still crazy after all these years



【イベント紹介】僕たちの"グッドライフ"を探して (記事しばらく先頭に固定します)

ひっそり評価いただいてる(ありがとうございます)訳書、『壊れた世界で“グッドライフ"を探して』 をテーマにしたトークイベントが開催されます。
僕たちの"グッドライフ"を探して 〜資本主義を突き抜けた世界最先端の生き方〜


More 
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-12 08:57 | 訳した本 | Comments(2)

クリスマスシーズンの始まり

e0078326_12472111.jpg




クロッカンシュー。
そして室内のポトスをクリスマス仕様に。









うちのベランダから見下ろす住宅街がこぞってクリスマスのライトアップをするので、この時期はいつもはなやかなイルミネーションが見物ができる。 下に広がるのはそこそこの高級住宅街。だからこっちは物理的な高さで見下ろしてるだけで、心理的にはむしろ逆なんだけど・・・毎年 「うむ、私のために飾りつけご苦労」 という設定で眺めることにしているので、これが非常に気分がよろしい。

今年もきらびやかで大変結構、と今日もねぎらっているところ。

--------------
12/8の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件E:14枚訳す。
---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-09 23:47 | 記録 | Comments(0)

古文書2本立て

毎日基本的には2つの案件を進めるのだけれど(たまに3件やるけど、内容や量にかかわらず3件はしんどい)、今週は2件が両方とも古文書か何か訳してる感じで、すごく苦しい。しかも、先に遺跡を荒らしたトレジャーハンターに途中の大事なページを破られてもってかれた古文書。脳内で理屈つけてから、その前後だけ言語化するのはやめてくれ・・・ミッシングリンクをちゃんと埋めてくれなきや訳すほう困るんだよ・・・。

来週は外出する用事が多いので、なんとかこの週末中にひとやま越えたい。

--------------
12/6の作業記録
 案件A:11枚訳す。
 案件C:原稿作成。

 案件E:5枚訳す。

12/7の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件E:7枚訳す。
---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-08 22:29 | 記録 | Comments(0)

シンプルではない、簡単ではない

壊れた世界で“グッドライフ"を探して』 の解説を書いてくださった鈴木菜央さんの主宰するgreenz.jpの記事。





この本に登場する家族が住んでいるのはアメリカのミズーリとデトロイトとモンタナなので、多くの日本人にとってはあまりなじみのない土地かもしれない。 千葉で手ごたえのあるオルタナティブライフを実践する鈴木菜央さんの解説が加わることで、ぐっと現実味と説得力が生じています。 力強い解説が入ってすごく嬉しかった。(↑サイトから読めます!)

菜央さんも登壇してくださる『グッドライフ』刊行記念トークライブ、来週あるよー。



--------------
12/5の作業記録
 案件A:11枚訳す。
 案件E:11枚訳す。

---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-06 14:06 | 訳した本 | Comments(0)

年末恒例

月曜日は、ノンフィクション出版翻訳忘年会へ。
その場に来ているのはもろもろご活躍のまぶしい方々ばかりなので、うらやましかったり気後れしたり、例年ほんの少し尻込みしながら参加している(←こう見えてマジでですよ)。今年もそうなんだけど、人数が多くてかなりの混雑だったので、いい具合に埋もれながら、初めてお会いする方や久しぶりにお会いする方にちょうどよいくらいの数で、あとでわからなくなったりしない範囲で挨拶することができた。

少しずつだけど、挨拶の声をかけてもらえることも多くなって、とても嬉しい。
(ここを見てくださってるKKさま:お目にかかれて嬉しかったです!)

景気のいい話もいくつか聞けたし。
最近の私はスピード仕事はしてないけど、何かのチャンスが「要スピード」で来たならば、ちゃんとそれをつかめるようでありたい、と決意を新たに帰ってきたのでした。今仕掛中の仕事がまた重くて折れ気味の気持ちをここから立て直していかないと。


--------------
12/2-3の作業記録
 案件A:8枚訳す。
 案件E:30枚くらい29枚チェック。

12/4の作業記録
 案件E:5枚チェック+資料読み。
---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-05 22:25 | 記録 | Comments(0)

紹介記事

世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている』の記事(序盤部分から抜粋・編集した本文紹介)を載せてもらってます。これが第1回で、このあと第5回まで連載予定。

本文が長いので、紹介にも惜しみないボリュームが使えてお得な感じ。
そういえばこの本もあとがき書いたので、よかったら本屋で手にとってあとがきからめくってみてください。

--------------
11/30の作業記録
 案件A:11枚訳す。
 案件E:29枚チェック。

12/1の作業記録
 案件A:13枚訳す。
 案件E:24枚チェック。
---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-12-02 23:39 | 訳した本 | Comments(0)

やばいよ

ちょっと通訳やってよ、って言われてさ。
テレビの仕事だから、ほんのちょっとだから来てよ、タレントの通訳だから、って。
私通訳やらないですよ、テレビ見ないしタレントさん知らないからできないですよ、ってさんざん断ったのに、強引に収録現場に連れていかれて。

そしたら、通訳するべきタレントっていうのが、海外進出して外タレになった出川哲朗。
一応英語を喋ってるんだけど、単語を勢いで並べるばっかりで文章にならない。
えー、これ通訳するの?私が?ってパニックになった。

・・・・・・。

もちろん夢の話なんですけど。

私の夢の中の出川さん、一生懸命に too bad too bad!! って叫んでた。
ここだけなんか妙にリアル・・・。

--------------
11/29の作業記録
 案件A:16枚訳す。
 案件E:21枚チェック。
---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-11-30 22:30 | 記録 | Comments(0)

ちゃぶ台返しするためのゲーム理論

e0078326_12274939.jpgゲーム理論という言葉を初めて聞くと、いわゆるコンソールゲーム(PSとかXboxとか)の話かと思うかもしれません。

でもそうではなくて、これは本来「盤ゲーム」(チェスとか)に由来しており、「片方が何らかの手を打ったら、相手がそれを見て考えて、有利になるように自分の手を打つ」という状況の学問(もともとは数学の)です。


中でも一番有名なのがゲームの形が「囚人のジレンマ」。囚人が2人、別々に自白を求められている状況で、どうするべきか。自分が自白するか、相手が自白するか、その組み合わせによって懲役が変わってくる。だから自分の選択だけじゃなく、相手がとりうる選択も考えて、相手がこうしたら自分がこうなって・・・と考えなければならない。

囚人の場合はそれぞれ疑心暗鬼になるわけだけど、本書では、こうしたジレンマに陥った状況をゲームとして正しく認識し、そして何かひとつの条件でちゃぶ台返しを仕掛けて一気にゲームチェンジを図り、膠着状態を解決する方法をさまざまなケーススタディと共に解説しています。

イーベイで出品詐欺や返金詐欺に遭わないためには、どうすればいいか。
乱獲で減り過ぎたタラを回復するにはどうしたらいいか。
注射の利かない病気がはやったらどう対抗すればいいか。

ゲーム理論はもともとは数学だけれど、それを実に多様な分野に応用している本書は、頭の体操としても、自分や社会の現実問題を理解するヒントとしても、きっと役に立つと思います。

そういうわけで、『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている ビジネスパーソンのための戦略思考の教科書』、どうぞよろしくお願いします。


--------------
11/22の作業記録
 案件A:5枚訳す。
 案件E:18枚訳す。

11/23-27の作業記録
 案件C:8件添削+原稿作成。
 案件G:原稿チェック。

11/28の作業記録
 案件A:14枚訳す。
 案件E:22枚訳す。

---------------------------
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-11-29 11:25 | 訳した本 | Comments(0)

ナッシュに捧ぐ、ゲーム理論の本

e0078326_12274939.jpg

なんかもろもろ取り散らかしておりまして、慌ただしくしてるんですが(いつもそうだけど)、とりあえずこれは書いておかなくちゃ。
新しい訳書、出ました。『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている ビジネスパーソンのための戦略思考の教科書』です。

今年の5冊目、通算で記念すべき40冊目。それなりに厚いのだけれど、すっきりした装丁のおかげでそれを感じずに読み進められる本になってます。お見かけになったらどうぞ手に取ってくださいまし。
[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-11-27 12:45 | 訳した本 | Comments(0)

エクストリームな書評が出てた(笑


仕事ができない人は即座に解雇。ネットフリックスでこのアプローチが成功している理由は、他に2つの条件がそろっているからです。

  1. 在籍している人には、働き方に最大限の自由を与えて、彼らの働きやすさを全力でバックアップすること(休暇の取得日数も自分で決めてOK、育休は1年とって元のポジションに戻れるなど)。つまり、「解雇するぞ」の脅しで人材をつなぎとめるわけではない。

  2. 解雇する人材は、無能とは限らない。あくまでネットフリックスのそのときの要件にマッチしないだけ(そもそもネットフリックスに一度でも入社できた時点で優秀な人材)。なので、送り出すときには最大限に手厚く、金銭的にフォローをして、その人材が次のステップではばたけるように配慮する。

エクストリームな企業は、ただ単に非常識に振り切れてるわけじゃなくて、自分たちにとって適切と思う職場構築のために様々な工夫をしている――という話。この本がそういうエピソードがたくさんあって面白いので、ぜひー。



・・・へー、ネットフリックスってすごい会社なんだね、おじいちゃん

[PR]
# by yumi_in_the_rye | 2017-11-24 23:51 | 訳した本 | Comments(0)


最近の清水ジャンプ

by yumi_in_the_rye
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
MYSELF:
Yumi
---Translator (E > J)

翻訳者です。
下記に掲載している
本の翻訳に関わりました。

コメントは、現在は「承認制」にしています。

初めてコメントを書いてくださるときは、「はじめまして」的な一言を添えて下さると、大変に安心いたします。「通りすがり」や「名無し」、それらに準ずるハンドルネームは避けていただけると嬉しいです(嫌いなので)。



※過去の記録はいいかげんこっぱずかしくなってきたので非公開にしています。
ライフログ
最新のコメント
> しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 15:52
行くかも。よかったら声か..
by しゅうすけ at 15:07
> はせさん ほん..
by yumi_in_the_rye at 10:47
「キー!」ありますよね・..
by はせ at 16:39
>しゅうすけさん ..
by yumi_in_the_rye at 19:19
ブログパーツ