still crazy after all these years



祖母のこと

祖母は着道楽の人だった。 孫の目から見て、別にそれほど高価なものを持っていた・着ていた記憶はなかったのだけれど、15年ほど前に亡くなったあと、遺品はもう服ばっかり。 しかも似たようなのを何着も。
祖母は背こそ低かったものの、晩年かなり大きめの樽型体型だったので、残念ながらほとんどは私も母も妹も着ることができず、だいたい処分してしまった。

だけど、さすがに高価なので処分せずに引き継いだものがいくつかある。 例えば毛皮。 祖母は本当に何枚も毛皮のコートを持っていたんだけど、体型が合わない以前に、髪の毛を紫に染めて色付きの眼鏡でもかけないと似合わないようなぼってりしたやつばっかり。 貫禄のない私にはとても無理、というわけで、これは引き続き死蔵。

数少ない例外だったのが、ファーのマフラー。 動物愛護団体の人が頭から湯気たてて怒りそうなくらい、リアルファーがたくさんあって、私はどれもこれも 「おばさんくさー」 と思っていた。だからずっと使う気がなかったんだけど、この冬の初めに何の気なしに試着してみたら、これが案外と似合うのよ (当社比で)。 ミンクやテンがしっぽに噛みついているタイプはまだ使うのをためらっているのだけれど、顔のついてないアライグマのふわっとしたファーは素敵で、この冬は結構活躍してもらった。

それからトレンチコート。 昔 「ゆみちゃん、これ着る?」 と祖母に言われたときは、「着な―い (そんなダサいやつ)」 と断言していたのに、肩パットを抜いたらわりと悪くなくて、今年の私の気に入りの1枚になった。

トレンチコートに関しては、流行が回ってくれたおかげもあるけれど、似合うようになってきた主な理由は私がオバサンになってきたからだ。
そう思うと、年齢を重ねるのは悪くない。 髪の毛を紫に染めて毛皮のコートを着る日だって、そのうち来るのかもしれない。



--------------
3/31の作業記録
 案件C:5件添削。
 案件F:2枚訳す。

4/1の作業記録
 案件B:読んでる。
 案件C:3件添削。
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-04-02 19:27 | 記録 | Comments(0)
<< 祖母のこと(2) jargon... 青息吐息 >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
こちらこそ昨日はありがと..
by yumi_in_the_rye at 16:34
先生、今日はどうもありが..
by ayu at 21:58
「おまいう」は初耳。いつ..
by yumi_in_the_rye at 15:39
ブログパーツ