still crazy after all these years



カテゴリ:記録( 435 )


台湾の思い出 1日目前半

e0078326_19035604.jpeg

今回は、深夜に成田発、早朝というか深夜のうちに台湾の桃園空港に着いて、空港でちょっと仮眠して日の出ごろに市内に向かうという、アラフォーがやるにしちゃ少々無理のある弾丸スケジュールでした。

例によって、旅行記録をきちんと書いていくまめさがないので、自己満足的な写真コラージュですが。

(1列目左2枚) 赤峰街の 「世紀豆漿大王」 で、豆漿 (豆乳) の朝ごはん。

(2列目左) 朝ごはん2食め。「三元號」 の魯肉飯 (るーろーはん)。 営業時間だったけど、2人で1つしか頼まない (たくさん種類を食べるために) 客にも親切にしてくれた。 これまで食べた中で魯肉飯はここが1番か2番目においしい。

(2列目左2番目) 昼ごはん1食め。 泊ったホテルに近い 「珍巧水餃」 で、水餃子とサンラータン。 普通なんだけど、それがおいしかったなぁ。

(2列目左3番目、3列目左)
迪化街。乾物をしこたま買った。

(3列目2・3番目) 初体験、台湾シャンプー@小林髪廊。 椅子に座ったままのシャンプーで、途中で髪を逆立てて遊んでくれる、という情報しか知らなくて、面白そうだから気軽に行ってみただけだったんだけど、これがもー至福というか天国というか、毎週通いたいほどすてきだった。 シャンプーというか、あれはヘッドスパ。 強めの指圧っぽいマッサージで、魂が口から出ちゃうかと思った。
そのあとすごくファンシーな巻き髪にセットしてくれて (しかも私の担当は韓流アイドルみたいな男の子で)、アラフォー女子はもう幸せの極みでした。

(4列目左・2番目) 昼ごはん2食め。福州世祖胡椒餅」 の胡椒餅。勝手に梅ヶ枝餅みたいなものを想像していたんだけど、肉まんに近い。揚げたてを買ったら、すごく熱い。 舌をやけどしてスカートにたっぷり肉汁こぼしながら、それでも食べ続けずにいられない。通りがかりの知らないおじさんに「好吃?(おいしい?)」と聞かれたので、好吃好吃」と連呼しながら食べた。次回はもうちょっと上手に食べる!

--------------
11/9の作業記録
 案件A:32枚訳す。
 案件E:2枚訳す。

11/10の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件E:資料読み。

11/11-12の作業記録
 案件G:原稿チェック。

11/13の作業記録
 案件E:13枚訳す。
 案件G:原稿チェック。

11/14の作業記録
 案件A:6枚訳す+6枚チェック。
 案件E:11枚訳す。
 案件G:原稿チェック。

11/15の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件E:原稿読み直し+資料読み。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-16 20:10 | 記録 | Comments(0)

遅れて来た夏休み、の終わり

夜9時に成田着の便で、しかも到着が25分ほど遅れたのでひやひやしたけれど、予定してたバスと電車にも問題なく乗れて帰ってきました。
というか、むしろ思ったよりバスまで時間があったので、空港から自宅までスーツケース宅配の手配をして帰ってきたんだけど(終電間際の電車をスーツケース転がして歩くのはなるべく避けたいので)、日曜の夜の終電なんてそれほど混んでないんだし、自力で持って帰ってくればよかった。ぎゅうぎゅうに詰めたお菓子の到着が待ち遠しすぎる・・・。

とりあえず、楽しかった台湾旅行はおしまい。
このあとは年末の忘年会的なイベントがいくつかあるけれど、基本的には仕事も家の用事もちょっと厳しくなる。
ニンジンの先取りをしたんだと思って、しばらく粛々と仕事してまいります。






[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-13 08:45 | 記録 | Comments(0)

旅行前夜

もともと7月に友人と旅行に行こうよ、という話があって。
日程も決めて、飛行機も調べて、じゃあ押さえようかというタイミングでうちの母が入院しまして。
幸い妹が頼りになるので、妹主導でもろもろ手配が進んで私は指示に従って動いてただけだけど、なんせ慣れないことなんで、夏から秋にかけてだいぶあたふたしてしまった。

でも、秋頃にはだいぶ見通しが明るくなってきた。このタイミングを逃さず――本人が安定しててもろもろ順調で、しかも退院予定はちょっと先なので今は他人様に面倒みていただいてる間に――娯楽を大急ぎでこなしてしまおうという魂胆により、先月には香港に行ってきた。 そして明日から、また週末の弾丸で、先延ばしにした友達との旅行に行ってくる。

つまり、とても効率よいスケジューリングで、賢く話が回ってるわけで。
頑張ってくれてる妹と、約束を待っててくれた友人のおかげで、例年と比べればショートバージョンながらも旅の楽しみをあきらめずに済んで、ほんとにありがたいわけで。

それなのに、主に自分自身の七転八倒のせいで、旅行前にキリのいいところまで行きたかった仕事が終わってない・・・。
肝心なところで采配が悪すぎる、この要領の悪さはいつになったら治るんだろう。

だいたい、家族の用事があってもなくても、たった週末2日間を娯楽でつぶすのも厳しいくらいの詰め込み度合いで仕事をしてるっていうのは、持続可能性という面においてあんまりよろしくはないよなぁ、とか。
そもそも私はほとんど独身みたいな暮らしで、しかも勝手気ままにしてるのに、多少の任務が増えた程度であたふたしちゃって、先輩諸氏、主に女性翻訳者の方々のパワフルな仕事ぶりには到底追いつけていないなぁ、とか。

もう若くはないんだし、QOLの向上には自分で意識して取り組まないと、ずるずるこのまま疲弊しちゃう。
そんな反省をぐるぐる考えながら、とりあえず食い倒れの旅に行ってきます。 お腹が膨らめば反省なんか吹っ飛ぶ予感がするけれど。

--------------
11/6-7の作業記録
 案件A:4枚訳す。
 案件B:リーディング読んでる+シノプシス作成。

11/8の作業記録
 案件E:13枚訳す。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-09 23:01 | 記録 | Comments(0)

これにて責了

今年出る本の仕事は全て終了。
今年はヘビーな本ばっかり、我ながらよくがんばった。

--------------
11/3の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件C:2件添削。

11/4-5の作業記録
 案件B:新規リーディング。
 案件E:47枚チェック。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-07 23:42 | 記録 | Comments(0)

干支ひとまわりすれば、多少は変わって来る

絶版の話の続き、というか、絶版の連絡をきっかけにつらつら考えてたことだけど、12年翻訳者をやってきて、最初の頃とはずいぶん出版社/編集者さんとの付き合い方が変わってきたなぁ、と思った。

簡単に言えば、昔よりずっと尊重してもらえるようになったし、大事に扱ってもらえるようになったな、と。

まぁ単純に12年の年を重ねたんだし、20代後半と30代ピヨピヨの翻訳者――翻訳者と言っていいかどうかもわからない、来年に翻訳やってるかどうかもわからない――のときと扱いが全く同じだったら、そりゃあ私に問題がありすぎるってことになるでしょうけど。

かつての私がピヨピヨで物を知らぬくせに頭でっかちだった (「だった」と過去形で言っていいかどうかは疑問が残るけど、それはさておき) ことを十二分に差し引きまくっても、それでもどうかと思うくらいにないがしろに扱われたこともあったし、そのたびに私はキー!とかヒー!とか怒って――内心で。mostly――いたけど、心折れずにやってきてよかった。

あと、12年でありがたいことに30冊以上の本を出してきたおかげで、いい意味で過去の1冊、過去の1社に執着しないでいられるようになったのも、私のメンタル的にはとてもよかったんだと思う。
思うように結果が出なかった本に執着しすぎないのも大事だけど、評価や数字が高かった本にしがみつかずにいられることが大きいかも (そもそもあんまりないし)。

で、ここで私が調子に乗ってしまったら台無しなわけで。
初心者のmindとpassionをもちつつ、それなりに年を重ねた者としての視点ももちつつ。これも難しいバランスなわけだけど・・・。

--------------
11/1の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件C:1件添削+原稿作成。

 案件E:3枚訳す。

11/2の作業記録
 案件A:12枚訳す。
 案件E:7枚訳す。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-03 19:27 | 記録 | Comments(2)

欲深い

絶版の話のつづき。

訳書が絶版になったのは初めてじゃないはずなんだけど(最初から重版しない前提で刷られた本もあるので、それを除いても)、実は 「絶版です」 と連絡をもらったのは今回が初めて。 これ以前の本では、絶対にもう絶版にされちゃってると見当がついてるのに、そうは連絡を受けていない――というか、出したっきり、その出版社さんとは何にもお付き合いがつながらなかったケースがいくつかある。

だから今回 「絶版にします」 と丁寧な連絡をもらえて、「ぜひまた次を」 的な言葉をかけてもらえたのは、むしろありがたいことだよなぁ、と思うわけ。
幸い電子版では生き残るわけだから、その点も嬉しいし。

とはいえ、「本を出せればそれだけで嬉しい」 って思ってた時期もあるけど、やっぱり数字を出せないのはもどかしい。 私個人の自己満足とか、顕示欲とか、あと収入とか、そういう意味での 「数字を出したい」 という欲も正直あって、それはなるべく抑えてやっていきたいと思っているのだけれど、本を出すのは自分ひとりで出来ることじゃないから、かかわってくださった方や、GOを出してサポートしてくださった方がいることを考えると・・・ねぇ。
欲を抑えつつ、貪欲さは維持しつつ。 こんな難しいバランスあるかな・・・。


--------------
10/30の作業記録
 案件A:3枚訳す。
 案件C:2件添削。

 案件E:11枚訳す。

10/31の作業記録
 案件A:2枚訳す。
 案件C:2件添削。
 案件E:11枚訳す。
---------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-11-01 18:54 | 記録 | Comments(0)

残念な知らせ

数年前に出た某訳書が絶版になるって、編集者さんから連絡が来た・・・。
やだやだ、絶版なんかやだ、と床で手足バタバタしたいけど、メールだからそういうわけにもいかず(←メールだから、という問題じゃない)。

多く売れたときが私だけの功績ではないように、絶版になるときも私だけの責任ではない、と思うようにしているのだけれど、やっぱり心情としては 「申し訳ない」 という気持ちが出てきてしまう。編集者さんと出版社さんに対してはもちろんだけど、本に対して、申し訳ない。

でもまぁ仕方ないしね。どうしようもないので、これからの仕事で頑張っていこうと思うしかない。
気分が下がってるヒマはないので、これはこれで切り替えていかないと。


--------------
10/27の作業記録
 案件A:10枚訳す。
 案件C:1件添削。

10/28-29の作業記録
 案件A:9枚訳す。
 案件C:3件添削。
 案件E:原稿読み直し。
 案件F:ゲラ見てる。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-10-30 19:54 | 記録 | Comments(0)

おばばか

イケメンデート続き。今日はもっと若い、ちょー年下ボーイとファミレスランチ。
残念ながらごきげんが悪くて、おへそとオケツをまるだしにして大絶賛だだこねまくりだったので、写真も撮れず。

さっき本人(甥・3歳)から電話があって、母親のささやきおかみ指導のもと、「しゃっきは、泣いて、ごめんね」と言うので、おばさんはもうめろめろでしたとさ。


--------------
10/26の作業記録
 案件A:25枚チェック。
 案件E:原稿読み直し+11枚訳す。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-10-27 22:26 | 記録 | Comments(0)

最近の外食

e0078326_19151132.jpg

知人のイケメン年下男子が、仕事で独立したので、お祝いのハワイアンディナー。

おごってもらうのも嬉しいし、もちろん割り勘でごはん食べに行くのも楽しいけど、「年下男子におごる」 っていうシチュエーションがすげー楽しいのは私だけですか。 おやじくさい?





10月から新しい本に着手してるんだけど、これが苦しい。
『グッドライフ』 のときも苦しかったけど、それを言うなら別に楽だった本なんかないけど、今回の本はまた別の意味でしんどいなぁ。
イヤだとかやりたくないとか、つまんないという意味では全然ない。 むしろ、この本が私のところに来てくれてありがたいと思ってる。 でも、なんていうか、うかうか訳してると気力をごっそり吸い取られる感じ。

よれよれにならないように、甘いもの食べたり、友達と会ったりして、チャージしながら進めないと。
(と、これで色々大義名分が出来た)


--------------
10/25の作業記録
 案件A:15枚訳す。
 案件G:原稿チェック。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-10-26 23:43 | 記録 | Comments(0)

いただきもの

e0078326_19410335.jpg

e0078326_19410300.jpg


「プリンセスサリー」というお米をいただいた。
インディカ米とジャポニカ米のかけあわせなんだって。ロングライスではなくて、もっちりしてて、それなのにさらっともしてて、とてもいい香り。





カレーを作るタイミングがうまく回ってこなくて、いただいてから少し日数が経ってしまったのだけれど、普通の和食で食べちゃわなかったのは正解。私のテキトーなドライカレーが何倍にもレベルアップしておいしくなった。
翻訳もそうだけど(と、強引につなげる)素材のパワーはすごいよねぇ。


--------------
10/21-22の作業記録
 案件A:28枚訳す。
 案件D:あとがき書き。
---------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-10-23 19:53 | 記録 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> はせさん ほん..
by yumi_in_the_rye at 10:47
「キー!」ありますよね・..
by はせ at 16:39
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:19
T社Oさま: ご連絡を..
by yumi_in_the_rye at 19:18
なーるほど。普段自分が言..
by しゅうすけ at 18:55
ブログパーツ