still crazy after all these years



<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年に観た映画 100

というわけで、去年は惜しくも91本までしか到達できなかった「初見映画100本計画」、2007年はなんとかすべりこみでゴールすることができた。夏くらいまではかなり良いスピードで増やしていたんだけど、秋からなかなか時間がとれなくなってしまい、もう少しで今年も100本行けないかと思った・・・。これくらいの目標は、ちゃんと達成しておきたいもの。

まぁ、他人の映画記録なんて読ませられても別に面白くないと思うんですが、例によって自分用備忘録として載せるのでご容赦を。本当は全て短く感想をメモしようかと思ったんだけど、あえなく挫折。これまでにブログで感想を書いた分に関してはリンク貼ってみたので、ご興味があればどうぞ。一応お断りしておきますが、ろくなことを書いてないのも多いです。
それ以外の映画について、私の感想を聞きたいという酔狂な方は(なんと、去年は何人かそういう奇特な方がいらしたので)コメント欄でタイトル挙げてくだされば、主に1行でお答えします。なんでこれ観たの?というつっこみたくなる作品が多いでしょうが、そのへん節操がないということでご理解くださいまし。

では、おヒマな方だけ続きをどうぞ。 

2007年の観た映画リスト
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2007-12-29 14:17 | 観た映画 | Comments(13)

香水の鑑賞 (祝!「年間映画100本」達成)

DVDで 『パフューム ある人殺しの物語』 を観た。

原作がとても好きで、映画が出来ると知って楽しみにしていたのだけれど、なんとなく劇場公開を逃してしまい (コマーシャルに桜塚やっくんを起用していたあたり、配給会社の 「わかってなさ」 に腹が立って、観る気をなくしていたうちに公開が終わってしまった)、ようやくDVDで鑑賞とあいなったわけ。 これが記念すべき今年の100本目。

何しろ 「香り」 がテーマなので、それを作品にするのは本当に難しい。 小説はドイツ語なので当然ながら訳でしか読んでいないのだけれど、不可能なはずの香りを本当に身体で感じるような素晴らしい作品だった。 もちろん、具体的な香りが嗅げるわけではない――そもそも作中に出てくる香水は人間では絶対に作りだせないはずの 「究極の香り」、あるいは人間が知ってはいけない 「禁断の香り」 という設定だったのだから、それがどんな匂いかなんて想像すらできない。 なのに、読んでいてぞわぞわするような、その官能的な気配に鼻腔ではない場所をくすぐられるような、本当に見事な小説だった。

で、映画は・・・・・・「目に見えないもの」 「描き出せないもの」 を表現するという点では文字も映像もハンディは同じだと思うんだけど、読者の想像力を刺激することで 「香らせる」 ことのできる小説と違って、やはり 「見せなければならない」 映画のほうが、それは難しかったような気がする。 こういう場合はえてして不自然で無粋な映像になりがちなんだけど、この 『パフューム』 に限っては、結構うまくやれていたんじゃないだろうか。 老人の声でナレーションが入り、主人公の心情をあえて説明することで、作品全体を 「おとぎばなし」 風にしている。 主人公を巡る関係者の死に様や、連続殺人に怯えるパリをカリカチュアしたコメディタッチであっけないほどあっさり描いていくことで、わざとリアリティを排除している。 だから、主人公の作った香りを嗅いだダスティン・ホフマン (はまり役!) が楽園にトリップしてしまうシーンも、ラストで 「究極の香水」 に人々が我を失うシーンも、まったく浮いていない。 物語の形式美のなかで、きちんと整合性が取れている。

主人公のグルヌイユを演じた役者も、『ハンニバル・ライジング』 の若きレクターを演じたウリエル君に似ていて (まぁ、やってることも同じようなものだし)、汚れた狂気と純粋さを感じさせる好演技だった。 ただ、主人公自身が無臭であること――「匂いがない」 のは存在しないのと同じであり、決して誰からも愛されることはないことを意味している――の恐ろしさと、だからこそ彼が 「究極の愛の香り」 を作らずにいられなかったのだというつながりは、説明はされていたけれど、あまり胸に切迫する強さでは描けてなかったと思う。 いつの時点で彼の作る香水がそれほどの威力を持ち始めたのか (最初は失敗ばかりだったのに)、少々わかりにくいし。

でも、がっかりさせられることの多い 「小説→映画化」 において、これはかなり推薦できる作品に仕上がっていたと思う。 観終わって、私も髪を燃え上がるような赤に染めたくなった (色白じゃないと似合わないのはわかってるってば)。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2007-12-29 12:12 | 記録 | Comments(2)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 21:29
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
こちらこそ昨日はありがと..
by yumi_in_the_rye at 16:34
先生、今日はどうもありが..
by ayu at 21:58
ブログパーツ