still crazy after all these years



カテゴリ:記録( 354 )


香水の鑑賞 (祝!「年間映画100本」達成)

DVDで 『パフューム ある人殺しの物語』 を観た。

原作がとても好きで、映画が出来ると知って楽しみにしていたのだけれど、なんとなく劇場公開を逃してしまい (コマーシャルに桜塚やっくんを起用していたあたり、配給会社の 「わかってなさ」 に腹が立って、観る気をなくしていたうちに公開が終わってしまった)、ようやくDVDで鑑賞とあいなったわけ。 これが記念すべき今年の100本目。

何しろ 「香り」 がテーマなので、それを作品にするのは本当に難しい。 小説はドイツ語なので当然ながら訳でしか読んでいないのだけれど、不可能なはずの香りを本当に身体で感じるような素晴らしい作品だった。 もちろん、具体的な香りが嗅げるわけではない――そもそも作中に出てくる香水は人間では絶対に作りだせないはずの 「究極の香り」、あるいは人間が知ってはいけない 「禁断の香り」 という設定だったのだから、それがどんな匂いかなんて想像すらできない。 なのに、読んでいてぞわぞわするような、その官能的な気配に鼻腔ではない場所をくすぐられるような、本当に見事な小説だった。

で、映画は・・・・・・「目に見えないもの」 「描き出せないもの」 を表現するという点では文字も映像もハンディは同じだと思うんだけど、読者の想像力を刺激することで 「香らせる」 ことのできる小説と違って、やはり 「見せなければならない」 映画のほうが、それは難しかったような気がする。 こういう場合はえてして不自然で無粋な映像になりがちなんだけど、この 『パフューム』 に限っては、結構うまくやれていたんじゃないだろうか。 老人の声でナレーションが入り、主人公の心情をあえて説明することで、作品全体を 「おとぎばなし」 風にしている。 主人公を巡る関係者の死に様や、連続殺人に怯えるパリをカリカチュアしたコメディタッチであっけないほどあっさり描いていくことで、わざとリアリティを排除している。 だから、主人公の作った香りを嗅いだダスティン・ホフマン (はまり役!) が楽園にトリップしてしまうシーンも、ラストで 「究極の香水」 に人々が我を失うシーンも、まったく浮いていない。 物語の形式美のなかで、きちんと整合性が取れている。

主人公のグルヌイユを演じた役者も、『ハンニバル・ライジング』 の若きレクターを演じたウリエル君に似ていて (まぁ、やってることも同じようなものだし)、汚れた狂気と純粋さを感じさせる好演技だった。 ただ、主人公自身が無臭であること――「匂いがない」 のは存在しないのと同じであり、決して誰からも愛されることはないことを意味している――の恐ろしさと、だからこそ彼が 「究極の愛の香り」 を作らずにいられなかったのだというつながりは、説明はされていたけれど、あまり胸に切迫する強さでは描けてなかったと思う。 いつの時点で彼の作る香水がそれほどの威力を持ち始めたのか (最初は失敗ばかりだったのに)、少々わかりにくいし。

でも、がっかりさせられることの多い 「小説→映画化」 において、これはかなり推薦できる作品に仕上がっていたと思う。 観終わって、私も髪を燃え上がるような赤に染めたくなった (色白じゃないと似合わないのはわかってるってば)。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2007-12-29 12:12 | 記録 | Comments(2)

年明け映画2本

「正月お仕事クラブ」 のメンバーなので、大晦日はもちろん年をあけても仕事中。 しかも厄介な校正案件で、年明け早々頭を抱えている。 他にも色々としなくちゃならないことがあるので、早めに今月の見通しを立てておきたいのだけれど、それより今は目の前の原稿に取り組まなくちゃならない。 ・・・なんだか、今年1年を予見するような出だしかも。

とはいっても、昨年91本で終わった映画数を巻き返すべく、初日から 『007 カジノ・ロワイヤル』 と 『エラゴン』 を観に行った。 ・・・こちらも、2流もしくは3流の映画をたくさん観そうな1年間を予感させる出だしかもしれない。

でも、『カジノ・ロワイヤル』 は良かった。 ダニエル・クレイグは、『トゥームレイダー』 のいけすかない言動とセンスゼロの服装しか印象になかったので、どうかと思っていたのだけれど、007に彼を起用したのは正解だと思う。 ピアース・ブロスナンのボンドは、どうもイイ男すぎるのだ。 その点ダニエル・クレイグのボンドは、決してイイ男でも正しい男でもなく仕事もスマートでもない。 それこそ、いけすかない汚い男で、仕事もいまいち。 でも、やり遂げる。 ブロスナン時代はアクション付きハーレクインな方向へ流れていた007が、ちゃんと創元社のハードボイルドに戻ったという感じだった。 少なくとも、新007候補にあがっていたというユアン・マクレガーや、ジュード・ロウ、オーランド・ブルームなんかよりも、ダニエル・クレイグはきっちり英国スパイを魅せてくれたと思う。

それにしても、スラングや卑猥な言葉の処理の下手さで知られる (ほかにも色々知られているけど) 戸田女史は、今回は本当に下品でセンスのない字幕でげんなりだった。 今年こそ引退していただけないものかしら・・・。 特に、あの凄絶な拷問シーンで ボンドが "Would you mind?" とやり返すあたりの台詞は、だからこそセンスの良い言葉に仕上げてほしかったのに。

ところで女子のみなさんの意見を是非伺いたいのだけれど、あのシャワーシーン、イイよねぇ。この映画のほかのどのシーンよりセクシーで泣けるよねぇ。・・・エヴァ・グリーン演じるヴェスパーが、<→>マクベス夫人<←>のようなことを言いながら服のまま座り込んでシャワーに打たれていると、ボンドはそれを見て、彼女をシャワーから引き出してあげるのではなく、服を着たままためらいなく隣りに並んでシャワーに打たれる・・・というのが、もう、ほんとにセクシーで。 「寒くないか」 と聞いて、じゃあシャワーから出ようというのではなく、そのまま温水にするというのがたまんないです。 世の男どもの97%はこういうとき自分の服には1滴たりともしぶきのかからない場所から彼女をシャワーから出すことしか考えないんじゃないんですかね。 そんなオンナゴコロの読めないやつには、殺しのライセンスは与えられないってば。
・・・なんていう映画の観方をするようになった (というか、そういう観方しかしない) 私、というのもどうかと思うけれど。でも、ダニエル・クレイグはタキシードをぴしっと決めているときは痩せて見えるといってもいいくらいなのに、脱ぐとあれですよ。いやぁ、もう、ねぇ。それなのにあんな拷問するなんて、同性として嫉妬心があったのかしらん。

 ※<→><←>で白抜きにしたところは、カーソルをドラッグして反転させれば読めます。
  ネタバレというわけではないんだけど、後から考えればこの台詞はオチを
  暗示していたと思うので、元ネタをご存じの方なら推測がつくのかもしれません。


もう1本の 『エラゴン』 のほうは、多分ダメだろうなぁと思って観たらやっぱりだめな映画だった。色々と突っ込みどころはあるのだけど、主人公が大根すぎるのがどうにもこうにも。
でも収穫はふたつあった。ひとつは、前々から誰かに似ていると思っていたのだけれど、ジェレミー・アイアンズは寺尾聡に似ているとわかったこと。そして、やっぱり 『ロード・オブ・ザ・リングス』 はすごい、と思ったことでした。




「正月お仕事クラブ」のメンバーの方もそうでない方も、とりあえず映画は『007』へどうぞ。さぁ、私は仕事に戻らなくちゃ。

・・・あ、忘れてた。あけましておめでとうございます。本年も良い年になりますように!
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2007-01-02 19:40 | 記録 | Comments(4)

今年訳した言葉

大晦日らしく1年の総決算を。 映画の本数よりも大事なのは仕事の量、というわけで、今年訳した文字数を (大半は請求書に基づいて) 計算してみた。

  2774.5枚 × 400字 = 1109800字

これは単純に訳出後の文字数なので、チェックやプルーフリーディングや校正は含まず (それを入れたら3倍ではきかないだろう)。 ボツになった原稿と、リーディングに添えて自主的に出したサンプル訳も含まず。 カウント漏れはあるだろうけど、まぁ多分誤差は30枚程度かな。
(注:このページ数に単価1500円などを乗算して収入を割り出すことはできません)

春に出した私の本と同じ組み方で計算すると、年に本を8冊出した計算になる・・・なんていうどうでもいい計算はともかくとして、これが多いか少ないかは今後の動向によるんだろう。とりあえず、お疲れ様、私。

来年はもっともっと良い年になりますように。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2006-12-31 14:56 | 記録 | Comments(2)

なかよしでしたか?

なかよしでしたか?

・・・という質問で何を聞いているかわかるのは、女子だけだと思う。さてもう一度。
なかよしでしたか? りぼんでしたか? ちゃおでしたか?
その後、ananでしたか? non-no でしたか? Junonでしたか?

私は りぼん → anan だった。 とはいっても、お金がなかったので、友達に見せてもらったり図書館で読んだり立ち読みしたり、がメインだったけれど (懐かしいなー、「ときめきトゥナイト」に 「ハンサムな彼女」 に 「星の瞳のシルエット」。)

さて、上記回答に答えたみなさん。 「anan / non-no後」 はなんですか?


詳しいことはよく知らないのだけれど、ファッション雑誌というのは、「本当に対象としている年齢よりもちょっとだけ若い人向けの情報」 を載せるのだと聞いたことがある。 つまり、30歳の女性がターゲットなら、現実の28歳くらいの女性のファッションを載せる。 実年齢そのままよりも、「少し若く見せたい」 女性心理をついた憎い作戦だと思うけれど、本当のところはどうなんだろう。
いずれにしても、私は25歳だったころ 「25(バンサンカン)」 は読まなかった。 自分がその雑誌のターゲット年齢とは思えなかった。 今も、「Cawaii!」 とか 「mina」 の対象年齢じゃないことだけははっきりわかるのだけれど、かといって「Domani」 でもないし、「Oggi」 でも 「Grazia」 でもない。 「コムスメに勝つ!」 というコピーにはちょっと心惹かれるけれど、艶女になりたいわけではないので 「Nikiita」 は論外だし、「Supur」 や 「Vouge」 は読むところが少なくってつまらない。 かといって美容院で 「saita」 や 「すてきな奥さん」 ばかりを手渡されたら泣いちゃうかもしれない (でも、どっちも結構好きなんだけど)。 待ち時間の長いパーマをかけるときに手渡して欲しいのは、 「Voce」 や 「Crea」 か 「Frau」 かなぁ。

・・・いや、別に美容院で何をもらうか、ということではなくて、「今の私がターゲットどんぴしゃに入ってる雑誌ってあるんだろうか?」 とふと考えたのだ。 多分年齢より生活スタイルが原因で、一般のファッション誌にはどこにもあてはまらないんだろうな。 なにしろOLファッションには無縁だし。 「日経woman」 は結構よく読むけど、オフィスマナーや上司対策うんぬんのページは流し読みするし、「現役OLの家計簿公開!」 なんて特集もあんまり参考にならない。 「マキア」や 「UP」 なんかはときどき読むけど、購読するってほどでもないし。

流行は追わないしお金もない私って、この手のファッション雑誌からもお呼びじゃない存在なのかもしれない・・・と、先日ようやく手に入れた 「R25」 の女性版 「L25」 になんとなく違和感をおぼえながら、思ったのでした。
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2006-11-20 21:42 | 記録 | Comments(17)


10歳かな

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ