still crazy after all these years



communicate miscommunication

大型案件のすきまに挿入した単発案件がキツい・・・。 量もだけど内容が重たくて、げんなりしてくる。 日本人・外国人の不和に関連する資料の翻訳はつらいな。 同業者で、こういう争議関連や裁判関連の仕事が多い方は、どんなふうにメンタルトレーニングしてるんだろう。

昔、まだ私に少しだけ英語リスニングの瞬発力があった頃、ちょっと通訳のまねごとのような仕事をしていた。 まねごととも言えないお粗末なレベルだけど、そのときに一度、目の前でイギリス人と日本人に喧嘩されたことがあった。 というか、日本人の女性のほうが一方的に怒っていて、怒っていること自体は表情から明々白々なのだけれど、彼女は言葉の上では絶対に怒りをだそうとしなかった。 通訳である私は、口に出された言葉を訳すしかないのだから、彼女の怒りについては何も言えず。
イギリス人のほうは怒っている理由を知りたがっていたし、私には怒りの理由はわかっていたのだけれど、それを伝えることはできない。 あれは本当にもどかしくて、どうすればよかったんだろうとずっと考えていた。 今も答えは出ていない。

もしかしたら、あのときの私はちゃんとした有資格の通訳でもなく、訓練も受けておらず、素人であることを全員が了承の上でその場にいたのだから、自分の役割の制限なんて考えずにでしゃばっちゃったほうがよかったのかもしれない。 20代後半の経験も知恵も常識もない、度胸と厚顔のカタマリという立場を 「活用」 して、「だからね、彼女が怒ってるのは、こういうことなのよ」 って言っちゃえばよかったのかも。 プロであれば許されない逸脱。 もしかしたら、それで事態は解決していたのかも。


争議関連のような、そもそもミスコミュニケーションの状況に、通訳とか翻訳みたいなコミュニケーションを成り立たせようとする職務でかかわる方々は本当に大変だと思う。 その通訳の一件のときの私も、今回の資料を訳している私も、そうした方々の苦労には程遠いわけだけれど、それにしても頭が下がる、と思った。

--------------
12/18の作業記録
 案件A:41枚チェック。
 案件J:5枚訳す。

12/19の作業記録
 案件B:読んでる。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-12-20 22:04 | 記録 | Comments(0)
<< ひとだんらく 重ねました >>


10歳かな

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ