still crazy after all these years



喋るは易し、でも

 専門家によると、私たちは毎日35000件のメッセージにさらされている。 どこにいても、どこに目を向けていても、誰かが私たちの関心をつかもうとする。 政治家、企業広告、ジャーナリスト、家族、知人が、何かを言おうとしている。 日々、Eメールを読み、テキストメッセージを受信し、看板やテレビや映画やラジオに接し、ツイッターやフェイスブック、ブログなどをチェックする。新聞、雑誌、本もある。この世界は言葉でいっぱいだ。 どのメッセージに注意を向け、どのメッセージに背を向けるべきか、どうやって選んでいけばいいのだろう。

 もちろん、私たち自身もメッセージを発信する。 先日読んだ記事では、平均的な人間は1日に16000語を発するそうだ。 全部の言葉を書き起こしていったなら、1週間で300ページの本が1冊埋まる。 1年が終わる頃には、本棚いっぱいの言葉があふれている。 生涯が終わる頃には図書館ができる。 しかし、その中でどれくらいが、本当に大切な言葉だろうか。何かを変える言葉はどれくらいあるだろうか。 誰かに伝わる言葉は、どれくらいあるだろうか。

 喋るのは易しい。 誰でも喋る。 難しいのは、その言葉に価値をもたせる方法だ。

 私たちはどうすれば、本当に人とコミュニケーションしていくことができるだろうか。



リーダーシップ論の権威、ジョン・C・マクスウェルが、今回の本ではコミュニケーションについて語っています。 一対一で喋るとき、集団の中で喋るとき、大勢を前に講演をするとき、それぞれの場面で効果的に 「つながり」 を生み出には、どうしたらいいか。 本当の意味で伝えるには、どうしたらいいのか。

コミュ力ってやつを重視し、SNSや様々なデバイスを活用してしている人には、その饒舌な言葉の奔流が単なる 「数撃ちゃ当たる(かも)」 にならないように。
コミュ力ばやりに気圧されて、ともすれば口を閉ざすことで身を守りたくなる人には、もっと上手に伝えたいことが伝えられるように。

そのための具体的なテクニックと考え方を、肩肘張らずに考えられる本。 そんな1冊になりました。

私がマクスウェルの本を訳すのは、『夢をかなえる10の質問にあなたは「YES」で答えられるか?
』 に続き、2冊目。 その本とも、マクスウェルの数々の既刊本とも、ぐっと雰囲気が違っていて、個人的にはとても好きです。 表紙と中身の装丁も本当にすてきで、今までのマクスウェルのリーダーシップ論は自分には関係ない、と思っている方にも興味をもってもらえるかも。

推敲の時点で、長野の翻訳者、保科京子さんのお知恵を借りました。 今回もがっちり支えてもらって、本当に嬉しかった。 ありがとうございました!

そういうわけで、『結果が出せる人になる「つながり」力』、発売日は今日、9月18日です。 どうぞよろしく。





--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-09-18 08:44 | 訳した本 | Comments(4)
Commented by 宇山茂樹(札幌ビジネス読書会) at 2013-01-03 12:04 x
はじめまして。
札幌で読書会を主催している宇山と申します。

12月に開催した14回目の札幌ビジネス読書会では、この本を課題本として活用させていただきました。

「今年読んだなかで最高の一冊」と評価する参加者もいて、当日のディスカッションも、非常に実りの多いものとなりました。

リンクしたURLが、読書会のオフィシャルサイトです。当日の様子も書いておりますので、もしよろしければご覧ください。

ほんとうに良い本をありがとうございました。簡単ではありますが、この場を借りて、御礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いします。
Commented by yumi_in_the_rye at 2013-01-03 19:18
宇山様
はじめまして、コメントありがとうございます。そして読書会で訳書を取り上げてくださったとのこと、とても光栄です、ありがとうございます!
私にとってあの本は、マクスウェルの本の中でかなり好きだと思える1冊でした。原書の力、そして編集者さんたちの力で、訳書もいい仕上がりになったと思っています。読んでいただけてとても嬉しいです。

こういうお知らせをいただけるのは本当に光栄です。仕事をする上で励みになり、背筋が伸びる思いがします。できれば読書会にこっそり参加したかった(笑)。次の読書会で、同じメンバーの方々に会われるようでしたら、訳者が喜んでいたとぜひお伝えください。
Commented by 宇山茂樹(札幌ビジネス読書会) at 2013-01-05 04:04 x
もし札幌に来られる機会がありましたら、ご連絡ください。読書会緊急開催します!

当日参加してくれた会員さんのブログにも記事があります。「古くからのオイラのダチ」なので、もしよろしければ、お時間あるときにコメントなんかしてもらえると、サプライズです!
http://moyuuta.blog52.fc2.com/

次回の読書会の際には、上原さんから感謝の言葉いただいたことを伝えておきますね。

それでは寒い日が続くと思いますが、お体ご自愛ください。

今後ともよろしくお願いします。
Commented by yumi_in_the_rye at 2013-01-12 00:32
コメント放置しちゃってすみません!ちょっと仕事がせっぱ詰まっておりました。

札幌、最後に旅行に行ったのは、6年くらい前だと思います。また行きたいなぁ。お目にかかる機会があるといいですね。
お知らせいただいたブログ、折りを見てコメント入れてみます。皆さまにどうぞよろしくお伝えください。
<< どっちに伸びる 19冊目 >>


10歳かな

by yumi_in_the_rye
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)


翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

メールはyumi_in_the_rye「あっとまーく」excite.co.jpへ。 

コメントは現在は承認制です。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
タグ
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by yumi_in_the_rye at 21:52
yumiさん。 ご無沙..
by hamuneko7 at 20:06
わー、コメントありがとう..
by yumi_in_the_rye at 20:59
上原先生、こんにちは! ..
by takako ando at 13:06
そうなんですよ、「ぜひ大..
by yumi_in_the_rye at 20:28
ブログパーツ