったのだけれど、もろもろの対策が奏功して還付金は7年前よりかなり多い。なんだかあぶく銭に見えてあぶない・・・。

---------- 
3/11の作業記録
 案件A:46枚チェック
 案件B:新しいリーディング。

3/12の作業記録
 案件B:読んでる。

 案件C:添削1件。

3/13の作業記録
 案件B:シノプシス作成。

-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-14 23:51 | 記録 | Comments(0)

濃縮還元の赤い本

e0078326_23071875.jpg


新しい本、出ました。

アメリカの初代財務長官アレグザンダー・ハミルトンから、アイゼンハワー、2人のルーズヴェルト、リンカーンといった大統領たちのもと、アメリカでいかに政府主導の実利的経済設計がなされてきたか。そして20世紀終盤以降はいかにその実利的経済設計に失敗してきたか。アメリカの歴史と、そのアメリカへのキャッチアップを目指した中国や日本の戦略を、一気に疾走するかのごとき勢いで振り返り、この先への提言ーーとてもシンプルな、しかし実行は難しいかもしれない――を打ち出す1冊。

訳しがいがあったのはもちろん、この赤い表紙も個人的にすごく好みで、完成したのがとてもとても嬉しい。今年の1冊目、通算で36冊目。お見かけになったらどうぞ手に取ってみてください。


[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-03-12 23:07 | 訳した本 | Comments(4)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
「すごい」の強要に応じて..
by yumi_in_the_rye at 16:09
ほんとうに、すごいです。..
by まちゃこ at 14:55
> SKomoriさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:57
遅ればせながら…大変貴重..
by SKomori at 18:13
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 07:38
ブログパーツ