still crazy after all these years



<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


喋るは易し、でも

 専門家によると、私たちは毎日35000件のメッセージにさらされている。 どこにいても、どこに目を向けていても、誰かが私たちの関心をつかもうとする。 政治家、企業広告、ジャーナリスト、家族、知人が、何かを言おうとしている。 日々、Eメールを読み、テキストメッセージを受信し、看板やテレビや映画やラジオに接し、ツイッターやフェイスブック、ブログなどをチェックする。新聞、雑誌、本もある。この世界は言葉でいっぱいだ。 どのメッセージに注意を向け、どのメッセージに背を向けるべきか、どうやって選んでいけばいいのだろう。

 もちろん、私たち自身もメッセージを発信する。 先日読んだ記事では、平均的な人間は1日に16000語を発するそうだ。 全部の言葉を書き起こしていったなら、1週間で300ページの本が1冊埋まる。 1年が終わる頃には、本棚いっぱいの言葉があふれている。 生涯が終わる頃には図書館ができる。 しかし、その中でどれくらいが、本当に大切な言葉だろうか。何かを変える言葉はどれくらいあるだろうか。 誰かに伝わる言葉は、どれくらいあるだろうか。

 喋るのは易しい。 誰でも喋る。 難しいのは、その言葉に価値をもたせる方法だ。

 私たちはどうすれば、本当に人とコミュニケーションしていくことができるだろうか。



リーダーシップ論の権威、ジョン・C・マクスウェルが、今回の本ではコミュニケーションについて語っています。 一対一で喋るとき、集団の中で喋るとき、大勢を前に講演をするとき、それぞれの場面で効果的に 「つながり」 を生み出には、どうしたらいいか。 本当の意味で伝えるには、どうしたらいいのか。

コミュ力ってやつを重視し、SNSや様々なデバイスを活用してしている人には、その饒舌な言葉の奔流が単なる 「数撃ちゃ当たる(かも)」 にならないように。
コミュ力ばやりに気圧されて、ともすれば口を閉ざすことで身を守りたくなる人には、もっと上手に伝えたいことが伝えられるように。

そのための具体的なテクニックと考え方を、肩肘張らずに考えられる本。 そんな1冊になりました。

私がマクスウェルの本を訳すのは、『夢をかなえる10の質問にあなたは「YES」で答えられるか?
』 に続き、2冊目。 その本とも、マクスウェルの数々の既刊本とも、ぐっと雰囲気が違っていて、個人的にはとても好きです。 表紙と中身の装丁も本当にすてきで、今までのマクスウェルのリーダーシップ論は自分には関係ない、と思っている方にも興味をもってもらえるかも。

推敲の時点で、長野の翻訳者、保科京子さんのお知恵を借りました。 今回もがっちり支えてもらって、本当に嬉しかった。 ありがとうございました!

そういうわけで、『結果が出せる人になる「つながり」力』、発売日は今日、9月18日です。 どうぞよろしく。





--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-09-18 08:44 | 訳した本 | Comments(4)

19冊目

e0078326_16112137.jpg


出ます!
ジョン・C・マクスウェル『結果が出せる人になる「つながり」力』。 詳細はまた改めて。

表紙も中身の装丁もとっても素敵なので、書店で見かけた際は、ぜひ手にとってみてください。


--------------
9/14の作業記録
 案件H:16枚訳す。

9/15の作業記録
 案件A:48枚チェック。
*10キロ走る。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-09-16 16:10 | 訳した本 | Comments(0)

しんしょ

e0078326_2123689.jpg


今日からアマゾンで発売中になってた。新書版です。
同じ本がタイトルと版型を変えて出るのって、私の本では初めての展開。 久々に読み返したら、結構、なかなか、改めて、よいです、この本。 どうぞよろしく。


--------------
9/11の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件H:9枚訳す。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-09-12 21:01 | 訳した本 | Comments(0)

2012年夏の苺大福!

マイルールとして、苺大福めぐりは冬のあいだだけ、と決めている。 年間を通じて販売している苺大福は基本的に追いかけず、それを買うのも冬にする、という厳しい条件を自らに課してこの崇高なる任務に臨んでいるわけでして。

だけど、「夏苺大福」 という名前で、「期間限定」 と言われちゃ、買うしかないじゃん!

e0078326_13165910.jpg
養老軒
銀座クリーム大福 夏いちご 252円
銀座三越 B2「スイーツパーク」 で、9月11日まで限定販売


これ、もっちりずっしりした普通の大福じゃなくて、もっと洋菓子に近い感じ。 薄いおもちの中はほぼクリームで、不二家のクリーム大福ペコ苺に近いかも。 こういうのって・・・

・・・・・・ぺろっと、いくつでも食べちゃえるんだよねぇ。
やわらかいショートケーキみたい。 苺も、さすがに大きくはないけど、甘すぎない酸味が夏らしくて美味でありました。 まぁそういう意味ではネーミングの勝利でもあるよね。

うう、早く冬にならないかな。




--------------
9/8の作業記録
 案件A:10枚訳す。
 案件C:準備。授業。今日は10分「しか」伸びなかった。
*2キロだけ走る。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-09-09 13:32 | 苺大福 | Comments(2)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> SKomoriさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:57
遅ればせながら…大変貴重..
by SKomori at 18:13
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 07:38
えらーい! おつかれさ..
by ぼぼぼ at 05:24
> hamuneko7さ..
by yumi_in_the_rye at 18:26
ブログパーツ