still crazy after all these years



ギャップ分析

自分の声が昔からあまり、というか、かなり、好きではなかった。

正確に言えば 「録音した自分の声」 に違和感がある。 つい 「本当はこんな声じゃないのに」 と思ってしまうけど、「本当は」 も何も、それが人様に聞かせてる 「本当の」 声なわけで。
まぁアナウンサーになるわけでも歌手になるわけでもないので、悩んでも仕方ないのだけれど。

ところが、先日収録された音源にちょろっと入った自分の声を聞いたら、これが思ったほど変じゃなかったので、逆にちょっと意表をつかれた。 あくまで当社比というか 「私が思ってたよりも」 の話だし、機材との距離や環境のせいかもしれないけど。


多分、長年の期待度の低さが、かえってプラスになったんだと思う。 そういうことってほかにあるかも。 というか、逆のパターンで、根拠なく鼻を高くしていてへし折られることもあるかも。
後者のほうがへこむのは大きそうなので、ちょっと気をつけなきゃと思った。 といっても、気をつけるだけの自覚がないからこそ困るんだけど。

--------------
6/21の作業記録
 案件H:31枚訳す。

6/21の作業記録
 案件H:31枚チェック。
 案件K:6枚訳す。
--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2015-06-23 18:48 | 記録 | Comments(2)
Commented by hamuneko7 at 2015-06-24 16:47
こんにちは。
録音した自分の声,なんだか気恥ずかしいような。でも,朗読の練習だと,うまくよめているかに集中し恥ずかしさもふっとんでしまいます。今度は下手さに呆れ…
集団の中にいる声だと,その場の声としてふさわしいかどうかのほうが気になるかもしれませんね。
ところで,「プリシラ」大好きで,劇場で見てビデオで4回くらい見ました。本もよかったけれど,あの映画は忘れられませんね。yumiさんのラブレターにあったほかの映画も見たいです。
Commented by yumi_in_the_rye at 2015-06-25 19:07
コメントありがとうございます。
『プリシラ』は音楽もいいですね。
<< ギャップ分析(2) 着々と >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>Kさま はい、承..
by yumi_in_the_rye at 19:15
>Yさま ご連絡あ..
by yumi_in_the_rye at 10:58
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 21:29
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
ブログパーツ