still crazy after all these years



silver bullet

自分の翻訳を批判されたときに 「怒る」 という選択肢を選ぶのは難しい――怒りよりもとっさにひるんでしまうという意味での 「難しい」 と、怒るべきではない、もしくは怒りを見せるべきではない、という意味での 「難しい」 の両方――のだけれど、同業者の大事な知人が経験した不条理の話を聞くと、かなり真剣に怒りを感じてしまう。

これは例だけど、「a, b, and c」 という原文を 「A、B、C」 と訳そうものなら、「そしてC」 でなければ誤訳だ、と吠えて来るようなクライアントの話には、まじめにちょっと怒りで身が震える。
だけど、こういうのはどうしようもないんだよね。 別に 「そして」 を入れること自体はやぶさかでないとしたって、そういう問題じゃないんだ、というのを理解してもらうのはまず無理だもの。 そんなことができる相手なら、そもそも 「and を 『そして』 と訳さなければおかしい」 なんて言ってこない。

前述の知人は本当に強くて潔い解決方法を選んでいた。 もちろん後味はいいわけないのは理解しているつもりだけど、どんなときにも不満をためたダラダラ作業で仕事を汚したりしない姿勢を私は心から尊敬しているし、見習っていきたい。

10年もやってきたけれど、仕事で何か不本意なことがあったときの対処方法とか、気持ちのもちようとか、私はいまだに何かとぶざまなことになりやすい。 そういうの、我ながら本当にもどかしくって情けない。 といっても万能の解決方法があるわけじゃないのはわかってるし、ここ数年でいくつか気づいたこともあったので、多少は進歩してると思いたい。

恥の多い人生だけど (笑)(←(笑)じゃすまない) 少なくとも目の前の仕事で不誠実なことをしない。 つねにそれだけ言い聞かせていようと思う。



まー、相変わらずナイーブな話ですけどね。


--------------
2/15の作業記録
 案件A:24枚チェック。 
 案件F:3枚訳す。 
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-02-16 15:55 | 記録 | Comments(0)
<< 人気なのはわかったから、カワイ... ダイアログ >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
「すごい」の強要に応じて..
by yumi_in_the_rye at 16:09
ほんとうに、すごいです。..
by まちゃこ at 14:55
> SKomoriさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:57
遅ればせながら…大変貴重..
by SKomori at 18:13
ありがとうございまーす。..
by yumi_in_the_rye at 07:38
ブログパーツ