still crazy after all these years



<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


プロの仕事

e0078326_1515756.jpg










『直感のブランディング』は、アマゾンの画像だとよくわからないけど、装丁や表紙の紙質もすごくきれい。
デザイナーさんはいい仕事なさってます。

--------------
11/24の作業記録
 案件B:読む。まとめる。

*20キロ走る。

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2009-11-25 15:19 | 訳した本 | Comments(0)

直感のブランディング

偶然の出会いや、何気ないひらめきや、あるいは 「ほかにどうしようもなかった」 というきっかけから、パワフルなオリジナリティが生まれることがある。 単なる一個人の事情に過ぎないものが、商品となり、会社となり、そしてブランドとなって、力強く根付いていく例がある。

一流企業のマーケターが知恵と経験、技術と資金を総動員しても、必ずしも実現するとは限らないブランディングという作業に、彼らはなぜ 「偶然のなりゆき」 などという一見したところでは弱い根拠で成功することができたのか。 あるいは、ちょっとしたアイディアやひらめきを感じる人など星の数ほどいるなかで、なぜ彼らはそれに命を与え、具体的な商品として流通させることができたのか。
私はそうしたブランドを、<アクシデンタル・ブランド>と名づけた。本書に紹介したいと感じたブランドそれぞれには、いずれも立ち上げ当初に何らかの幸運な偶然がかかわっていると気づいたからだ。

偶然を手にした本書の起業家たちは、いずれもはっきりとした価値理念を持ち、それをブランドに投影した。時を経て、商品の一部が変化しても、理念だけはつねに一貫していた。 さらに注目すべきは、彼らが自分で自分の問題を解決しようと試みたことだ。 フォーカスグループ調査を行い、作るべき商品をヒアリングしたわけではない。自分自身が消費者として欲しいと思う商品を形にしたのだ。

直感や本能を重視する考え方には賛否両論がある。 本能に基づいてひどい判断を下した例はいくつも見てきたし、自分にもそうした経験がある。 だが、本書で紹介する企業家たちを研究した結果、直感による決断が失敗する原因は、結びつくべき消費者と乖離してしまったせいである場合が多いとわかった。 逆に言えば、特別なブランドを築き上げた普通の企業家たちは、真に消費者の気持ちになって考える力があったからこそ、直感を信頼できた。

・・・そういうわけで、今年4冊目、通算8冊目となる訳書は、『直感のブランディング  「普通」 の人が 「特別」 を生み出した7つの物語』、アマゾンでは明日から発売です。
偶然のひらめきから生まれた7つのブランドを、まるでドキュメンタリー映画を見るような丁寧な筆致で追いかけ、描写し、そこから浮かび上がる 「6つのルール」 を考察しています。 端的に言ってしまえば、人として誠実な商売をしていこう――そんな単純な一言に集約されそうな、まっとうなものづくりの本かもしれません。
ブランディングとか、マーケティングとか、そういうものに興味がなくても、読み物として十二分に読める構成になっています。

本書の企画および推敲にあたっては、『主体的に動く』 などの優れた作品を手掛けている翻訳家、花塚恵さんの力を借りました。 私にとっては現時点で最高の好敵手と思っている翻訳家であります。 この場を借りて、伏して、伏して御礼申し上げます。
・・・1つ前の本 『経営の才覚』 に比べると、ボリュームは半分以下だけど、私にとっては思い入れの深さは同じくらいの、大事な1冊。 自分の力不足を痛感しつつ、優秀な編集者さんに支えられて、ようやく形になりました。

今年出版される本は、これにて打ち止め。 皆さま、どうぞよろしく!
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2009-11-24 10:25 | 訳した本 | Comments(0)

物理的な場所としては

『経営の才覚』 が、紀伊国屋でマイケル・ガーバーの 『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 や 『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』 と並んで置いてあった。 自分が資料として利用していた名著と呼ばれる本と、少なくとも書店の棚で肩を並べるのは、なんというかうれしい。

--------------
11/10の作業記録
 案件A:25枚訳す。

*5キロ走る。


[PR]
by yumi_in_the_rye | 2009-11-11 13:38 | 訳した本 | Comments(0)

今日から

経営の才覚』 (リンク先は版元)、アマゾンでは一時在庫切れになってるけど、今日からお店にも並んでいます (はず。まだ見てないけど)。 本編もいいけど訳者あとがきもよく書けててねぇ。 ぜひぜひ。
去年11月に出た 『ゆみジャイアン』 こと 『Small Giants』 と同じ著者 (共著者) の本なので、私としてはこっちももう1回もりあがってくれることを期待したい。

・・・今年の私が七転八倒し続けた (いや、現在進行形だけど) 案件ラッシュを受けた出版ラッシュはもう少し続く予定。 仕事机のそばの本棚の 「自分の本コーナー」 がそろそろいっぱいになってきたのを、うれしく眺めたりしています。 増設しなきゃ。 部屋ごと増設しなきゃならないくらいに増えると (収入が) いいな。


--------------
11/2の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件B:200読み直す。

*5キロくらい走る。

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2009-11-03 15:55 | 訳した本 | Comments(2)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> はせさん わあん..
by yumi_in_the_rye at 18:12
ああその、ついためてしま..
by はせ at 14:35
昔、金持ち以外はネットは..
by yumi_in_the_rye at 19:54
「ねえ、Uすいさん、なん..
by さかい at 17:55
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 16:03
ブログパーツ