still crazy after all these years



踊り忘れず

小3だったとき。
私は当時から既に背が低いほうだったし――背の順では1番目か2番目――読み書きが人より早かっただけで小1・2までかろうじて保っていた 「神童」 というタイトルが完全に崩れ去ってシビアな現実が見え始め、おどおど気味の小学生だった。

で、そんな私にわりとよく声をかけてくれていたクラスメイトのYちゃんは、たぶん当時すでに160㎝近かったと思う。 彼女の名誉のために言っておくと、別に私を子分とかパシリ扱いすることなんか絶対になかった。 でも私にとっては、なんというか、心理的なボス。 いや、ボスは言い過ぎかな。 同い年だけど先輩にあたる存在だったと思う。

少し前にそのYちゃんに会った。 それこそ小学校卒業以来。 そして身長差、ほぼ変わらず。
詳しく話は聞かなかったけど、彼女は今翻訳の勉強を始めているという。 私がその仕事についていると知って、嬉しそうに色々と尋ねてくれた。

少なくともこの件に関しては、今回は私が彼女の役に立てるかもしれないわけで。
なんていうか、「先輩」 的な立場で、少しでも情報を伝えられるかもしれないわけで。

・・・と思ったのに、というか、と思うより先に私は反射的に後ずさりして、「はいっ、焼きそばパン買ってきます!」 モードになっていた。
しつこいけれど彼女の名誉のために言っておくと、小学生時代にそんなこと言われたことなんか一度もない。 小学校には売店がなくて焼きそばパンは売ってなかったから――じゃなくて、真面目に、パシリ扱いされたことはなかったから。 でも、私の身にしみついている何かを表現するとしたら、「焼きそばパン買ってきます!」 としか言いようがないかも。 同級生だし、喋るのは普通にタメ口なんだけど、心理的に敬語使うっていう感覚、わかってもらえますかね。

「三つ子の魂百まで」というか、「ちびの魂は小3からアラフォーまで」 というか。
いや、「ちびはアラフォーまでパシリ忘れず」 かな。
もうこれから先、心身共にちびじゃなくなることはないしなー・・・。



--------------
5/9の作業記録
 案件E:600枚くらい見直し。
 案件F:見直し。

5/10の作業記録
 案件A:6枚訳す。
 案件E:600枚くらいもう一度見直し。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-05-11 19:34 | 記録 | Comments(0)
<< 隣に座る みまごうことなき >>


10歳かな

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ