still crazy after all these years



<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ちくちくと

そういうわけで、『キャス・キッドソンの世界 Stitch!』 です。
(下に重ねているのは、同じキャス・キッドソンの 『In Print』)
e0078326_18585915.jpg

いつもは訳書の紹介エントリを書くとき、本文を少しだけ抜粋して読んでいただこうと思っているのだけれど、今回はほぼ全て 「刺しゅうのやり方」 の本なので、抜きだしても意味がなさすぎる、ということに気づいた・・・。 ええと、針に糸を通すところから、クロスステッチのやり方から、クッションや椅子カバーの仕立て方まで、丁寧に解説してあります。 中身はこんな感じ。

e0078326_1901346.jpg


e0078326_18591279.jpg











キャス・ファンじゃなくても、手芸が好きな方 (もちろん女子・男子問わず) なら、いろいろと応用して使ってもらえる本だと思います。 オールカラーで、図案が30種類もついて、付録がついて、このお値段。 きっとお得、なんじゃないかと。

そういうわけで、これが私の今年の1冊目、通算で13冊目の訳書となりました。
今回は私が無理を言ってお願いした精鋭の翻訳者3名、上川典子さん、保科京子さん、小林博子さんとの共訳であります(4人の名前が出てるのはここ)。 とても心強い作業でした。 この場を借りて心からお礼申し上げます。

書店でお見かけの際には、ぜひニヤニヤしてやってください。


---------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-01-24 19:13 | 訳した本 | Comments(2)

刺しゅうの楽しさ

ご無沙汰いたしました。

年末に暖房で、足首に結構な大きさの低温やけどを作りまして。 鼻ちょうちんみたいな水ぶくれができて、割れて、みっともない傷跡を抱えて皮膚科通院中。 壊死しちゃった皮膚を取り除くデブリードマンという処置が痛くて、皮膚科でぼろぼろ涙をこぼし、看護師さんに「あらあらあらあら、かわいそうに、痛いわよねえ」 と言われ、帰りにアメちゃんをもらってなぐさめられる私、今年35になります。

最大の不覚は、昨日うっかりして、もらいものの韓国製のくつしたを履いて通院してしまったこと。 足の甲にイ・ビョンホンの顔が刺繍してあるの。 別に私が好んで買ったわけじゃないの。家の中で履くだけならいいやと思って使っていたのに、履き替えるのを忘れて行ってしまったの。
しかも、それを見た時の看護師さん (推定52歳) の目がきらーんと光って、「あらぁ、ビョンホンsiiね! 私も持ってるのよ!」。
火傷の穴を引っ掻かれるより、いたたまれない瞬間でありました。


・・・刺繍と言えば (そこでつなぐ)。
e0078326_19335938.jpg


昨年はじめに出た訳書 『キャス・キッドソンの世界 in Print』 に続く、主婦の友社のキャス・キッドソンの世界シリーズ第4弾が、今月26日に発売です。
タイトルは 『キャス・キッドソンの世界 Stitch!』。 アマゾンではまだ画像が出ていないのですが、楽天では表紙画像が出ています。 こっちは予約受付が終了してしまいましたが。

キャス・キッドソン・ブランドの人気イラストを、クロスステッチとニードルポイントという刺繍で表現。 キャス・ファンならおなじみのローズ、スタンレー、ヨットなどモチーフのほか、ユニオン・ジャックのポーチやヒッピー風バッグなど、色あざやかな作品が30種類も載っています。 表紙のポーチを作れる刺しゅう糸や布が揃った付録つき。
書店で見かけたら、ぜひぜひ手にとってみてください。

・・・この本を 『生き残るためのあやまり方』 と 『集合知の力、衆愚の罠』 のあいだで訳していたせいで、ちょっと自分の人格 (翻訳上の) のブレにめまいを起こしていたのも、今となってはいい思い出?ですが。
厚かった 『経営の才覚』 や、手ごわかった 『集合知』 とは違う意味で、また力作の一冊であります。 もう手元に本が届いているので、明日のエントリで、いくつか写真を紹介しようと思っています。 訳者の紹介 (今回は私を含め4人) も、明日のエントリで。 もう少しお付き合いください。




-----------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2011-01-23 19:43 | 訳した本 | Comments(2)


10歳かな

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ