still crazy after all these years



<   2015年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧


新マシン、もうすぐ来る

メインのパソコンがやっぱり挙動不審・・・。
やたら遅かったり、ファイルを開くのに失敗したりするのに加えて、スリープモードにしたら電源が切れたり、電源を落としたら再起動したり、なんだかもうろくしてきたみたい。

私は貧乏性だから、本当のところ、まだ完全に壊れてはいないものを買い替えるのは心理的にかなり抵抗がある。 でも、突然仕事を中断するはめになるのは怖いので、観念して先に買っておくことにした (←当たり前の判断)。 主に予算的な都合から今回もDELL。 だけど今回はノート。 モニターは今のものがまだ使えるので、つないでデュアルにしようと思うんだけど、うまくいくかな。

ノートを選んだもう1つの理由は、今の机の配置だと地震のときに倒れる可能性がなきにしもあらずなので、タワー型のデスクトップパソコンじゃないほうがいいかも、と。 揺れ対策はしてるから、最近の強い地震でも倒れはしなかったけれど。
逆にいえば、パソコンが倒れるくらいで済むならそれはそれでいいのかも。 購入したDELLが到着するまで、そして到着してからも、いろんな意味で平穏な生活が続けばいいのだけれど。


--------------
5/30の作業記録
 案件A:9枚訳す+72枚チェック。くたびれたわけだ。 
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-31 19:21 | 記録 | Comments(0)

世界はそれを愛と呼んだり呼ばなかったりするんだぜ

先日まで訳していた本の中に「人は映画に未知と既知を求める」 という表現があって、訳しながらそうだよなぁと思った。 見たこともない映像、体験したことのない世界を見せてほしいと望みつつ、そこに 「ああ、この感情は知っている」 という共感を求める。人は映画をそうやって楽しむものだ。 まぁ映画に限らずだけど。
で、『インターステラー』 を観たときの感覚は、まさにそれだったな、と。

時間と空間の 「先」 があんなふうにつながっている様子は、確かに今までの映画では観たことのない未知の映像だった。 その一方で、あれは確かに私にとって既知だった。 中学校や高校の図書館でさんざんのめりこんだSF小説で、さんざんなじんだ世界だったから。 日本で1人挙げるとすれば私にとっては新井素子で、外国ではP・K・ディック、いやブラッドベリか、ハインラインかな。

だから、『インターステラー』 を観たとき、むしろ 「ああ、ようやく追いついてきたんだな」 という感想のほうが強かったかもしれない。

あの映画は「結局、愛の話にしちゃうのが幻滅」 という感想をよく聞くけれど、私はそうじゃないと思っている。 あの話は、「人は名付け得ぬものに何か名前をつけようとせずにいられない。 それにたどりついてしまうことを恐れながら、求めに行かずにはいられない」 という話じゃないだろうか、と。
名付け得ぬものを愛と呼ぶか。 科学と呼ぶか。 絶望と呼ぶか。 時間と呼ぶか。それはまったく違うように見えて、実は大きなひとつのことにすぎないのかもしれない。アン・ハサウェイ演じるアメリアが最初のワープで触れた 「何か」、彼女が愛と呼んだそれが、主人公親子にとっての真実であり、知力と科学を尽くして追求していた成果でもあったという一点に、それは象徴されていると思う。 そもそもこの映画は最初から <ネタバレ→> 希望と呼びたいものを科学にすりかえ、その妄想を守るというのが目的であったのに、それこそが真実につながってくる<←> という話なのだし。

なんと名をつけていいかわからないから、人はそれをひとまず知っている言葉で呼ぶ。 その名前もわからぬ未知のものは決して手に入れられない (手に入れた途端にそれは既知という別のものに変質するから) ので、「追いかける、求めに行く」 というプロセスを続けずにはいられない。

愛と呼ぶものと理性と呼ぶものと、宗教と科学と、芸術と数学とは、結局のところは同じ1つの名付け得ぬものを 「どう呼んで、どう求めていくか」 というだけの違いじゃないだろうか。

この感想すらも私にとってはきっと既知の感想だ。 映画 『コンタクト』 を観たときも、『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 や 『ビューティフルマインド』 を観たときも似たようなことを、けれどそのたびごとに新鮮に考えたような気がする。 それらの対極にあると言えそうな 『17歳のカルテ』 や 『シルヴィア』 (どちらも映画、本ともに) でも。

ぶっちゃけ、英語のLOVEはかなりおおざっぱでいい加減な言葉だなぁと思っているのだけれど、それは 「よくわからないもの」 を意味的にもメタ的にも的確に表しているんじゃないか、という気がする。

サンボマスターが 「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」 というときも、
中島みゆきが「それは愛ではない」というときも、
まったく正反対のことを言っているようで、奥底ではきっとまったく同じことを指しているんだぜ。






・・・ちなみに、これはとても微妙な話で説明しづらいのだけれど、翻訳ではごくまれに「正反対に訳したほうが同じ意味になる」というときがある。原文が間違っているとか日本語で意訳するとかいう問題ではなく。
大きく見たときの真実は、実に多彩な顔をもつことがある。そういうのに出会えるのもこの仕事の面白さの1つ。
--------------
5/29の作業記録
 案件A:13枚訳す。
 案件K:8枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-30 11:55 | 観た映画 | Comments(0)

プチエトランゼ

e0078326_2025589.jpg半蔵門線で大手町まで行って、
丸の内線に乗り換えて東京駅に行こうとするとき、

←このサインで、

1番線:銀座、新宿、荻窪方面
2番線:後楽園、池袋方面


の、どっちに東京駅が入っているのか、いつもわからなくてまごまごする。

・・・外国に旅行なんか行かなくても異邦人気分を満喫できて私はお得だなぁ。


--------------
5/28の作業記録
 案件D:7枚チェック。
 案件K:資料読み。
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-29 20:02 | 記録 | Comments(0)

ビート・ジェネレーションにはなれなくても

今月末で期限を迎えるJALマイルが使えなかったので、とりあえずe-JALポイントに交換。
去年韓国で買いこんできた化粧品も、香港で買いこんできたお茶も、もう使い尽くしてなくなった。
あああ、旅に出たい旅に出たい旅に出たい。

先日、ワインバーで隣り合わせた異国の人に話しかけられ、本音は少々メンドくさかった私の 「あなたはどこから来たのですか」 と 「今までにいくつの国に行ったことがありますか」 という中1英語 + 中3英語の2フレーズから、思いのほか会話が盛り上がってあちこちの旅行体験を聞きあう、という展開になった。 正確には聞きあうというより、ほぼ一方的に私が知らない土地の話をたくさん聞いて、しばらく眠っていた旅心に火がついたというわけ。 世界遺産の数々なんて、一生に一度でも行くチャンスがあるかどうか怪しいけれど、とにかくどこかに行きたくてたまらない。

職業は何?と聞かれて、まぁ物書きみたいなものだと少しぼかしたら、「だったら1年くらい旅に出なきゃ」って。 too old to get On The Road (中3英語) と返事をしたら、not too late だってさ。
そんなこといったって、旅に出れば自分が変わるかもと思う時期はもうとっくの昔に過ぎてしまったよ・・・。単に旅行を楽しめばいいと思えるようになった今のほうが、もしかしたら吸収の度合いは少ないかもしれないけど、気持ちとしてはやっぱ楽だ。

そういうわけで、とりあえず今は色々と旅計画を妄想中。
妄想を含め計画を立てるのも旅行の楽しみの1つだしね。


--------------
5/27の作業記録
 案件A:6枚訳す。
 案件D:7枚訳す。
 案件K:6枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-28 22:07 | 記録 | Comments(0)

いただきものをすること

e0078326_15554564.jpg結婚祝いで美しいプリザーブド・フラワーをいただいた。

私の好きな色合いをわかって選んでくださったんだと思う。とても嬉しい。





数年前に引越祝いでもらったプリザーブド・フラワーも、当然ながら今もとてもきれい。 何らかの不測の事態がない限り、仮に引っ越しても、どちらもきっと一生飾り続けると思う。 「長くもつ」 って本当に嬉しい。

・・・なんか、ものをもらうことが大事だと思っているわけではもちろんないのだけれど、結婚関連でいろんな方からいただいたものがどれもすべてすごく素敵で、しまいこまずに飾るか使うか、あるいは惜しいくらい味わって食べるかできるもので。
こういうの、本当にありがたいことだよなぁ、と改めてしみじみした。


--------------
5/26の作業記録
 案件A:27枚訳す。
 案件K:11枚訳す。
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-27 15:55 | 記録 | Comments(2)

ストレステスト

昨日の結構な地震のときに、うんともすんとも言わなかった地震予報アプリの入れ替えを検討中・・・。

--------------
5/25の作業記録
 案件C:添削3本+原稿作成。

--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-26 09:52 | 記録 | Comments(0)

つまらない業績

今朝、いつにもましてぼんやりしていたら、今まさに仕事で関連のある人物の訃報が飛び込んできて目が覚めた。
 →数学者ジョン・ナッシュ事故死

私は彼のことを映画 『ビューティフル・マインド』 で先に知ったせいで、すっかりラッシーの顔で思い浮かべる癖がついてしまっていたのだけれど、本人のきまじめそうな顔も好きだった。 86歳で、だけどまだ現役研究者なのに、事故なんて。


もーのーすーごーく強引に私との接点を作るなら、彼がいなければ、私が今訳してる本も存在しなかった。 本人が 「最もつまらない業績」 と読んだナッシュ均衡に、私は四苦八苦の青息吐息だけど、ちゃんとがんばる。
--------------
5/23の作業記録
 案件J:4枚訳す。

5/24の作業記録
 案件A:6枚訳す。
 案件G:12枚チェック。
 案件J:12枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-25 22:04 | 記録 | Comments(0)

錯覚

e0078326_10455927.jpg

ひさびさにリア充ごっこで、レーズン入りバターケーキ。

先日、柳宗理の美しいボウルをもらった。
それで泡立てているといかにも本格的で、すごく素敵なケーキができるような気がしたのに、仕上がりは普通。というかやや固め・・・。レシピ通りのしたつもりだったんだけど(←そもそも腕の問題)。



--------------
5/21の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件C:2件添削。
 案件K:10枚訳す。

5/22の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件C:3件添削。
 案件G:12枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-23 10:45 | 記録 | Comments(0)

ただの空目

孔子の名前は、英語では Confucius と表記される。
そう書かれると、なんとなく、めちゃめちゃまごまごしまくる頼りない人物に思えてならないんですけど・・・40歳で不惑と言うまで、どんだけ人生に惑ったんだ。

そしてコンフュージョンな孔子は途方に暮れる。(←わかりにくいジョーク

--------------
5/20の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件C:2件添削。
 案件J:5枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-21 22:23 | 記録 | Comments(2)

裏切り

オレンジジュースにしようか、アップルジュースにしようか、というのを (ということすら) 決められずに店内で棒立ちになったまま悩んで、悩んで、悩みぬいて、さんざん逡巡したあげく、ようやく 「ビタミンCをとったほうがいいし、オレンジにしよう!」 という結論が出た。

ようやく心が決まったことで晴れ晴れとした気分で、オレンジジュースに手を伸ばしたとき、それまで眼中に入っていなかったグレープフルーツジュースが目に入った。

あ、もしかしてビタミンとるならグレープフルーツのほうがいいんじゃ?と思い、オレンジジュースのパックをつかみかけるコンマ1秒手前でグレープフルーツジュースをつかんだ。

そのままレジに行って、お金を払って、ごきげんで家に帰る。

帰る途中で、長考の末の最後のコンマ1秒の心変わりのことが、きれいさっぱり頭から抜け落ちる。

自宅で仕事して、しばらくしてから、「そうだ、さっき買ってきたオレンジジュース飲もう♪」 とキッチンに向かう。 今日は暑いし、頭使ったから少し甘いものが飲みたいし、オレンジジュース買っておいてよかったなぁ、とうきうきしながらコップに注ぐ。

・・・オレンジジュースだと信じ込んで飲んだグレープフルーツジュースは、 「アイスコーヒーだと思ったらめんつゆ」 に勝るとも劣らない破壊力があると知った。


--------------
5/18の作業記録
 案件A:22枚訳す。
案件J:6枚訳す。
 案件K:11枚訳す。

5/19の作業記録
 案件A:10枚訳す。
案件J:11枚訳す+資料読み。
 案件K:1枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-05-20 14:12 | 記録 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
>小桜さん わー、..
by yumi_in_the_rye at 10:19
こんにちは。 中国語の..
by 小桜 at 22:47
クラウドがあれば、ひとま..
by yumi_in_the_rye at 13:23
iPhoneでEvern..
by Natsume at 12:10
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 00:19
ブログパーツ