still crazy after all these years



カテゴリ:苺大福( 40 )


最後の苺と衝撃の発見

e0078326_1133811.jpg苺大福シーズンは終わったかと思っていたら、 いただきもの!
 (茶々。購入場所とお値段不明)

塩加減がきつくなる一歩手前の、素朴なおいしさ。
途中で少しつぶれたせいで、
私の好きな苺の埋もれ具合になった(笑)。


好きだと知っていて買ってきてくれる、その心づかいが一番嬉しいです。



ところで衝撃的なことを発見。

某社の翻訳料金設定が4月から外税になったと通知があって、ふーんと思っていたのだけれど、そのどさくさで単価がほんの少し下がってた!えー!

--------------
5/7の作業記録

  案件A:31枚訳す。
  案件B:3枚訳す。
  案件H:2枚訳す。
 
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-05-08 11:03 | 苺大福 | Comments(0)

2013-14年冬の苺大福(8)

そろそろ苺大福シーズンは終わり。番外編的な今回がシーズン終わりのエントリかも。


e0078326_19420249.jpg

e0078326_19420844.jpg










ローソン 「いちごっこ」
137円
クリーム甘め、求肥甘め。
普通のおいしいのだけれど、苺大福としては妥協レベルだし、
最近のコンビニスイーツはかなりクオリティ高いの多いから、
残念ながらちょっと肩すかし・・・。

e0078326_19421599.jpg
丸美屋 いちご大福風 あんこもちの素
100円
・・・これは・・・。
まずいと思うの・・・。 



そしてソウルの!

e0078326_19515075.jpg
e0078326_19521509.jpg

 三清洞、迷ってふとたどりついたどこか
1500w
うん、おいしくはなかった(笑)
あんこと皮のレベルが微妙。特に苺とのマリアージュもなく。
でも、こういうのは出会いだからね!
目の前にいきなり苺大福が飛び込んできたときの感動は忘れない!
e0078326_19555106.jpg

店員さんも親切だったし。



苺大福苺大福と思ってるから目につきやすいんだ、というのはわかってるんだけど、それにしてもここ数年で前より苺大福を見かけやすくなったのは、やっぱり気のせいかしら。いや、きっと私の販促活動が大フィーバー中なんだよ。
--------------
 4/5の作業記録
  案件D:21枚訳す。
 
--------------------------------------------------------


[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-04-06 20:05 | 苺大福 | Comments(0)

2013-14年冬の苺大福(7)

e0078326_20393672.jpg
翠江堂 購入は八丁堀本店
210円
やっと買えた!東京で苺大福と言えば必ず挙がる翠江堂
苺の大きさやブランド頼みでなく、あんこを犠牲にもせず、
なおかつ「苺と大福」じゃなくて1つの作品になってる、このバランスは絶妙。
全く方向の異なる南青山の「まめ」と共に、
私的ランキングで東京の2大苺大福に選出されました。

それはいいんだけど、わざわざ八丁堀まで足を運んだのに、
昨年12月から大手町ビルにも出店してたんだって。
そういうことは店内のポスターだけじゃなくてサイトにも書いてよ・・・。
しかも東京駅ecuteにも3月末まで出店だって。
これは私のリサーチ不足だけど。無事に買えておいしかったから無問題だけど!

e0078326_20402271.jpg
熊本 スイーツファクトリー
購入は渋谷Foodshow (3月19日まで出店)
商品名は「博多ふわり」262円
羽二重餅と生クリームの甘さがとてもよい!
裏を見ると、ふろしきで包むように、封筒の蓋を閉じるようにくるまれていて、
それもかわいい。
個人的な好みとしては、このクオリティで苺in大福だったらなお嬉しかった。

e0078326_20402915.jpg
金泉堂 (どこのお店だろう?)
購入は渋谷西武1F(入り口前)の催事場
262円
苺に文句はないんだけど、塩つぶ餡と生クリームの親和性は・・・ううむ。
「しょっぱい甘い」+「甘い」+「甘酸っぱい」で調和をとるのは、
ちょっと難しいかも。




--------------
 3/17の作業記録
  案件J:チェック。
 
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-03-18 21:06 | 苺大福 | Comments(0)

2013-14年冬の苺大福(6)


まだ食べてます。
苺大福INDEX作りました。我ながら色んなエネルギーを充当しすぎだと思う。

e0078326_17510497.jpg
広尾 果匠正庵
(いただきもの)
いちごだけじゃなくて、あんず大福やラズベリー大福もあるお店だけど、
ここは明らかに苺じゃなくて大福のほうに主眼があって
和菓子!あんこ!という存在感。
よい意味であまりお上品すぎない、親しみのある美味しさ。
お餅が固くなるのが速いタイプなので、買ったら早めに食べないと。

e0078326_17514568.jpg
阿佐ヶ谷 鉢の木
購入は伊勢丹新宿(※今年の出店期間は終了)
 250円
あっ、これ、予想以上においしい。
あんこの甘さがいいバランス。


e0078326_17515581.jpg
信州 小布施堂 
購入は小布施堂shijuku(伊勢丹新宿)
栗いちご大福 367円
うーん、これは好き嫌いが分かれそう。
栗と苺は合うの?合わなくない?
これに関しては栗大福として食べたかったかも。栗あんおいしかった!
 


--------------
 2/26の作業記録
  案件C:原稿作成。
  案件D:3枚訳す。
 
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-02-27 18:41 | 苺大福 | Comments(2)

2013-14年冬の苺大福(5)

e0078326_03361415.jpg
e0078326_03361900.jpg

福岡 ボンサンク 購入は博多マイング店
137円
白あんとこしあん。
博多あまおうが入ると、良くも悪くも苺が主役にならざるを得ないんだと思う。
あんこは引き立て役としてちゃんとお務めを果たしている。


e0078326_03445337.jpg
 e0078326_03445761.jpge0078326_03532607.jpg



福岡 太宰府参道 天山 
420円









鬼瓦!の正体は、苺大福もなか。
もなかのさっくり具合も、
あんとおもちのやわらかさも絶妙だったけど、
やっぱりこれも博多あまおうの勝利だと思う。
まいりました。
私の苺大福史上最高のお値段だけど。


このお店、ふつうの苺大福も3種類あったし、
鬼瓦最中の苺大福も白あん・こしあんに加えて
緑の八女茶あんもあって、
全部試せなかったのが本当に残念。

道真さんにご挨拶するより苺大福に夢中になっていた私は、
果たして頭をよくしてもらえるのでしょうか。


e0078326_03362383.jpg
菓匠雅庵 購入は品川エキュートサウス
273円
両側に小さな苺が入っているパターン。
決してまずくはないのだけれど、これは久々にピンとこなかった苺大福だったかも。
なんでだろう。おもちとつぶあんの存在感がありすぎた?





[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-02-03 23:34 | 苺大福 | Comments(2)

2013-14年冬の苺大福(4)

e0078326_12195493.jpg
ゆりい菓 (購入は渋谷ヒカリエ)
商品名は「苺単衣(いちごひとえ)」
210円
 見た目をキャラクターにしたカワイイ系の和菓子全般には
いつもそれほど期待しないのだけれど、これ、予想を裏切る完成度の高さ!
 単衣の求肥と白餡の控えめさが、いちごとのバランスがとれていて
本当にすばらしい。
強いて言うなら、わりと造形がリアルなので、
人食い化け物みたいな気分になるのが難点というか、それが面白いというか。
正統派でない形状の苺大福の中では、ダントツにおすすめ。

e0078326_12201389.jpg
奈良 天平庵 (購入は渋谷ヒカリエ)
230円
 「飛鳥美人」という商品名の正統派苺大福は以前に食べているのだけれど
今回はそのバリエーションで、苺チョコ大福。
チョコとかジュレとかもあんまり期待していなかったのだけれど、
これも予想外にクオリティが高く、上記に続きふたたび驚愕。
 チョコを求めた人は少しがっかりするかも、というくらいチョコの存在感はなく、
それでいて、餡子とはやはりどこか違う甘味が、苺とマッチしてる。
洋菓子やチョコフォンデなんかを思い浮かべれば、合うのは当たり前だけど、
 周囲のおもちとも喧嘩していないのがすばらしい。



e0078326_12450432.jpg
新宿中村屋 (購入は渋谷マークシティ)
210円
そしてブランド名が
e0078326_12450793.jpg
(店員さんに許可をとって撮影)
「こゆみ菓」は以前からある中村屋のサブブランドで、
意味は「こゆみ(暦)ごとのおいしさを味わう」ということみたい。
あんこがしっかり甘くて主張が強く、いちごが小さいながらもジューシーで、
ていうか、もうこれは私としてはネーミングだけで勝利。


そういうわけで、もう勝手にお墨付きをもらった気分になってます。
May 苺大福 be with you.





[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-01-26 09:18 | 苺大福 | Comments(2)

2013-14年冬の苺大福(3)

昭和後期に考案されたと言われる「いちご大福」。日本橋三越本店は、1月イチゴ大福をフィーチャー。バリエーション豊かに地下1階各店舗で販売している。いちご大福の元祖とも言われる「大角玉屋」元祖いちご...
  
日本橋三越は例年いちご大福祭りをやってくれるのだけれど、今年は去年・一昨年よりフィーバーしてる気がする。 同好の士が多いみたいで、土曜の12時すぎに行ったのに、もはや売り切れで買えないのもあった・・・。 とりあえず2つ確保。

e0078326_21251954.jpg
花園万頭
262円 たしか日本橋三越限定
これは正統派。 あんこがしっかりしていて、よい意味で 「ふつう」。
和菓子をおいしくいただきました、という感じ。


e0078326_21253829.jpg
e0078326_21254131.jpg
榮太樓總本鋪
315円 これも多分日本橋三越限定
「みるく餡とつぶし餡、2種の餡を使用」・・・とパンフレットにはあるのだけれど、
みるく餡いらないと思う。 アメの味がして、ちょっと甘みが強すぎる。
といいつつ、このブタさんみたいなウサギ(※私が少しつぶしちゃったせいだけど)のかわいさには完敗。



e0078326_21255226.jpg
大倉山 わかば
こちらは日本橋三越ではなくて、同業者H姐からのいただきもの。
ありがとうございました!

苺がいい具合のジューシーさで、あんこととても良いバランス。
もう1つのほうは 「いちごオレ大福」 をいただいたのだけれど、
これが予想以上に大ヒットのおいしさ! 苺ジャムが絶妙。
生クリームとおもちとよく合っていて、3個くらいぺろりといけそう。



[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-01-20 21:45 | 苺大福 | Comments(2)

2013-14年冬の苺大福(2)

食べてます!

e0078326_20244498.jpg
南青山まめ
330円
東京のお店で黒あんで、と言えば、
私にとってはやっぱり「まめ」の苺大福が不動のベスト。
「まめの苺大福」と書いて私は「しあわせ」と読みます(←長いな)
(予約不可。14時か15時くらいには売り切れるそうです・・・)

e0078326_20245877.jpg
菓匠 しげた 相鉄ジョイナス店
262円
これ、白あんがとても上品で、
かといって「お上品」にはならないさじ加減がとてもやさしい。
見栄えもいいので手土産にしたい感じ!

e0078326_20251925.jpg
深川伊勢屋 東京駅大丸店
250円
つぶあん。これはわりと素朴な感じで、
かといって田舎ぽい感じのしない、いい意味で「よく知ってる味」。
出先だったので写真がうまく撮れず残念・・・おいしかった。



--------------
1/10の作業記録
  案件A:23枚訳す。


1/11の作業記録
  案件B:読んでる。
 
--------------------------------------------------------



[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-01-12 20:39 | 苺大福 | Comments(0)

日本橋三越!

e0078326_1761238.jpg

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-01-11 17:04 | 苺大福 | Comments(0)

2013-14年冬の苺大福(1)

といいつつ、今年の最初は 「偏愛宣言」 の 「2」 に反する――ていうか2は最初から破綻してるけど――変わり種3個から。


e0078326_00080546.jpg
デイリーヤマザキ
115円(←キャンペーン期間)
小気味いいほど香料がただよう一品 (笑)。
上品な和菓子よりベタに甘いのが欲しい!っていうときには
むしろこういうのが嬉しいかも。

e0078326_00082065.jpg
銀座 瑠璃 苺生大福
(いただきもの。H子ありがとう!)
瑠璃というブランド名を裏切らない可憐さながら、
「堂島ロールと同じ」 というふれこみの生クリームがすごく濃厚。
苺の酸味がいい具合に対比してる。
あんこの必要性については意見が割れるかもだけど、
結局美味しかったし、これもありだと思った。

e0078326_00083376.jpg
茶茶 (渋谷FoodShow手前の出店)
220円
これは、おもちとあんこの主張が強いけど、
「食べた!」の満足感あり。


例によって引きこもり生活につき、街さ出ること自体が少ないので、今年も用事があるときに和菓子屋さんを数軒まとめて回って買って食べる、というパターンなりそう。 苺大福を軸にスケジュールが決まる、と。 僕の世界の中心は苺大福だ。

--------------
12/9の作業記録
  案件A:9枚訳す。
  案件E:10枚訳す。

12/10の作業記録
  案件A:24枚訳す。
  案件E:11枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2013-12-11 23:39 | 苺大福 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 21:29
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
こちらこそ昨日はありがと..
by yumi_in_the_rye at 16:34
先生、今日はどうもありが..
by ayu at 21:58
ブログパーツ