still crazy after all these years



醍醐味、とか

おっかしいなぁ、ひさびさに1日10枚ペースで仕事してられる状態のはずなのに、何故か小さい仕事と小さい用事が立て込んでいてあわただしい。 「時間があったらやりたいこと、読みたい本、行きたいところ」 が全然こなせない。 「この案件が済んだら」 「この本が終わったら」 といつも思っているけれど、結局はスケジュールというより私のハンドリングが悪いのかも。 永遠の課題。


-----------------------------------------------------


e0078326_21181766.jpg

ところで、アマゾンさんでは今日から発売だった 『キャス・キッドソンの世界 Patch!』、中身はこんな感じ。








パッチワークは、新品の布が貴重で高価だった時代に、倹約のための工夫として進化したものです。 ですから、エコやリサイクルが支持される現代のトレンドにぴったりではないでしょうか。 はぎれを縫い合わせて大きなデザインを作るという単純な作業ですが、ひし型の小さなシルクを手縫いで慎重につなげたり、ヴィンテージのティータオルをたくさん使ってミシンで大きなテーブルクロスを作ったり、何でもありです。 レベルも、かかる時間もさまざま。 ゆったり何日もかけて縫っていくものもあれば、半日でできてしまうものもあって、本当にすてきだと思います。
e0078326_21193831.jpg
パッチワークの伝統的な世界を新しく広げながら、工夫をこらして布地を再利用するという本来のルーツに立ち戻る――それが、この本の目的です。 ぜひ、あなたのうちに眠っているはぎれを引っ張り出して、この本のページをめくってみてください。 きっと刺激になって、ひらめきがわいてくると思います。



in Print』 と 『Stitch!』 のときもそんな感じだったのだけれど、この本を 『敵を味方にする19のテクニック』 や 『礼節のルール』、それから次に出る別の本と少しずつ時期が重なる形で作業するのは、大変というより楽しくて面白くて、やりがいのある作業だった。 しかも全然カラーの違う 『新興国マーケット進出戦略』 とほぼ同時期に出る、というのも面白いと思うし。
・・・コレ得意です、と言える専門分野も経験も持たない私の数少ない売りというか、強みというか、魅力(←どれもこれも自分で言うことじゃないのはわかってますってば、あえて言ってみたいんだってば)があるとすれば、こんなふうにまるっきり違う本を訳してることじゃないかと思うんだけど、それは私自身にとっての喜びでもある。 というか、本当にありがたいことだと思っている。

引き続き精進したいと思います。 時間ができたら改めてこの本のパッチワークもやってみよう。 時間ができたら。 余裕ができたら。


--------------
2/19の作業記録
 案件A:10枚訳す。

2/20の作業記録
 案件A:17枚訳す。
 新規案件D:少量の急ぎチェック。
*10キロ走る。




--------------------------------------------------------
[PR]
by yumi_in_the_rye | 2012-02-21 21:35 | 訳した本 | Comments(0)
<< 2011-2012年冬の苺大福(5) P! >>


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> はせさん ほん..
by yumi_in_the_rye at 10:47
「キー!」ありますよね・..
by はせ at 16:39
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:19
T社Oさま: ご連絡を..
by yumi_in_the_rye at 19:18
なーるほど。普段自分が言..
by しゅうすけ at 18:55
ブログパーツ