still crazy after all these years



カテゴリ:記録( 409 )


いただきもの

e0078326_08410662.jpg



ぶつくさと忙し自慢をしていた私に、心やさしき同業姐がおいしいものをくださった。 どれくらいおいしいかって、写真撮る前にクッキーがかなり減ってしまうほど。 ありがとうございます。

--------------
8/20の作業記録
案件Fゲラ見てる。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-21 08:34 | 記録 | Comments(0)

自画自賛

えーと、たぶん、もろもろ一山越えました。
work in progressの1冊が全てヨコからタテになったので、これの達成感が (まだ終わりじゃないけど) 大きい。
病院付き添い案件のほうも、肩の荷を少し降ろせた感じ。 腹ふくるる部分もあるけど、これは呑みこむつもり。

なんだかんだで7月・8月はイベントも多かったけど、打ち合わせの類はきちんと出向いた。 勉強会も欠かさず出た。 合間で何人か会いたい人に会う機会も作れたし、飲みの誘いも全て断ってたわけじゃない。 梅干しだってちゃんと作った。
新規の仕事はさすがに軒並み断ったし、いくつかの仕事が遅れ気味なのは否めないけど、一応何も取りこぼしていない。 ひどくなってた肩こりと貧血も立て直せてると思う。

えらい、私。
と自分で言っておく。

といっても暇になったわけじゃないので、まだ頑張ります。
心配してくださったみなさま、ありがとう。


・・・ていうかマジな話、私の皿回しの腕前 (=仕事とプライベートの用事を何件も同時進行でさばく腕)、数年前より確実にアップしてると思う。 すごくない? ねぇねぇすごくない?(←自分で言わなきゃね、という話)
--------------
8/15の作業記録
 案件D:17枚訳す+41枚チェック。

8/16の作業記録
 案件A:24枚訳す。
 案件D:10枚訳す。


8/17の作業記録
 案件A:24枚訳す。 案件A:29枚訳す。
 案件D:2枚訳す。


8/18の作業記録
 案件A:23枚チェック。


8/19の作業記録
 案件A:29枚チェック。

 案件D:2枚訳す。 案件D:36枚チェック。
 案件D:2枚訳す。 案件G:17枚チェック。
 案件D:2枚訳す。8/13の作業記録 案件A:38枚チェック。-------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-20 11:15 | 記録 | Comments(2)

あと少しのはず

あとちょっとのところまで来た原稿が、急にスランプになってきた・・・。
苦しいよー。


--------------
8/10の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件C:2件添削。

 案件D:10枚訳す。

8/11の作業記録
 案件D:12枚訳す。

8/12の作業記録
 案件F:ゲラ見てる。

8/13の作業記録
 案件A:38枚チェック。

8/14の作業記録
 案件D:9枚訳す+20枚チェック。

8/13の作業記録 案件A:38枚チェック。-------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-15 20:09 | 記録 | Comments(0)

初めての出版翻訳【時間割の立て方・2】

連載になったの? 出版翻訳のスケジュールの話・第3回。 第1回第2回
いや、もうたいして書くことはないんですけど、なんとなく。

「時間割」 と言うからには、1コマ(1時限) は何分なのか、という問題がでてきます。
(ちなみに私の行っていた大学は75分×6限だった。 6限目の授業の出席率の低さったら。 一度、10数人いるはずの授業で先生と一対一になったことがある・・・)

その際に考えたいのは、自分は仕事の時間をクロックタイムでとらえるのか、イベントタイムでとらえるのか、という点です。
 クロックタイムは、一般的な時計で計る時間のこと。
   たとえば10時から15時まで仕事をします、とか。
   今日は5時間仕事をします、とか。
 イベントタイムは、何らかの物事が起きている間や、物事が完成するまでなど、できごとの区切りで計る時間のこと。
   2000ワード進むまでやります、4000字訳すまでやります、とか。
(この概念は、『すべては「先送り」でうまくいく』という、とっても面白い本で勉強したんだけど)

私は明らかにイベントタイムでとらえるタイプです。 今日4000字やると決めたら、何時間かかっても、そこまでやる。
(外出の予定があれば、当然クロックタイムも視野に入れるけれど)。
なので、時間割の1コマが何分になるかは決めていません。 欠点として、だらだら時間をかけてしまう危険性があるけれど、私の場合はこれで進めたほうが安心感があるので。

時間の把握の仕方って、案外と人によって違うものらしいです。 特に就業時間の決まっていないフリーランスは、自分がどっちのタイプで作業するのが性に合っているのか、一度考えてみると何かの目安になるかもしれません。 まー参考までにね。


--------------
8/9の作業記録
 案件A:22枚訳す。
 案件D:6枚訳す。

-------------------------------------------------------





[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-10 07:29 | 記録 | Comments(5)

いただきもの

e0078326_19312503.jpg

近所で畑をお持ちの同業大先輩に厚かましくもおねだりをして、夏野菜をたくさんいただいてきた。
食べ物は地産地消が一番おいしくて経済的、という文脈の話を訳してたばかりなので、感慨もひとしお。
空心菜とモロヘイヤはもうその日のうちにぺろり。 ゴーヤはたぶん週末にチャンプルーに。 ありがとうございます。



・・・もろもろの用事が山場になってきた。病院通い案件を含め、ここを乗り越えればたぶん少し楽になる。多少は無理をするつもりでいるけど、睡眠と食事はちゃんととれているので、まだ走れると思う。がんばります。って自分にハッパをかけておく。

--------------
8/7の作業記録
 案件E:ゲラ見る。

8/8の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件D:12枚訳す。

-------------------------------------------------------



[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-09 19:30 | 記録 | Comments(0)

ひっそり募集中

フェローアカデミーで秋から通信講座をもたせてもらうことになってるのですが(前からやっているマスターコースの6期目)
8月1日から募集を開始したのですが、発表した課題のテキストに文字欠けがありました。
訂正して再掲してもらっています。
気づいてくださった方、ごめんなさい、ありがとうございます!

私の力不足で、あんまり大勢を担当させていただくことができないため、選抜制になりますが、始まったら心をこめて原稿を拝見します。ので、興味があったらぜひ、半年おつきあいくださいまし。


※コースに関する質問はここではお受けできないので、事務局経由でお願いします。
--------------
8/5の作業記録
 案件A:4枚訳す+37枚チェック。

8/6の作業記録
 案件C:添削1件。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-07 23:02 | 記録 | Comments(0)

初めての出版翻訳【時間割の立て方】

連載になるの? 出版翻訳のスケジュールの話・第2回。 (第1回はこっち

私の場合は、本1冊訳すにあたり、前述したような感じで数カ月のスケジュールを組んで、1日のノルマをざっくり把握して、だいたい1週間でその帳尻を合わせながら進めていくんだけど(途中でぐだぐだになって、泣いたり絶望したり、仕切り直したり、取り返したり、またつまづいて愚痴ったりしながら)

その間にあと2つ重要なのは(しつこいようですが私のやり方では、ですよ)
週単位のスケジュールと、1日単位のスケジュールを組むこと。

(1)週単位のスケジュール
正確に言うと、1週間であるかどうかが問題ではなくて、「帳尻を合わせるスパン」 の中での采配を考えるということです。
私はだいたい1週間で帳尻をとるように心がけているので、たとえば前回のように1日のノルマ6枚としたならば、厳密に1日6枚できなくても(やるけど)、1週間で30枚はやると考えます。
で、現実の1週間である7日間の中で、絶対にその量をこなすように割り振る、という。

外出する日もあるし、同時進行している他の案件の締切の日もあるなら、じゃあ具体的に何曜日に最低限何枚を進められそうか。
この案件にがっつり取り組める日はいつで、そうでない日はいつなのか。
どの日にできるだけ進めておけば、そうでない日が楽になるか。
資料を読む日や、ここまでの原稿の読み直しに専念する日は、どこに入れておくか。

たぶん、案件をいくつか同時進行しないのであれば、そんなに難しく考える必要はないと思う。 一度にいくつかあるなら、山場の作業が重なるとキツいので、週の中でなるべく散らして回るようにしていく、と。

たとえば今週のどこかで原稿Aのチェック50枚をやる必要があり、原稿Bのチェック20枚もあるとわかっているならば、それを同じ日にやるのはつらいので、分散するように計画します。 Bのほうを月・火に訳して、水はAの訳を始めながらBのチェックをして、とか。 Cのゲラが木曜に入って来るから、金曜はそれを見て、とか。

大体そんな感じで回すことを意識して、1週間のスケジュールを、私の場合は前週の日曜の夜に立てています。
まぁ正直言うと最近では、前週で破綻したノルマを次でどう取り返すかっていう算段づくりになってるんだけど。



(2)1日単位のスケジュール
さらにもう一段階カスケードして、明日の1日に何をするか、というのを毎日寝る前に決めています。
正確に言えば、「何をするか」 の部分は週単位のスケジュールを立てた時点で決まっているので、それが大丈夫そうかどうかの確認と、それから時間割づくり。
朝起きてからどの順番で作業をを進めていくか、つまり1時間目、2時間目、3時間目の科目・・・を決めておきます。

脳を使う仕事は基本的に朝イチに。
創造性を要する作業は、一番頭が動く時間を大切にしないといけないからこの本にも書いてあるとおり)

いったん休憩してから、のんびり進めてもよさそうな作業は、午後に。
わりと何も考えず機械的にやれる作業は、だいぶ頭がしびれてきた夜のほうに。

この時間割には、出かける都合や、掃除・洗濯・買い物のたぐいも組み込んでおいて、どの合間に何の作業を入れるか決めておきます。
前日夜に手帳に時間割を書いて、当日は1個終わったら消し込む習慣ができてから、私の場合はだいぶ一日の進行が楽になったと思う。 自分が「今日やらなきゃいけないこと」のどこまで来てるか、常に見えているので。




--------------
8/1の作業記録
 案件D:18枚訳す。

8/2の作業記録
 案件A:24枚訳す。
 案件D:原稿読み直し。

8/3の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件D:資料探し。

8/4の作業記録
 案件D:49枚チェック。
-------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-05 16:24 | 記録 | Comments(2)

初めての出版翻訳【ノルマの立て方】

唐突ですが、初めて本を1冊訳すことになったときのノルマの立て方について説明する機会があったので、ここに再掲します。
これは私のやり方なので、当然ながら、他の翻訳者さんのノルマの立て方は違います。まあ、スケジュールの作り方が見当もつかないという状態なら、これも参考になるかも、という程度でね。


------------------------------------------
(1)ボリュームの把握

・原文をデータで受け取っている場合

WORDならそのまま、PDFならテキストをコピーしてWORDに貼るなどして、単語数をカウントします。
奥付、目次、索引、参考文献リスト、PDFならヘッダーとフッターなどはカットしてカウントすること。

・原文が紙の場合

1行あたりだいたい平均的に何ワード、1ページあたり詰まってる行がだいたい何行、というのを目視で数えます。
心配なら数ページほど単語数を計算して平均を出して、それを本文の全ページ数で掛け算。
(章見出しのページは抜いたり、半分しか埋まってない頁は0.5とするなど、調整はざっくりでいいですが、まぁ多めに見積もっておくのが無難かも)


(2)量の計算

・原文ベースでノルマを立てる場合→そのまま

・訳文ベースでノルマを立てる場合(私はたいていこっち)
  「単語数×2.5=文字数」で、仕上がり訳文の推測を立てます。
 (IT系やファッション系など、カタカナが多くなりそうなのは×3くらい)

 ※私は、さらに「文字数÷400=枚数」で把握します。
 原稿用紙1枚相当で考えるやり方は、たぶん古いのでしょうけれど
 (私だって原稿用紙で納品してた時期なんかないけど)
 ここでは「・・・枚」で記述します。文字数で把握したい方は×400で換算してください。


ここでは原文が6万words程度と仮定します。6万×2.5÷400=仕上がり375枚になる推算です。
構成は序章や終章を含めて全10章とします。


(3)日数の確認
締切までだいたい3カ月半、15週あると仮定します。

このとき重要なのはバッファを入れて予定を組むことです。
1週間は7日ではなく5日であると考えます。平日4日と週末1日しか存在しません。
(どうせ後ろのほうでバッファはつぶれるけど)

3か月半で、15週として、
5日×15週=75日。

10章それぞれの突合せチェックに各1日かけるとして、10日。
最終納品の日にヨコからタテになる(訳しあがる)ようではダメなので、お尻に見直しする期間を最低5日(ノルマが崩れることも高確率で起きるので、それを想定した余裕としても)。

75日-15日=60日。

・原文ベースでノルマを立てる場合
原書ページ数を日数で割って、1日に何ページ(何words)進めればいいか把握する。

・訳文ベースでノルマを立てる場合
375枚を日数で割ります。375/60=6.25枚。

ノルマは1日に6枚ちょっとです。
ただし厳密に1日6枚と考えるのではなく、週で30枚ちょい仕上げると考えて、帳尻をとればOK。(途中で突合せチェック日が入るので、当然ずれこんでいくけれど、だいたいこれくらいで考える。ただし帳尻をとるスパンをあんまり長くしないこと)


(4)進行中はつねにdoneとmore to goを確認
単語数、ページ数、文字数など、自分が基準とする数値で、つねに一定して進捗を記録します。



------------------------------------------

なんとなくイメージ浮かぶでしょうかね。
状況によって/本によって/同時進行案件によって、もろもろアレンジを入れていきます。

原文ベースでノルマを立てるにしても、訳文ベースでノルマを立てるにしても、一番重要なのは、常日頃から自分はどれくらい訳せるのか、1日にどれくらいの時間をかけられるのか、数字で把握しておくことです。
(私は仕上がりベースで把握するので、だから仕上がりでノルマを立てる、というわけ)

要するに、「今日なんとなくがんばれるところまで」みたいな、漠然とした進め方はしないほうがいいよ、という話です。
つねに具体的に進み具合を把握しながら。それさえ踏まえていれば、自分のやりやすいスケジュールの作り方でいいと思います。

ちなみに、「6万wordsで3~4カ月」という想定は、軽めのノンフィクションで、まぁまぁ現実味のある数字だと思います。
(もうちょっと厳しいことのほうが多いけど)
なので、翻訳学習中の方の練習として、これでノルマを組んで1冊訳し上げてもいいかも。


こんな感じ。数字間違ってたら訂正しまーす。





--------------
7/31の作業記録
 案件A:3枚訳す。
 案件D:5枚訳す+46枚チェック。
-------------------------------------------------------






[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-01 23:35 | 記録 | Comments(5)

回り道かもしれないけど

・・・先週のノルマは本当に苦しかった。 スムーズに訳し進められなくて、ずっと野暮ったい文章しか出てこない。 係り受けに縛られた中3の文法の練習みたいな訳にしかならなくて、すごくもどかしくて。

仕方がないから週末はその案件は完全に離れてた。
別の作業を片づけて、もろもろ用事を済ませて、月イチの勉強会で例によって白熱して、それからお茶して、まだ喋ってまだ笑って。
飲まなかった自分をほめてあげたい(笑)。

で、今朝は覚悟を決めて、行き詰ってた原稿をおそるおそる開いて、とりあえず自分の文章のケバ取り (ムダな言葉を削ぎ落す) に数時間専念して――そしたら、案外と、きれいな流れが見えてきた(今ここ)。

何で最初からこう削ぎ落して書けないんだろう、と思うけど、たぶん私には永遠にそれができないんだと思う。 とりあえず不格好なものを足して足して、それから引いていくしかないみたい。 毎日の作業量は記録してるけど、それは1日の最終成果物の文字数なので、試行錯誤のぶんを足したら、最大で倍になる日もあるかも。
こういうのは非効率なんだろうけど。でも、どうやらこの道が私の登山道らしい。先が長いよー・・・。

--------------
7/28の作業記録
 案件A:5枚訳す
 案件D:12枚訳す。

7/29の作業記録
 案件A:3枚訳す

7/30の作業記録
 案件A:22枚訳す
-------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-07-31 17:53 | 記録 | Comments(0)

年中行事

e0078326_14374505.jpg

第2弾の梅干し。

先週、猛暑が続いたときに2日間続けて干したのだけれど、そのあと天候が崩れて3日目の天日干しができなかった。 今日もいまひとつカラッとは晴れてないけど、この週末も曇りみたいだし、もう仕方ないから干そうと思って。

e0078326_17382652.jpg 


今年は塩分15%+ハチミツ20%バージョン。








--------------
7/26の作業記録
 案件A:5枚訳す+31枚チェック

7/27の作業記録
 案件D:3枚訳す
-------------------------------------------------------



[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-07-28 17:49 | 記録 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
「すごい」の強要に応じて..
by yumi_in_the_rye at 16:09
ほんとうに、すごいです。..
by まちゃこ at 14:55
> SKomoriさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:57
遅ればせながら…大変貴重..
by SKomori at 18:13
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 07:38
ブログパーツ