still crazy after all these years



<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


集う力

ただでさえアレなのに、こんなときに手前みそはどうなのよ、とも思うのですが、「たまたま私が最近訳した本だったからよく憶えてた」 程度の意味で、引用させてください。
以下、出典はすべて、アラン・ブリスキン(他) 『集合知の力、衆愚の罠』 (上原裕美子訳、英治出版、2010年)。


「わたしは人間だ。 人間にかかわることなら何だって、ひとごととは思えない」
       共和制ローマの劇作家テレンティウスの戯曲 『自虐者』 より
       挿入句として(P.184)



 第二に、本書における 「知」 は、少数の頭の良い人物のものではなく、人々のものだ。
 知とは、人間の共同体が賢明な選択をし、未来は決して他人事ではないと実感し、それを軸に軌道修正していくことのできる力を意味する。 知とは連帯のことだ。 人と人、あるいは人と総体との結びつきのことだ。 知は本質として相関的な概念であり、それを特定の人物と同一視しすぎれば沈下するものなのだ。
       ピーター・センゲによる序文(P.6)



集団が、活力のある持続的な未来を持てるかどうか、そのカギは知が握っている。 よい成果を引き出す力を伸ばし、また新たに発明・発見していくためには、草の根レベルで生じる人と人とのネットワークが必要だ。 賢い集合的プロセスがあれば、健全な判断が生じやすい。 内部批判に足をとられず、自分たちの中でベストなもの、目の前の状況にとってベストな道を追求できるようになる。
 集合知は、自己と他者の二元性を乗り越える助けになる。 それぞれが大きな枠組みの一部として、自分の役割を果たしているとわかるからだ。 シェイクスピアが言ったように、人は単独ではただの役者にすぎず、登場したり退場したりするだけなのだが、何か大きな存在の構成員としてであれば、重要な大きな意味を持つ。 肯定され必要とされる場面にあるとき、人は他者との連帯を通じて、単独でいる場合よりも大きな存在になる。
     序章「集合と知が変化を生む」(P.25)



考えよう――人の生活や歴史の中でいちばん暗い闇に包まれた時期にこそ、しばしば新しい道、新しい可能性が思い描かれてきたことを。 そして、人が力を振り絞り、決意を行動に移してきたのは、努力に値するものを見つけたときだけであることを。 集合知の最後の一口を味わいながら、あなたは、切迫感と表裏一体をなすおだやかな気持ちが身体に広がっていくのを感じる。
 今こそ、私たちはひとつに集うべきときなのだ。
      終章「誰もが必要とされている」(P.239)






狭義のwiki的な意味でも、本書が言うもっと広い意味でも、集合知――集団としての知性を持っていたい、自分がその一部でありたい、と思います。 こんなときに、こんなときだからこそ、衆愚に陥らないように。




どうも説教臭いエントリになってしまった気もします (そう思われたらごめんなさい) が、意図としてはそうじゃなくて。 というか、自分のエントリが書けないので引用でごまかしてます、すみません。 次回からは日常エントリをアップの予定。

・・・ところで、これを引用するために、自分の最終原稿と出版済みの本を比べてみたら、引用箇所も結構あちこち変わってた(笑)。 改めて、完成品は担当編集さんの賜物なのであります。






------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-03-21 09:48 | 訳した本 | Comments(0)

2011年冬の苺大福(3)

苺大福ブログとなりつつありますが。
今回の画像は我ながら伝染性(「苺大福食べたい病」の)があると思うので、ご覚悟のほどを。



e0078326_12344719.jpg
金沢 村上
購入は新宿タカシマヤ
231円
皮がつるつるしててあっさりめ。
いい意味で個性がなくて、上品にうまくまとまってる感じ。


e0078326_123453100.jpg
福岡 鈴懸
購入は新宿伊勢丹
260円
おいしい、おいしいんだけど、これは私の期待が高すぎたのか、
苺の甘さと香りの強さに対して、あんこがぼけているような。


e0078326_1235767.jpg
練馬 雪華堂
豊島区要町 3-12-13(苺大福は千川店限定)
200円
地元レベルでも理想に近い苺大福があったー!
いちごの甘さに対して、皮のやわらかさがちょうどいい。


e0078326_12351652.jpg
奈良 天平庵
購入はエキュート東京
230円
「苺大福」ではなくて「飛鳥美人」という名前。
苺がみずみずしくて酸味があって、
そこにあえて甘いあんこ。なのに甘すぎず。わー、おいしすぎる。


e0078326_12352656.jpg
銀座 甘楽
購入は東京駅グランスタ
230円
おもちがわりとずっしり系で、落ち着いた感じの味。





----------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-03-08 13:03 | 苺大福 | Comments(4)

2011年冬の苺大福(2)


引き続き食べてます。



e0078326_1333735.jpg
銀座あけぼの
東京都中央区銀座5-7-19(本店)
273円
皮があつめで、わりと固めのもちもちで、いちごをしっかり守ってる感じ。
香りがひかえめに立つ。


e0078326_137910.jpg
新宿中村屋本店
東京都新宿区新宿3-26-13
231円
2つ入り!

e0078326_13175191.jpg

自由が丘 蜂の家
購入はエキュート品川
252円
2つ入り!生クリーム入り!


e0078326_1391713.jpg
大阪 いなば播七
購入は新宿の京王百貨店
189円
苺on大福はお腹にたまる。


e0078326_13141290.jpg
浅草 梅園
購入は渋谷東急東横店
252円
皮とあんこにしっかり甘味がついていて、
これはいい意味でいちごが添えもの。




引きこもり生活のため、めずらしく街に出かけたときに一気に目当てのお店を回って買っている。苺大福の消費期限はどこも 「本日中」。あまり多く買いこんでも食べることができない。なので、ほとんどの店で1個だけ買う(多くても2個)。 小さな苺大福、1個。 もう今さら恥ずかしげもなく 「1個だけください!」 って言うもんね。
行列のできているお店で、ガラスケースの中の苺大福が残り少ないときに 「1個だけ」 って言うと、後ろに並んでいる人が明らかにほっとしたり。

この5つの中では 「銀座あけぼの」 と 「梅園」 がヒットでした。2011年冬の苺大福(3)に続く。




-------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-03-04 13:28 | 苺大福 | Comments(6)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 21:29
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
こちらこそ昨日はありがと..
by yumi_in_the_rye at 16:34
先生、今日はどうもありが..
by ayu at 21:58
ブログパーツ