still crazy after all these years



<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


待つべき理由

もう少しだけ 『すべては「先送り」でうまくいく 意思決定とタイミングの科学』 の説明を。 

現代生活の急速なペースに押されて、ほとんどの人が多くの場面で性急すぎる判断をしている。 たしかに適切なタイミングを図ることは難しく、その難しさは増す一方なのだが、今の私たちはタイミングについて考えられているとは言えない。 考える時間がないか、あるいは時間をとって考えることができないのだ。 周囲を取り巻くテクノロジーに流されて、人間の行動はスピードアップしている。 職場でも自宅でも、毎日追い立てられるような気分を味わっている。 その反面、タイミングを絶妙に駆使する人がいるのも事実だ。 彼らは、たとえひどくプレッシャーを感じる意思決定の場面にあったとしても、必要なら最大限の先送りもを厭わない。 まるで時間を自在に遅らせているように見えることもある。 優れた意思決定をする人にとって、時間とはメトロノームや電波時計が示すよりも、もっとフレキシブルに進むものなのだ。

その道の一流のエキスパートならば、超高速で反応している最中にも、たとえコンマ1秒であろうと一時停止や中断をするべきタイミングを直感的に察する。 反対に長めの時間をとるべき場面にも、それがわかる。 ジョークを効かせるにはどのタイミングで数秒の間を置けばいいか。 他人をジャッジする際はどのタイミングまでじっくり待つべきか。 それは勘や直感の理解であると同時に、分析的思考でもある。

先送りのマネジメント。 それは、アートとサイエンスの両方がかかわる領域なのだ。

グラッドウェルの 『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 や、ダニエル・カーネマンの素晴らしい著書(訳も!) 『ファスト&スロー  あなたの意思はどのように決まるか?』 ・・・・・・に興味がある方なら、きっと面白く読んでもらえると思います(実際、この2冊を本文中で引き合いに出しています)

個人的には、この本の中で2箇所、久々に 「降りてきた」 感じの訳を作れたので、大変に満足でありました。 それから上記の2冊を含め、素晴らしい内容と素晴らしい訳の先行文献の数々に支えられて、優れた本の価値を心から実感した作業でもありました。

表紙も中身のレイアウトもとてもきれい。どうぞ、書店でお見かけになったら、めくってみてやってくださいまし。


--------------
3/29と30の作業記録
 案件J:ゲラ見てる。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-03-31 15:08 | 訳した本 | Comments(0)

しばし待て

e0078326_9221675.jpg


本日発売です。『すべては「先送り」でうまくいく 意思決定とタイミングの科学』。 思わず普段より大きめの画像で出しちゃう。

物事をぐずぐず先送りしてはいけない、優柔不断で決めるのが遅いと人生は損をする、素早く決断して素早く行動をするのが成功のカギだ――という論調の本が市場にあふれる中で、この本があえて 「先送りしたほうがいい、決めるのはぎりぎりまで待ったほうがいい」 と主張するのは、それが本当に正しい判断をするための最善の道だから。 早くしなきゃ、早く決めなきゃと思うことで――むしろ怖いのは、無意識のうちにそう思いこんでいることで――現代人は知らず知らずのうちに選択を誤っているのではないか。 スポーツでも、金融取引でも、ジャーナリズムでも、デートでも、あるいは国民の幸せや環境問題を考えるにあたっても、私たちはもっと待たなければならない。 0.1秒以下でも、500年先の話でも、ぎりぎりまで待ったほうがいい。

人間の脳と心の仕組みにさまざまな角度から光をあてて、先送りすべき理由を語り尽くす。
ひとことで言ってしまえば、すっごく面白いです、この本。

そして、原書のラブラドール・レトリバーから、訳書ではダルメシアンになった表紙がかわいい。 この犬と、原題である 『WAIT』 は、ちゃんと本文のなかでも効いています。

この本が出るのは私にとってすごく楽しみでした。
今年2冊目、通算で21冊目。 どうぞよしなに!





--------------
3/26の作業記録
 案件A:17枚訳す。
 案件J:ゲラ。
 案件L:2枚チェック。

3/27の作業記録
 案件A:14枚訳す。
 案件J:ゲラ。

3/27の作業記録
 案件A:31枚チェック。
 案件J:ゲラ。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-03-29 09:50 | 訳した本 | Comments(6)

2012-13年冬の苺大福(4)

このブログには一応アクセス解析はつけてるけど、念のためであって、ほとんど見ていない。だいたい見てもよくわかんないし。ところが先日、ふと気まぐれにアクセス元のドメインを見ていたら、某・超大手出版社のドメインが目に入った。

わっ、私に興味持ってくれたんだ、仕事依頼しようかと思ってくれたのかな、と胸を躍らせつつ、念のためそのドメインから使われた検索キーワードを見てみた。私の名前で検索したのかな、書名で検索したのかな、って。

超・大手出版社のどなたかがここにたどりついた検索キーワード。「苺大福」。

・・・うん。がんばって、苺大福のエントリをあげます。




e0078326_19515582.jpg
福島 甘盛堂
たまにはマイルール例外として、お取り寄せ。
158円
初めての苺よもぎ大福。白と緑と赤がクリスマスみたいでかわいい!
結構はっきりとよもぎの味がするのだけれど、苺とけんかするわけではなく、
予想以上においしい。
そしてこれ、到着した当日より翌日(某所でおすそわけした日)のほうがおいしかった。
苺の発酵がうまく餡となじんだのかも。


e0078326_195126.jpg
千歳烏山 菓心たちばな
購入は渋谷東急FOODSHOW  期間限定ショップ3/6まで
180円
これ、おもちと餡がかなり甘い。苺も結構存在感があって、全体的に
自己主張が強い感じの苺大福なのだけれど、
安っぽくなる寸前に踏みとどまっている。
量よりも甘さのたべごたえがあるので、2個は無理でした。


e0078326_1951284.jpg
e0078326_19513722.jpg

ローソン UchiCafeシリーズ あんこや純生クリーム苺大福
150円
これもマイルールから外れるけど、試してみなければ。
と、使命感に駆られて、限定発売期間の初日にいそいそとローソンまで走って買ってきた。
この苺、シロップでコーティングされてると思うんだけど、
生クリームと、やわらかすぎる大福の3セットで、
ちょっと全体にぼやけた食感になってる気がするなぁ。
150円でコンビニで買えるというのは手軽で嬉しいし、
何より見た目がかわいいから許す。





今年は、苺大福活動のメイン期間である1月・2月にほとんどいちご狩りに行けないまま、季節は桜系の和菓子へと移行しつつある。もうちょっと頑張らなきゃー。


--------------
3/4の作業記録
 案件E:読み直してる。どうもこの章はうまく行かない。
 案件O:2コマ。いくつか、ものすごく大きな発見があった。緊張したけどやってよかった。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-03-05 20:19 | 苺大福 | Comments(4)


10歳かな

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ