still crazy after all these years



新しい立体感

そういえば少し前だけど 『ゼロ・グラビティ』 を観た。

3Dというものが登場してからずいぶん長いこと、その特長は 「飛び出してくる」 もの だと認識されてきた。 映画の趣向としては、いきなり目の前に迫って来て驚かせる、まぁコケ脅し的な使い方ばっかりだったと思う。 で、『アバター』 あたり から、むしろ3Dによって 「深さ」 や 「奥行き」 のほうが表現されるようになって、スクリーンから何かが出てくるというより、こちらがスクリーンの奥へ落ち 込んでいくような臨場感が体感できるようになった。

無重力状態に投げ出される恐怖を描いた 『ゼロ・グラビティ』 は、重力がないゆえに飛び 出すでも落ちるでもない、全く新しい感覚を味わわせるという新境地に成功している。 しかも、「目の前に飛び出してくる」 「自分が落ち込む・吸い込まれる」 ならば現実に体験することもありえるけれど、無重力状態を一般人が体験することは皆無といってもいい (身動きが自由にならない様子は、ダイビングの感覚に少し似ている気がしたけど)。 つまり、リアルかどうかは本当はわからないことをリ アルに感じたと思わせる、という、これは実に野心的な試みに成功した映画だ。

個人的にはストーリーは物足りない。 話に深みを持たせるためには、主人公が地上にいたときの場面 (特に娘とのかかわりを示す何らかの布石) と、足元を印象づける絵が絶対に必要だったと思う。 彼女はあきらめて 死を待つ気持ちになるほうがむしろ自然なのだ、と思わせるトリガーがもう少し必要だった。
だけど逆説的ながら、そうした場面を入れていたら、この映画は絶対に冗長で 「ふつう」 な作品になっていたに違いない。 そうなってしまば、この作品はもはや二流だ。 だから前後を大胆に切り捨てて、見せたい絵だけにあえて絞りこんだのは賢い戦略だと思う。

この映画のサンドラ・ブロック、ちょっとヒラリー・スワンクに似てる気がするのは、この作品の絵がヒラリー主演の 『ザ・コア』 と少しばかり似ているせいかも(クオリティは全然違うけど)。 サンドラ、思うようにならない乗り物に苦戦させられるパターンは20年ぶりの再来。 乗り物がバスから宇宙船に進歩したあいだに、彼女もいい感じに若さで勝負しない役者になった。


--------------
 2/28の作業記録
  案件D:28枚訳す。
 
--------------------------------------------------------

[PR]
by yumi_in_the_rye | 2014-03-01 23:10 | 観た映画 | Comments(0)
<< 旅の真ん中 2013-14年冬の苺大福(6) >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は「非公開」を選択できます。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 21:29
いよいよですね! これ..
by しゅうすけ at 09:49
わあ、ありがとうございま..
by yumi_in_the_rye at 16:31
こちらこそ昨日はありがと..
by yumi_in_the_rye at 16:34
先生、今日はどうもありが..
by ayu at 21:58
ブログパーツ