still crazy after all these years



<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年冬の苺大福(1)

あれから苺大福にハマりました。 季節限定というところが切迫感をあおります。やみくもに食べたい食べたいと叫んでいても芸がないので、ミッションステートメントを作って確保に努めることにしました。

1. 基本的にそのお店で作っている/そのお店のブランドである苺大福を買う
  →スーパーのパン売り場のそばに売っているようなのは買わない。
2. お取り寄せやネット通販は使わない。自分で行ける範囲で買う
  →ただし買ってきていただくぶんにはやぶさかではない(笑)。
  というか、早くも「自分で」は守れず、どうしても食べてみたかった京都のお店の品を
  v氏におつかいをお願いしてしまいました。
  んもーほんとにありがとう!

3. 苺が形状を保っているものに限る (苺のジュレ、苺カスタードなどは対象外)

そういうわけで、もう完全に自己満足ですが、初期の戦利品を羅列します。




e0078326_16234473.jpg
南青山 和菓子 まめ
東京都港区南青山3-3-21
330円
あんこが本当に絶妙にいちごに寄り添っていて、感動的のひとこと。


e0078326_16235030.jpg
練馬 利久
東京都練馬区練馬1-28-7
150円
おいしいあんこの中に小さないちごが宝物のように隠してあるの。
100円台でこの幸せはすばらしい。

e0078326_16235535.jpg
追分だんご本舗
東京都新宿区新宿3-1-22
購入はアトレ目黒店
210円
お餅ずっしり系。

e0078326_1624079.jpg
練馬 御菓子司 柳月
東京都練馬区豊玉北5-25-2
140円
いちごの甘味が足りないけれど、ふわふわの皮がやさしい感じ。

e0078326_1624275.jpg
鳴海餅
京都市上京区堀川下立売西南角
220円
皮のやさしさ、白あんの甘すぎない甘さ、いちごの甘味。
何をとっても最高でした。



お値段とブランドがさすがに物を言う感じで、「まめ」 と 「鳴海餅」 が大変においしく、そしてとても美しい (白あんだと苺の赤が映えて本当に本当に美しい)。
・・・まだ2ヶ月ほどは鋭意探求継続中なので、2011年冬の苺大福(2)に続く。 苺大福の翻訳の仕事とか来ないかな。 そしたら経費にできるのに。

(メロンパン探索もしているんだけど、季節ものではないので休戦中。ていうか、このエネルギーを仕事に向ければいいはずなんだけど・・・)





-------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-02-27 16:51 | 苺大福 | Comments(2)


10歳かな

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ