still crazy after all these years



ダイアログ

「無知」の技法』 を課題本にした読書会のお声掛けをいただきまして。
読書会というか、いわゆる 「ワールドカフェ」。 一応この本が課題図書だけれど、本の話をするための会ではない。 そこからいくらでも広げていけるのが醍醐味という趣旨なので、勇気を出して参加してきた。

この本のテーマ――自分が何かを 「知っている(べき)」 という考えにしがみつかない――から言って、私が 「訳者でござい、この本のことは何でも知ってるでござい」 の顔をするのは筋が通らない。 だけど正直言うと、私自身、自分が 「訳者でござい」 の顔をせずにいられる自信がなかった。
それは別にこの本に限ったことじゃなく、自分のポジションをそういうふうにわかりやすく決めてポジショントークをするほうが何かと楽だから。
特に初対面の人ばかりで緊張する場面では、そのほうが取り繕っていられるから。
だいたい私には、他にこれといって話せることもないし。

でも、予想に反して&嬉しいことに、心得顔をしない自分で読書会の3時間を過ごせたような気がする。

ダイアログは面白いなあ。 びびりの私がそんなふうな時間を過ごせて、そして誰もが聞き上手・話し上手になれる場が自然と形成されていたのは、ファシリテーターの手腕と、参加していた方々の意識の高さのおかげであることは確かなんだけど、その場ではそう意識させないのがまたいいんだよね。 あとから思い返して、「ああ、うまく引き出してもらったんだな」 と気づく、という。

本を読むこと (訳すこと) が、何か別なもののきっかけになるというのは、やはりとても嬉しい。


--------------
2/12の作業記録
 案件A:7枚訳す。
2/13の作業記録
 案件A:11枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2016-02-14 23:06 | 記録 | Comments(0)
<< silver bullet 国会図書館前にて >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>小桜さん わー、..
by yumi_in_the_rye at 10:19
こんにちは。 中国語の..
by 小桜 at 22:47
クラウドがあれば、ひとま..
by yumi_in_the_rye at 13:23
iPhoneでEvern..
by Natsume at 12:10
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 00:19
ブログパーツ