still crazy after all these years



息抜きに出かけて手に汗握る

『シン・ゴジラ』 を見てきた。ちゃんと新宿のTOHOで見るという律儀さですよ。

私は庵野秀明という人の作品が総じて好かんのだけれど (「エヴァから嫌い」 じゃなくて、「ナディアから嫌い」 だから、嫌い歴も長いよ) これは面白かった。 私にとっては、『マッドマックス 地獄のデスロード』 が面白い、というのに近いレベルで面白い。 映画とかあんまり見ない人でも 「映画ってすげーなー!」 と言わせそうな作りになってるのがとてもイイと思う。

余喜美子さん演じる防衛大臣が、今にも 「やっちまいな!」 と言いそうで、カッコよくてさ。 彼女を 『キル・ビル』 のルーシー・リューに重ねて見てしまうと、そのそばに国村隼がぴったりくっついているあたりが、ちょっと笑える。
竹野内豊の背が低く見えるという構図も新鮮だったけど、調べてみたら (少なくとも公称としては) 竹野内が179、長谷川博己が182なので、3㎝しか違わないのね。 多分、長谷川さんが痩せていてしゅっとしてるせいで余計に高く見えるんだと思う。

難を言えば――というか、欲を言えば、要請を受けて血液凝固剤の研究や製造に取り組む全国の民間製薬会社の人々とか、凝固剤や様々な機材を運ぶトラックドライバーとか、在来線を例の仕様にしたり(←ちょーかっこいい)巨大歯科治療セットの準備に奔走した官民の現場作業員とか、そういう場面を瞬間的にさしはさめたら、余計に感動をあおれたんじゃないかな。 小さな町工場で作る機材が役に立つとか、そういうあざとく感動を強要する場面を入れてもよかったような。 ドイツがコンピューター能力を貸し出す場面があったけど、海外より「日本人の不屈のモノづくり精神が!一丸となって!」 っていうのを強調したほうが、オハナシとしてキレイだ。 そこに漂うオカシミとかスカシという意味でも効果的だったんじゃないかな。

とはいえ、それは私の戯言。全体的によい作品だと思うし、好みは人によって分かれるとしても、これが完成させた庵野監督に対して純粋に敬意を抱かずにはいられない、という感じ。
嫌いだっていうのは今も変わらないけど、嫌いでも作品は褒めてもいいもんね。


e0078326_20060740.jpg映画に遅れそうで走ったらサンダルが壊れた・・・。
安物だけど気に入ってるので、修理して、せめてあと半月はもたせるつもり・・・。








--------------
8/12の作業記録
 案件A:8枚訳す。

 案件C:添削1本。
 案件J:3枚訳す。
8/13の作業記録
 案件E:ゲラ見てる。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-08-14 20:18 | 観た映画 | Comments(0)
<< iPadが来た、そして去った 戻れない >>


10歳かな

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ