still crazy after all these years



2017年 08月 10日 ( 1 )


初めての出版翻訳【時間割の立て方・2】

連載になったの? 出版翻訳のスケジュールの話・第3回。 第1回第2回
いや、もうたいして書くことはないんですけど、なんとなく。

「時間割」 と言うからには、1コマ(1時限) は何分なのか、という問題がでてきます。
(ちなみに私の行っていた大学は75分×6限だった。 6限目の授業の出席率の低さったら。 一度、10数人いるはずの授業で先生と一対一になったことがある・・・)

その際に考えたいのは、自分は仕事の時間をクロックタイムでとらえるのか、イベントタイムでとらえるのか、という点です。
 クロックタイムは、一般的な時計で計る時間のこと。
   たとえば10時から15時まで仕事をします、とか。
   今日は5時間仕事をします、とか。
 イベントタイムは、何らかの物事が起きている間や、物事が完成するまでなど、できごとの区切りで計る時間のこと。
   2000ワード進むまでやります、4000字訳すまでやります、とか。
(この概念は、『すべては「先送り」でうまくいく』という、とっても面白い本で勉強したんだけど)

私は明らかにイベントタイムでとらえるタイプです。 今日4000字やると決めたら、何時間かかっても、そこまでやる。
(外出の予定があれば、当然クロックタイムも視野に入れるけれど)。
なので、時間割の1コマが何分になるかは決めていません。 欠点として、だらだら時間をかけてしまう危険性があるけれど、私の場合はこれで進めたほうが安心感があるので。

時間の把握の仕方って、案外と人によって違うものらしいです。 特に就業時間の決まっていないフリーランスは、自分がどっちのタイプで作業するのが性に合っているのか、一度考えてみると何かの目安になるかもしれません。 まー参考までにね。


--------------
8/9の作業記録
 案件A:22枚訳す。
 案件D:6枚訳す。

-------------------------------------------------------





[PR]
by yumi_in_the_rye | 2017-08-10 07:29 | 記録 | Comments(5)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> はせさん ほん..
by yumi_in_the_rye at 10:47
「キー!」ありますよね・..
by はせ at 16:39
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:19
T社Oさま: ご連絡を..
by yumi_in_the_rye at 19:18
なーるほど。普段自分が言..
by しゅうすけ at 18:55
ブログパーツ